スポンサーリンク

セルインメイとは本当か? 株価チャートで検証してみた

セルインメイ(株は5月に売れ)とは毎年必ず言われる相場格言です。

しかしセル・イン・メイとは本当なのでしょうか?

英語をそのまま日本に輸入しているので、本場のアメリカ市場データを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

セルインメイとは?

セルインメイ(sell in May)とは、夏場に株価下落するので5月に売って9月に買い直しなさい、と理解出来きます。

投資格言でいう「株は五月に売れ」ということです。

英語で表現されていることからわかるように、米国株のアノマリ―です。

「セルインメイ」をネットで少し調べればすぐに意味が出てきます。

アメリカ合衆国の株式相場の格言の1つで、5月に保有しているポジションを売り払いなさいという意味。

セルインメイには続きの文があり、正式には「Sell in May and go away;don’t come back until St Leger day.」という。和訳すると「5月に売って立ち去りなさい、そしてセント・レジャー・デーまで戻ってきてはいけません。」になる。

株式相場の過去の値動きをみると、5月から8月にかけて値下がりし、セント・レジャー・デーの9月頃から値上りすることが多い。

日本においても8月は盆休みがあり相場が閑散して値下りすることが多い。

アノマリーの一種であることはわかるが、日本語のページを検索しても客観的事実が出てきません。

このような時にはアメリカ市場の歴史を紐解くことがセルインメイの謎の解決につながります。

まずは米国株投資のバイブル、シーゲル本 株式投資 第4版を復習してみます。

ついでにこの機会を利用しアノマリーの意味をおさらいしておきますよ。

セルインメイは、アメリカ株の相場格言

アノマリーは、ある法則や理論から見て異常(例外)、または説明できない事象のことをいいます。
これは、マーケット(相場)においては、はっきりとした理論的な根拠を持つわけではないが、よく当たるかもしれないとされる経験則のことをいいます。
iFinanceより

セル・イン・メイがアノマリーだとすれば、理論的根拠はありません。

しかしセルインメイという相場格言はよく当たるのです。

夏場の株式相場がイマイチかどうか、アメリカ市場の月次リターンを用いて調べていきましょう。

セル・イン・メイは、ダウ平均の月次リターンでも検証できる

ダウ平均の月別利回り

Stock for the Long Run 5th Editionより

この図は年代を3つに区切った上で、ダウ平均の月次利回りを表しています。

  • 1885年~2012年
  • 1946年~2012年
  • 1995年~2012年

赤い枠で囲ってる部分が、5月~9月のリターンです。

確かに夏場の相場は下落傾向であることが読み取れますね。

アメリカ株ではセルインメイは本当であったといえます。

セルインメイを、ダウ平均株価のリターンで再検証

ダウ平均のリターンを2つに区分していきましょう。

セルインメイに対応し、5月~10月と11月~4月となります。

1950年以降におけるダウ平均株価のリターンは以下の通り。

  • 5月~10月:0.3%
  • 11月~4月:7.5%

INVESTOPEDIAより

NYダウにおいてはセルインメイの相場格言は真実であるようにみえます。

続いてもう一つの米国を代表するインデックス、S&P500を見ていきましょう。

セルインメイは、S&P500の月次利回りでも確認できる

S&P500の月別利回り

Stock for the Long Run 5th Editionより

この図もダウ平均同様、年代を3つに区切った上でS&P500の月次利回りを示しています。

ダウ平均データと異なる点は、最古年および配当を含んでいることです。

  • 1926年~2012年
  • 1946年~2012年
  • 1995年~2012年

赤い枠で囲ってる部分が、S&P500の5月~9月リターンです。

私が気になる点は2つ。

  • 9月は最悪のリターンである
  • 8月は1995年以降で最悪のリターンである

どちらの月もマイナスとなることが明らかとなっています。

この結果をみれば、米国株投資家は夏場はむやみやたらに株式買付するべきではない。

セルインメイは本当だった

アメリカの有名な2つのインデックスを用いた検証の結果、「株は5月に売れ」は確かであることが分かりましした。

これらの数値を背景に、セルインメイの投資格言が広まったのだと推測できます。

ただし米国株のあくまでもアノマリーであるために理論的根拠は乏しいのです。

なぜ5-9月ではリターンが低下するのか、理由がわかりません。

セルインメイという言葉だけが先行しているわけです。

しかしながらアメリカ市場の過去データをみれば、夏場に値下がりすることは紛れもない事実です。

この結果だけ分かれば十分。

夏~秋にかけて下げ相場になりやすいと、個人投資家は認知していればよいのです。

ブルーチップを安値で買えるチャンス到来と、米株の長期投資家は心づもりが出来るわけです。

「Sell in May」の格言を胸に刻め

最後にセル・イン・メイへの対応方法を残しておきましょう。

セルインメイへの対応銘柄は、ヘルスケアと消費財セクター」にあり

投資家に向けて大切な情報をINVESTOPEDIAは、発信してくれています。

  • 季節の影響を受けにくいセクターを選ぶと良い
  • 例えばヘルスケアセクターは、5-10月のリターンが高い傾向がある
  • また消費財セクターも同様である

5-10月シーズンでは、ヘルスケアと消費財セクターが一般的に推奨されているのです。

確かに季節性商品を扱っていないセクターや銘柄ならば、セルインメイへの対抗策として使えます。

米国株における両セクターの代表企業をピックアップしてみましょう。

ヘルスケアセクター Health Care

JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン

PFE】ファイザー

【MRK】メルク

【GILD】ギリアド・サイエンシズ

【AMGN】アムジェン

BMY】ブリストル・マイヤーズ スクイブ

【UNH】ユナイテッドヘルス・グループ

【MDT】メドトロニック

ABBV】アッヴィ

一般消費財セクター Consumer Discretionary

AMZN】アマゾン

【HD】ホーム・デポ

【DIS】ウォルト・ディズニー

【CMCSA】コミュキャスト

【MCD】マクドナルド

【SBUX】スターバックス

NKE】ナイキ

揃いも揃って、超優良企業ばかりである。

セルインメイとは関係なく、いつでも買い注文をしたくなってしまう。

参考米国株11セクターの代表銘柄リスト

まとめ:セルインメイとは米国市場における事実である

セルインメイとは、アメリカ市場の過去リターンを調べてみると確かに真実だとわかりました。

ところがその理由は不明瞭です。

いわゆるアメリカ株のアノマリ―だといえます。

一方でセルインメイに対応できるセクターと銘柄が検証できました。

特に良好なリターンを示しているセクターは、ヘルスケアと消費財。

Sell in May後の5-10月にアメリカ株を購入する際は、2セクターから選択するのが良いでしょう。

  • ヘルスケアセクター
  • 消費財セクター

いずれにせよ、このようにしっかりとしたデータを示してくれる米国株はやっぱりイイですね。

以上、「セルインメイとは本当か? 個人投資家が知っておくべき真実」でした。

See you!

参考アメリカ株を注目する6つの理由

参考アメリカ株の買い方~マネックス証券編~

■セルインメイに強いヘルスケアセクターのブルーチップの銘柄分析記事

米国株のヘルスケアセクターにはいつも注目している

米国株において、ヘルスケアセクターは過去リターンが優れていた。 その中でもおススメ8銘柄に注目している。 ヘルスケアセクター所属

PFEファイザーは世界一の製薬会社

ファイザー【PFE】の株価がさえない。PFEといえばヘルスケアセクターのトップメーカーですね。 同時にファイザー株はダウ構成銘柄であり

BMY ブリストル・マイヤーズスクイブは抗がん剤に強みをもつ医薬品企業

ブリストル・マイヤーズスクイブ BMYとは日本ではあまり知られていないが米国製薬大手かつシーゲル銘柄である優良企業なのだ。私も株主であるので

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. […] はちどうきゅうどうさんのブログでセルインメイとは本当か? 個人投資家が知っておくべき真実という記事を読んだ。 […]