スポンサーリンク

米国株投資におすすめな情報源を紹介

株式投資をする上ではアメリカ株であろうがそうでなかろうが知っておきたい情報源がある。

JPモルガンのホームページが米国株投資には重要な情報を提供してくれる。

そこで今回はJPモルガンのGuide to the Marketsがおススメな情報ソースなので紹介したい。

スポンサーリンク

株式投資の情報入手にお薦めなJPモルガンサイト

個人投資家は機関投資家と比較して投資情報のリソースが限られている。

つまり個人投資家は少ない情報の中で株式市場で闘わなくてはいけない。

ところがインターネット時代では情報格差は予想以上に少なくなっている。

情報源はネットの世界にはいくらでも転がっているからだ。

例えばJPモルガンのGuide to the Marketsの情報ソースを見てみよう。

どちらも情報源として秀逸である。

日本語版は解釈のコメント付きであるので、まずはそちらを一読することをお薦めする。

米国株投資におすすめな情報源である理由

投資本の中でどれが最も参考になったのか? と聞かれれば、ジェレミー・シーゲル教授著「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」を私は挙げる。

なぜなら圧倒的な量の事実ベースのデータを有するからである。

ところがこの「株式投資の未来」第四版は2006年刊行なのだ。

したがっていまから10年以上前のデータしか参照できない。

最新版をみると第五版があるが英語版のみである。

これは2012年に発刊されており、リーマンショック後データを含んでおり参考になる。

なので私はこの本をアマゾンで購入済である。

それでも2012年までのデータであり、5年も前となる。

つまり直近データを参考にしたい場合には、残念ながら「株式投資の未来」は参考止まり。

より最新のFACTを入手したいと思ったならば、グーグル先生に英語で問い合わせが必要となる。これまで私はそう思っていた。

しかしながらこの手間を省いてくれるツールを最近発見した。

JPモルガンのGuide to the Marketsである。

JPモルガンのGuide to the Marketsがおススメ情報源である理由を挙げたい。

  • 手間暇かけずに、最新データ入手が可能
  • しかも日本語版も出ている
  • 日本語版にはノートが付いており、素人にも解釈が容易である

参考「株式投資の未来」のまとめ、シーゲル教授からの6つの学び

米国株投資に必要なデータを網羅している情報源

さすがはJPモルガン作品である。

投資に必要な情報を網羅的に盛り込んでいる。

  • グローバル経済
  • 日本経済
  • 株式
  • 債券
  • その他資産
  • 投資の基本

株式投資の未来」と、JPモルガンのGuideシリーズを読めば、かなりの情報通になれるだろう。

とりあえず眺めておくだけでも良い。

とにかく株式投資の最新データを系統的に学べるのだ。

個人投資家としては必読な情報源である。

情報が豊富でもインデックスを凌駕できるわけではない

情報を多く持っていたとしても、それが投資リターンに繋がるかというと必ずしもそうではない。

機関投資家が運営するアクティブファンドがインデックスに惨敗している結果をみれば、容易に紐づけられる。

バンガードの調査によると、2000年初めの米国では2,085本のアクティブ運用株式ファンドが購入可能でした。

このうち、15年経過後の2014年12月31日現在にも存続していたのは、わずか952本(全体の46%)にすぎませんでした。

存続したファンドのうち、15年間の手数料を引いた後のパフォーマンスがベンチマークをアウトパフォームしたのは、552本(当初のファンド合計数の26%)にすぎませんでした。

バンガード社ホームページより

機関投資家であろうが個人投資家であろうが、情報を多く持って満足したのでは意味がない。

それを咀嚼して自分の運用方針にどのように応用するのかを考える必要が出てくる。

これは長い旅が必要であり、いばらの道でもある。

なのでインデックス投資を最初から選ぶという方法は、とてもリーズナブルだと思う。

参考投資家がインデックスに勝てる確率

まとめ:JPモルガンサイトはおすすめ情報源

株式投資(アメリカ株)のデータを参照したいと思ったならば、2つの情報源がおススメである。

1.「株式投資の未来」

2.JPモルガンのGuide to the Markets

尚、情報を得たからといって即座に投資リターンへ繋がるわけではない。

しかしだからと言って何も勉強しなくて良いというわけにもいかない。

で、どうする?

せっかく株式投資をしているのである。

少しずつ投資について学んでいきたい。

その際にはJPモルガンのGuide to the Marketsを適宜参照する。

株式を通じて経済と繋がっている感覚を味わえる。

ここで思い出してほしい。

これらの情報はあくまでもアメリカ市場をベースとしているものであることを。

結局は投資先進国アメリカから学ぶことは多いのだ。

投資が普及しているがゆえに市場は大きく、そして整っている。

やはり成熟した市場はイイ。

なので私は今後も米国株投資を続けていく。

あなたの情報源は何ですか?

See you!

参考マネックス証券松本大が語るアメリカ株投資の6つの魅力

■個人投資家ブログもおすすめ情報ソース

2017年もいよいよ残り僅か。 本年も当ブログにお付き合いいただきありがとうございます。 本記事では、「アメリカ株でアー

運用女子はまずこのブログを読んでおきたい

富女子という言葉が少し前に流行りましたね。 貯蓄1000万女子のことを指しますが、そもそも1000万円の貯金って無理って思っていません

米国株ブロガーのポートフォリオは参考になる

誰でも出来るアメリカ株投資術 私の先生、たぱぞうさんのブログの中で、「誰でもできるアメリカ株投資術、最大多数投資法を紹介する!」という記事

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする