世界の株式投資リターン:株式利回り国別ランキング

株式投資における国別リターンを比較してみます。

1900年~2012年のアメリカ市場は第3位にランクインしています。

世界ランキングで第3位の米国株式は資産運用で外せないですね。

 

しかし投資をする上では、地域分散が重要であると言われます。

ならばどの国に投資をしたらよいのでしょうか?

 

どの国の株式市場に投資をしようか悩んだら、過去のリターンを見て比較すると良いですね。

過去で優れた利回りをたたき出している市場が、投資でおすすめの国といえます。

 

そこで今回は株式投資の国別運用リターンランキングをまとめてみました。

それでは一緒にみていきましょう。

 

スポンサーリンク

株式投資の国別リターンランキング

ジェレミー・シーゲル著株式投資 第4版の中にある1900年~2006年12月の国別株式実質リターンの記載が参考とります。

 

株式投資の国別リターンランキング

  • 1位:スウェーデン
  • 2位:オーストラリア
  • 3位:南アフリカ
  • 4位:アメリカ
  • 5位:カナダ

 

100年以上にわたる長期成績の結果です。

かなり信頼できるデータですね。

 

しかしこの株式リターンランキングは2006年末締め。

つまりリーマンショックの影響が加味されていないのです。

 

「100年に一度の危機」を含んだ国別株式リターンを比較したくないですか?

 

そんな時は、

 

「教えて、シーゲル先生!」

 

 

さすがシーゲル先生。

こんな質問は既にご承知の様子。

 

株式投資 第4版の続編を発刊しており、その著作中で2012年末までの株式利回りを比較しランキングを作成していらっしゃる。

 

スポンサーリンク

株式投資・運用利回り 国別ランキング:1900-2012年

国別の株式利回りランキング、出典:Stocks for the Long Run 5/E

 

世界中から合計19か国の株式実質リターンが集計されています。

平均を上回った国は6か国。

 

株式投資で世界平均以上のリターンを示した国

  • 第一位:南アフリカ
  • 第二位:オーストラリア
  • 第三位:アメリカ
  • 第四位:スウェーデン
  • 第五位:ニュージーランド
  • 第六位:カナダ

 

残念ながら日本は平均値以下の長期リターンでした。

 

株式投資をするなら平均を上回っている国を対象にすれば、負ける確率は低くなりますね。

やはり米国市場への投資は外せません。

 

またこの図からは正確な数値が読み取れないですが、Stocks for the Long Run 5/E中にはいくつかの国の実質リターン%が記載されています。

  • 南アフリカ  :7.2%
  • オーストラリア:7.2%
  • アメリカ   :6.2%
  • 平均     :5.4%
  • イタリア   :1.7%

 

株式の平均年率リターンは5.4%

覚えておいて損はない数値です。

 

さらに2006年締めの株式投資 第4版と2012年締めのStocks for the Long Run 5/Eには、上位国と最下位の実質リターン値が記されています。

せっかくなので、その両者を比較していきましょう。

 

参考 シーゲル銘柄は、運用成績ランキングトップ20

 

スポンサーリンク

株式リターンの比較 2006年 vs 2012年

1900年からの株式投資リターンの比較の結果はこちら。

 

データロック2006年*2012年**
最上位国約8%7.2%
最下位国2.7%1.7%

*:2006年最上位:スウェーデン、最下位:ベルギー

**:2012年最上位:南アフリカ/オーストラリア、最下位:イタリア

 

あえてこの株式リターン比較を行ったのには理由があります。

 

それは2006年→2012年で実質リターン(%)が随分と下がってきているから。

 

最上位国も最下位でも株式の実質リターンが年率で1%も低下しているのです。

2006年~2012年にかけての株式利回りが非常に低かった事を暗示しています。

 

今後株式の利回りがどうなるのかはわからない。

この傾向を引き継いで、年々リターンが下がっていくかもしれません。

しかしながら過去200年のアメリカデータが示すように、株式>債券>貯金という事に変わりはないのです。

 

株式投資で覚えておきたいこと

  • 長期保有すると株式は一番有利な金融商品
  • 平均リターンは5.4%/年
  • 米国市場は世界平均以上なので投資対象にしたい

 

貯金か株式投資か、どっちがお金持ちへの近道?
貯金と株式投資を比べた場合、どちらが資産形成・お金持ちに近道なのか気になりませんか? 資産形成にはお金を貯められるのが大前提ですが運用も必要です。 本記事では、お金を増やすのには株式投資か貯金かどっちが適切なのか比較をし...

 

スポンサーリンク

まとめ:株式投資の国別リターンランキング

株式投資の実質リターンは国毎に異なります。

19か国の1900~2012年の株式利回り平均値は5.4%。

 

平均を上回った国は、

  • 南アフリカ
  • オーストラリア
  • アメリカ
  • スウェーデン
  • ニュージーランド
  • カナダ

これらの国への投資がおすすめといえます。

 

また2006年以降の株式投資リターンは低下傾向でした。

それでも株式>債券>貯金は変わらないと考えられます。

 

個人投資家になるには?誰にでも出来る株式投資の6つの特徴
ごく普通の個人にとって、資産運用が必要不可欠なものとなりつつあります。 日本経済はかつての成長期ではなく、成熟期、停滞期に入っているからです。 たとえば少子高齢化、社会保障制度の問題などは長い間議論がされていますね。 ...

 

スポンサーリンク

株式投資の国別運用成績ランキング上位の米国株

日本在住であってもアメリカ株への投資は可能です。

そして過去の株式リターンを見ると米国市場はいつも上位にランクインしています。

世界分散投資とともに米国株はおすすめとして良いでしょう。

 

どの国の株へ投資すれば良いか、国別運用成績ランキングをみて考えよう!

 

ちなみに米国株投資ならマネックス証券がおススメ。

私も使っています。

 

スポンサーリンク

米国株におすすめな証券会社は?

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

 

おすすめ証券会社コメント
No.1マネックス証券米国株取引に最適
No.2SBI証券為替手数料Good
No.3楽天証券見やすさ抜群

 

私は3社に証券口座を保有していますが、アメリカ株取引ではマネックス証券を使っています。

 

米国株投資でマネックス証券がおすすめな理由

  • 手数料が安い
  • 取扱い銘柄数が3,000以上と多い
  • 指値90日・時間外取引が可能であり使い勝手が良い
  • 売買手数料が実質無料の「ゼロETF」がある

     

【詳細:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

 

スポンサーリンク

配当金に注目し構築している米国株ポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしています。

インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うからです。

 

米国株で配当金について注目している銘柄

 

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。

保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

 

【参考:米国株マイポートフォリオ

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

 

マネックス証券と相性抜群→ジャパンネット銀行

マネックス証券への即時入金サービスの対象金融機関で、日本で唯一Tポイントの現金交換が可能な銀行です。

コメント

  1. […] america-kabu.com […]