株価暴落はいつ起きる? アメリカ市場の暴落周期9回のまとめ

米国株価の大暴落の歴史を学ぶことは、投資活動に有用です。

本記事では、アメリカ株式市場がいつ暴落し、その周期はどうだったのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

いつ株価の大暴落が起きるか予測は出来ない、しかし暴落には周期がある

米国株式市場のNYダウ平均株価指数の歴史をみると、株価暴落は定期的に発生しています。

およそ10年周期に20%以上の株価暴落が発生していることになります。

これはアメリカ株における過去データです。

 

ところが「いつ株価暴落が起きるのか?」という問いには誰も答えることができません。

 

経済や株価には周期がありますが、未来を予測することは困難なのです。

もちろん暴落や株価調整が予測し、一儲けができると考えるのが人間の性。

しかしながら100年に一度の金融危機・リーマンショックですら多くの投資家は予想できませんでした。

 

一方で米国株市場には、株価が右肩上がりだったというのメリットがあります。

周期的におとずれる大暴落に負けず、株価は最高値を更新し続けてきました。

米国株の強さは、NYダウS&P500、NASDAQなどのインデックス株価チャートをみれば一目でわかります。

 

したがって

  • 株価暴落の予測はあきらめる
  • しかし大暴落の歴史とデータは紐解いておく
  • 予想困難でも株価下落への備えは怠らず、長期投資に徹する

ことがよいと考えます。

 

株価暴落局面でも株式市場に居座りつづけることにより、株価回復後のリターンを得られることに繋がります。

 

つづいては、では株価暴落がいつ起きたのか、その歴史から周期と回復までの期間について考察します。

尚、暴落とはピーク時から20%以上の株価下落と定義しています。

米国株投資:ベアマーケットの定義と期間とは?
米国株式市場におけるベアマーケットについておさらいしておきます。 ベアマーケットとは 定義 :直近高値から20%以上の株価下落 期間 :平均1.4年間 損失率:平均-41% 米国株のベアマーケットの...
スポンサーリンク

アメリカ株式市場の大暴落の歴史;ダウ平均の株価暴落はいつあった?

アメリカ市場の暴落の歴史、出典:わたしのインデックス

 

ダウの株価暴落の歴史

 ピーク年下落率回復の年回復までの年数
米国株式1929年-83%1945年15年
1946年-22%1949年3年
1961年-22%1963年1年
1968年-29%1971年2年
1972年-43%1976年4年
1987年-30%1989年2年
2000年-45%2006年6年
2007年-51%途中途中

 

1926年以来、米国株式市場では7回の株価暴落(ピーク時から20%以上の下落)が発生しました。

いずれの暴落局面においても、時間をかけて株価が回復しています。

長期運用では、米国株投資が最適解とされるひとつの理由となるデータです。

 

これらをさらに掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

米国株:S&P500株価暴落の9回はいつだったか?予兆は?歴史を一覧にまとめた

世界最大にして最良の株価指数(インデックス)、S&P500の過去データをみると全部で9回の暴落を経験していることがわかります。

ここではドル円の為替影響は無視しています。

株価暴落の歴史①世界大恐慌、ウォール街大暴落:1929年

Image: Stock market crash of 1929

世界大恐慌:1929年

 

  • S&P 500 高値 : 31.86
  • S&P 500 安値 : 4.4
  • 下落率    : 86.1 %
  • 回復までの期間: 34カ月

世界大恐慌がアメリカ市場で最大にして最長期間のリセッションです。

景気回復までには約3年の期間を要しました。

さらに株価が次のピークに戻るのは1954年となった恐ろしい暴落でした。

株価暴落の歴史②第二次大戦後の在庫不況 1946年

  • S&P500高値: 19.25
  • S&P500安値: 13.55
  • 株価下落率  : 29.6%
  • 回復までの期間: 37ヶ月

第二次大戦が終了し、株価はピークをつけました。

ところが戦後の需要拡大、そしてアメリカ国民の消費から貯蓄に向かう流れにより在庫不況となったのです。

株価暴落の歴史③キューバ危機によるベアマーケット:1961年

  • S&P500高値: 72.64
  • S&P500安値: 52.32
  • 株価下落率 : 28.0%
  • 回復までの期間: 6ヶ月

アメリカは戦後、覇権国への道をまっすぐに進みました。

経済は拡大していました。

ところが1961年4月のビッグス湾事件(第一次キューバ危機)・1962年の第二次キューバ危機により、一時的なベアマーケットさらには冷たい戦争(冷戦)を経験したのでした。

株価暴落の歴史➃株式の死への序章 1968年

  • S&P500高値: 108.37
  • S&P500安値: 69.29
  • 株価下落率  : 36.1%
  • 回復までの期間: 18ヶ月

米国の経済拡大が続きました。

その後、約6%を超えるインフレ率を伴うベアマーケットが襲ってきました。

ベトナム戦争と時期が重なります。

株価暴落の歴史⑤オイルショック:1973年

  • S&P500高値: 119.87
  • S&P500低値: 62.28
  • 株価下落率  : 48.0%
  • 回復までの期間: 21か月

アラブ石油の禁輸措置によりエネルギー価格が高騰、長期的な景気後退を招きました。

1970年代はニクソンショック・オイルショックと大きなイベントが目白押しだったのです。

そして株式の死と呼ばれる長期間にわたる株価停滞がおとずれました。

株価暴落の歴史⑥連邦準備制度理事会(FRB)が金利を20%引き上げ 1980年

画像:Ronald Reagan

1980年の大統領選でレーガン勝利

  • 最高値 : 140.52
  • 最安値 : 101.44
  • 下落率 : 27.8%
  • 回復期間: 21か月

株価暴落の歴史⑦ブラックマンデーによる大暴落 1987年

  • S&P500高値: 337.89
  • 安値    : 221.24
  • 株価下落率 : 33.5%
  • 回復迄の期間: 3ヶ月

1987年10月19日(月曜日)にブラックマンデーは起こりました。

暗黒の月曜日ともいわれる世界同時株安です。

 

ところが日本はバブル経済真っ盛り。

ブラックマンデー翌日の日経平均株価は下がるどころか9%も上昇したのでした。

株価暴落の歴史⑧ドットコム/インターネットバブルの崩壊 2000年

  • S&P 500高値: 1527.46
  • 安値     : 776.76
  • 株価下落率  : 49.1%
  • 回復迄の期間 : 30ヶ月

名前にドットコムがついていれば株価がどんどん上がったといわれる時代。

バブルと暴落は周期的に訪れました。

多くの銘柄が売りにだされたのです。

 

インターネット企業などの新興企業が上場するNASDAQ総合株価指数は、2000年につけた最高値を15年間も追い越せずにいました。

それほどまでに大きなバブル崩壊、大暴落であったのです。

株価暴落の歴史⑨リーマンショック 2007年

  • S&P500高値: 1565.15、2007年10月9日
  • S&P500安値: 682.55、2009年3月5日
  • 株価下落率 : 56.4%
  • 回復迄の期間: 17ヶ月

サブプライム住宅ローン危機、リーマンブラザーズの破たんが続き、100年に一度の金融危機が発生しました。

アメリカ市場は1997年当時の株価にまで戻ってしまったのです。

日経平均株価は6000円代にまで落ち、1982年以来26年ぶりの安値まで下がりました。

 

ところが時間を巻き戻してみると、暴落当時が最大の買い場であったとわかります。

残念ながらこの大暴落時に多くの投資家は株を売ったのでした。

売り抜けられた人は良かったですが、破産した人も多いと推察します。

株価暴落時の個人投資家の対応は? リーマンショックを忘れない
株価暴落の怖さとは? 個人投資家は知っておきたい 株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うことだと想定している。 しかし私が米国株投資を開始したのは2015年からである。 百年に一度の経済危...

 

スポンサーリンク

アメリカ株価暴落の時期はいつ? 約10年に一度の周期で暴落するが、数年の期間で株価回復する

アメリカ株式市場の歴史をみると、ピークから20%以上の株価暴落は9回ありました。

ところがS&P500、ダウ30、NASDAQのいずれの株価も、最高値更新を続けています。

暴落に打ち克ってきたのです。

 

前回の暴落はリーマンショックであり、10年前。

歴史的な周期をみると、そろそろ暴落や株価調整が起きてもおかしくはない時期ではあります。

 

もし暴落が発生したらどうなるでしょうか。

多くの投資家は含み損を多く抱え、投資継続する心が折られることでしょう。

たとえ暴落がきたとしても、株式投資を続けられるように準備をしておくのがよさそうです。

 

そのためには株価暴落の予測は困難と認識しつつ、キャッシュ比率に気を配っておきたいですね。

 

以上、「株価暴落はいつ起きる? アメリカ市場の暴落周期9回のまとめ」でした。

 

尚、世界金融危機の際のリアルな状況を知るには、以下の本がおすすめです。

 

関連記事の紹介

米国株の連続増配銘柄とはいえ、経済危機の際には配当金を増やす余力がなくなります

【米国株】連続増配銘柄が株価大暴落のときに増配をやめる割合
米国株の連続増配銘柄が、配当金を増やせなくなるリスク 米国株ではリーマンショック時に、 25年以上連続増配銘柄の約3割 が配当金の増額を中止しました。 配当王や配当貴族、そして25年以上の連続増配銘柄だとしても、...

 

株価暴落とは、お金だけではなく投資家の心も滅茶苦茶にしていきます

株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うこと
株価暴落とは、これまで築いてきた投資家家の自信とリターンを粉々に打ち砕きます。 ですから株価暴落は個人投資家にとっては耐えがたいもの。 毎日、資産が目に見えて減っていきます。 投資家が恐れるのも無理はありません。 ...

 

リーマンショック時の個人投資家の気持ちや対応方法を知ることは、暴落への備えの一助となるでしょう

株価暴落時の個人投資家の対応は? リーマンショックを忘れない
株価暴落の怖さとは? 個人投資家は知っておきたい 株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うことだと想定している。 しかし私が米国株投資を開始したのは2015年からである。 百年に一度の経済危...

コメント

  1. […] 株価暴落はいつ起きる? アメリカ市場の暴落周期9回のまとめ […]

タイトルとURLをコピーしました