サラリーマンが株式投資をしている割合、米国株投資の割合は?

スポンサーリンク

日本の家計は預貯金に偏っていると言われています。

つまり株式投資などの資産運用の割合が低いということです。

これは欧米と比較した相対的な数値。

では日本人で株式投資をしている人はどの位いるのでしょうか?

さらにサラリーマン・会社員で投資をしている人の割合は?

きっとあなたの周りには株式投資について語り合える仲間は少ないと推察します。

そんなわけで本記事でサラリーマンが株式投資をしている割合を一緒に見ていきましょう。

追加して、外国株・米国株投資をしている人の割合も一緒に調べていきましょうか。

データソースがバラバラなので、目安ってことでお願いしますね。

サラリーマンが株式投資をしている割合

上表は新生銀行が実施した2016年 サラリーマンのお小遣い調査結果を参考に、各副収入を得ている人の割合を試算したものです。

サラリーマンで株式投資をして副収入を得ているひとの割合を計算しています。

株式投資をしている人は全てが副収入を得ていると仮定。

配当金などもありますからね。

この場合、

  • 株式投資で副収入を得ている人=株式投資をしている人

と言い換えることができます。

サラリーマンで株式投資をしているひとの割合

  • 全体:3.4%
  • 20代:3.1%
  • 30代:3.8%
  • 40代:3.8%
  • 50代:3.0%

  • 2018年2月11日追記
  • スパークス・サーベイによれば、「日本株に投資している」18%
“@8do9do @patoriot82 ちょっとググったらスパークスの調査がありました。この手の独自調査はあんまり参考にならないと思います。”

https://www.sparx.co.jp/news/uploads/pdf/PressJ170413.pdf

スポンサーリンク

サラリーマン投資家で、米国株投資をしている人の割合

上図は日本証券業協会が実施した「個人投資家の証券投資に関する
意識調査報告書 」からの引用です。

全国の個人投資家(20 歳以上) 5,073 人を対象にインターネットで投資実体を調査しています。

つまり投資経験者の回答結果ということです。

日本で個人投資家といえば、国内上場国内株投資家が大多数。

それ以外の株式に投資している人の割合は極めて稀。

日本人たるもの日本株投資でしょ!という声が聞こえてきそうです。

日本の個人投資家の保有株式種類

  • 国内上場国内株:96.6%
  • 国内上場外国株:4.6%
  • 持ち株制度従業員:4.2%
  • 非国内上場外国株:4.1%
  • 非国内上場国内株:3.1%

サラリーマンが米国株投資をしている人の割合

サラリーマンが米国株投資をしている割合

サラリーマンが米国株投資をしている割合

単純に計算すると、サラリーマンで外国株・米国株投資をしている人の割合は、0.14%となります。

500人の従業員がいたら、そのうち一人が外国株投資をしているかどうか、という割合です。

もちろん概算です。

ただし外国・米国株投資をしているサラリーマンは極めてまれだと推測できます。

サラリーマン投資家の割合

  • サラリーマンで投資をしている人:3.4%
  • 個人投資家で、外国株投資をしている人:4.1%
  • サラリーマンで米国株投資をしている人:0.14%

サラリーマンが株式投資をしている割合を知って、どうしますか?

資本主義社会で生きていく以上、資本家や投資家が有利であることは明白。

>>>給料の手取りが増えない理由、サラリーマンは早めの対策を

ところが資本家・投資家になろうという人は想像以上に少ないのです。

そんなことを言いつつ、私もこの事実に気付いたのは30代に入ってから。

この希少性は生かしていきたいですね。

とくに、安定した給料から投資元本を捻出していく入金投資はサラリーマンのメリットです。

そんなわけで私はサラリーマンをしている限り、入金投資を続けていきます。

サラリーマンが株式投資をしている割合を知り、あなたはどう行動しますか?

いろんな意見を聞きながら、自分なりの答えを出していきましょう。

  • サラリーマン投資家
  • 非サラリーマン投資家
  • 投資していない人

もしアメリカ株投資に興味をもったら、口座を開いておくのがいいですね。

公式サイトはこちら→マネックス証券

参考>>>米国株投資、おすすめ証券会社を比較

入金投資法とは投資元本を一定間隔で追加していく方法。 株式投資などで投資元本が少ないうちには有効です。 とくにサラリーマ