スポンサーリンク

ファイザー【PFE】の配当金:増配6%で株主は一安心

米国株における高配当銘柄の代表格、ファイザー【PFE】が増配を発表しました。

増配率は6.3%

予想よりも高い数値でしたね。

スポンサーリンク

ファイザー【PFE】:配当金とFCFの推移

青:配当金支払い額

橙:フリーキャッシュフロー(FCF)

ご覧のように直近5年におけるファイザー社【PFE】のフリーキャッシュフローは増えていません。

安定している、と表現するのがポジティブでしょうか。

一方の配当金支払額は、緩徐な上昇を示しています。

FCFだけをみると経営が必ずしも順風満帆だとはいえないですね。

しかしながら株主還元を積極的に実施している姿勢が垣間見えます。

株主が「売らずに継続保有しておこう」と思える水準です。

参考ファイザーの銘柄分析~新薬開発状況~配当が維持できるか? PFE

製薬最大手ファイザー【PFE】の配当金アナウンスメント

米国株の増配情報は、インターネットから入手できます。

Seeking alphaであったり、海外ブログやツイッターが主な情報源となります。

AT&T【T】の時と同様にSeeking alphaを参考にしてみましょう。

ファイザーの配当金アナウンスメントは以下の通りでした。

  • 18年3月1日支払い分から
  • 配当金が0.32ドル/四半期
  • 配当利回り3.66%へ
  • 増配率は6.3%

これに追加して

  • 100億ドルの新たな自社株買いプログラムを許可
  • 現在実施中のプログラム(64億ドル)に追加して実施される

レパトリ減税の効果なのか分かりませんが、大盤振る舞いしていますね。

キャッシュリッチなファイザーの強みを経営陣は生かしているようです。

参考米国株の連続増配年数を調べ方

ファイザー【PFE】:四半期毎の配当金推移

上図はファイザー【PFE】のクオーター毎の配当金推移を表しています。

かつては配当貴族銘柄でもあったファイザー。

ところがリーマンショック時に減配をしていることがわかります。

ファイザーは製薬最大手メーカーです。

減配に至った原因は、100年に一度の金融危機の影響だとは言い切れません。

医薬品業界は経済危機のインパクトが他業界程大きくないからです。

むしろM&Aによるところが大きいでしょう。

ワイスを買収したのですよ。

旧ワイスレダリーといえば、日本では武田薬品と提携していたことが思い出されます。

いまはすっかりファイザー社に組み込まれていますけどね。

参考米国株配当貴族から配当王への道のりで、47%が脱落する

ファイザー【PFE】:増配される時期と配当金額

米国株の連続増配年数を調べ方の記事にかきましたが、Dividend.comというサイトは便利ですよ。

Dividend.comにある配当金支払い状況を下記に転記をします。

配当金
支払額
配当金
発表日
配当金
支払開始日
$0.34 2017/12/18 2018/3/1
$0.32 2017/9/27 2017/12/1
$0.32 2017/6/22 2017/9/1
$0.32 2017/4/27 2017/6/1
$0.32 2016/12/12 2017/3/1
$0.30 2016/9/22 2016/12/1
$0.30 2016/6/23 2016/9/1
$0.30 2016/4/28 2016/6/1
$0.30 2015/12/14 2016/3/2
$0.28 2015/9/25 2015/12/1
$0.28 2015/6/25 2015/9/2
$0.28 2015/4/23 2015/6/2
$0.28 2014/12/14 2015/3/3
$0.26 2014/10/23 2014/12/2
$0.26 2014/6/26 2014/9/3
$0.26 2014/4/24 2014/6/3
$0.26 2013/12/16 2014/3/4
$0.24 2013/10/24 2013/12/3
$0.24 2013/6/27 2013/9/4
$0.24 2013/4/25 2013/6/4
$0.24 2012/12/17 2013/3/5
$0.22 2012/10/25 2012/12/4
$0.22 2012/6/28 2012/9/5
$0.22 2012/4/26 2012/6/5
$0.22 2011/12/12 2012/3/6
$0.20 2011/10/27 2011/12/6
$0.20 2011/6/23 2011/9/6
$0.20 2011/4/28 2011/6/7
$0.20 2010/12/13 2011/3/1
$0.18 2010/10/28 2010/12/1
$0.18 2010/6/24 2010/9/1
$0.18 2010/4/22 2010/6/1
$0.18 2009/12/14 2010/3/2
$0.16 2009/10/22 2009/12/1
$0.16 2009/6/25 2009/9/2
$0.16 2009/4/23 2009/6/2
$0.32 2008/12/15 2009/3/3
$0.32 2008/10/23 2008/12/2
$0.32 2008/6/26 2008/9/3
$0.32 2008/4/24 2008/6/3

直近10年の四半期毎配当金を示しています。

赤字は増配した時期です。

いつ配当金が増えるのかが分かります。

ここから気づくことといえば

  • 増配額 :直近10年の増配は2セントずつ
  • 増配時期:毎年3月支払い分
  • 公表時期:第4四半期

10年前に減配しましたが、その前の水準にようやく配当金額が戻っています。

参考米国株式の配当金は、いつ振り込まれるか確認できるサイト

まとめ:ファイザー【PFE】の増配で株主としては一安心

  • FCFは増えていないが、配当金は増やしている
  • 2009年以降、第4四半期に増配発表
  • 増配額はいつも2セント

ヘルスケアセクターの代表、世界最大の製薬会社であるファイザー。

株主と向き合った経営をしている様子が伺えますね。

さらにはシーゲル銘柄でもあるので、偉大なる歴史とトータルリターンを有しています。

参考米国株の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説

【参考:米国株 注目の51銘柄

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする