スポンサーリンク

配当金 年50万円を達成して思う3つのこと

配当金生活とはサラリーマンの憧れ。配当金生活を成し遂げるためには、配当金の積上げと支出削減・節約が必要となる。

2016年に私は年間50万円の配当金受取を達成した。配当金生活への道半ばである。半ばどころかようやく一里塚に達した程度というのが適切か。

そんな私が配当金 年50万円を達成して思う3つのことを記録しておくよ。

結論から申しあげると、配当金を積み上げることは時間がかかるし、収入を上げるのは意外と難しくなってきているので収入源を増やすのが良いよね、という話になる。

スポンサーリンク

配当金の積み上げは、思っている以上に時間がかかる

私の投資歴を簡単に振り返ると

  • 2006年~:なんとなく日本株投資をとりあえずやってみたがすぐ飽きた
  • 2008年~:家賃収入が欲しくてワンルームマンション投資をやってみた
  • 2014年~:やっぱり株かな、と思い株式投資に本格参入
  • 2014年末:やっぱり株式投資だよねと思い、ワンルーム投資から撤退
  • 2015年~:アメリカ株連続増配銘柄への投資

2014年~2017年夏までの私のリターンはS&P500より低い。それでも数百万円はプラスなのだからいいんだよ、といつも自分を励ましている。

トータルリターンを狙うのが投資の目的の第一優先なのは否定できない。しかし私は配当金額を重視している。

アメリカ株からの配当金は安定した収入だと考えているからだ。

下図はアメリカの景気サイクルと先進国の株式リターンを示したもの。紫色のインカムゲインをみると、配当金収入がいかなる景気局面でも安定しているとわかる。

配当金収入は安定推移している

米国株投資を開始してからの年間配当金額を振り返ると以下の通り。

  • 2015年配当金:約47万円
  • 2016年配当金:約53万円

2016年で年間50万円の配当金を達成したわけだ。

こう見えてもね、結構頑張ってインカムゲイン投資をしているわけですよ。

配当金額が年47万円 → 年53万円ってどう思います?

実際に配当金投資をしている私は思う。

配当金の積み上げは時間かかりすぎ

一生懸命に投資元本を追加しても、年間で6万円しか配当金は増えていなかった。

配当金投資は忍耐力ある人しかできないから気をつけて。

とはいえ私は配当金が大好きだから、飽きっぽい性格で忍耐力が無くても続けるよ。

配当教をつくって教祖になったほうが儲かるかもね。

参考長期投資における配当金の重要性~年金運用からの学び~

収入を上げるとは、給料アップの事だけではない

頑張って配当金投資をしても、2015年~16年では年6万円しか増えなかった。

だったら年収をあげればいいでしょ。

収入を6万円上げるほうが、配当金を年6万円上げるより簡単だ。

でも忘れてはいけない。

収入とは給与収入だけではないのさ。

もちろん収入を上げたいなら給料アップを狙うのは一つの手段た。でも収入源を増やすことも収入アップといえる。

だから収入源をどんどん増やしたい

ちなみにいまの収入源を列記すると

  • 給与収入
  • ブログ収入
  • 配当収入

イメージはこんな感じ。

収入源の複線化

あくまでイメージね。

本業からの給与収入が圧倒的に大きいのだから。

いまのところ本業もブログも配当金投資も楽しく続けられている。この勢いで他収入の獲得を目指すのか、今の路線を継承するのかは悩みどころ。

参考年収上げる方法は熱意をもつこと、熱意ある社員は日本に6%のみだ

 やっぱり安定した配当金が好き

ここまでの記載をみると配当金投資への文句にも聞こえる。

  • 配当金投資は遅々としている
  • 収入を増やす方が早い

なんていっているわけだから。

それでも受け取ったは配当金は再投資するし、収入が上がった分も投資元本として使っている。

全ては配当金を積み上げるため

もうこれしかない。

配当金投資をしている あなたへ

あなたの受取配当金は年いくらですか?

多い人、少ない人さまざまでしょう。配当金を目的に投資をしているということは、収入源の伏線化や不労所得に興味があると推察します。

それなら配当収入を増やすことと共にそれ以外の収入源を太くすることも考えているはずですね。

ぶっちゃけた話、配当金の積み上げスピードよりブログ収入の方が伸びが早そうな気がしているわけですよ。

それでも私は安定しているアメリカ株の配当金が好き。

まずは年50万円の配当金を達成したわけなので、これからも増やしていくよ。

もし配当金投資をしている人がいれば今回の記事が参考になれば嬉しいです。

ともに配当金を積み上げていこう

See you!

配当金関連記事の紹介です。

配当金生活は憧れではなく達成可能な目標であると気づいたきっかけ。

株式投資をしている人ならば一度は憧れる、配当金生活。 どのように配当金生活にたどり着くのか?そもそも配当金生活って何なのか? 配当金生活を知ったきっかけ 私がこの「配当金生活」という単語を知ったのは、2013-14年頃。 たっち...

配当金生活を目指すには、支出額も把握しておかないとね。家計簿と配当金の関連性。

2015年の額面配当金は、571,314円であった。 そして2016年の目標は、66万円(税引前)としていた。 はたしてその結果はいかに? 2016年の年間配当 額面 :649,190円 税引き後:527,99...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. 年間50万でもすごいですよ。
    僕もいずれは200万程度配当金で得られるようにしたいのですけど、いったいいつのことになるやら、、、
    まずは地道に1557や1582を買ってます。

    • はちどうきゅうどう より:

      招き猫の右手さん
      コメントありがとうございます。
      配当金は地道に増やしていくしかないですよね。時間がかかりますし。それでもお子様のためにもぜひ。

      私もせっせと積み上げていきます。招き猫の右手さんのように早くリタイアすることを夢見て。