スポンサーリンク

米国株ヘルスケアセクターのおすすめ株 8銘柄に注目

米国株において、ヘルスケアセクターは過去リターンが優れていた。

その中でもおススメ8銘柄に注目している。

ヘルスケアセクター所属 andシーゲル銘柄or配当貴族or ダウの犬銘柄である。

アムジェンやギリアードといった高成長の巨大バイオメーカーもアメリカ市場には存在する。

しかしながら今回のリサーチではそのような銘柄ではなく、古参企業が選ばれる。

今回はヘルスケアセクターで注目する8銘柄を紹介したい。

スポンサーリンク

アメリカ株ヘルスケアセクターおすすめ銘柄を選ぶ方法

上述の通り、歴史を重要視する方法でおすすめ株を選出する。具体的にはシーゲル銘柄・配当貴族構成銘柄・ダウの犬銘柄からの抜粋だ

トータルリターンに優れるシーゲル銘柄には製薬株が6つもある

まずはシーゲル銘柄から抽出したい。

1957年~2012年における、アメリカ株でのトータルリターントップ20である。

なんとその上位20社のうち、5銘柄がヘルスケアセクターであった。

さらにアボットは分社化したので、現在では6銘柄となる。

  • 【ABBV】アッヴィ
  • 【ABT 】アボットラボラトリーズ
  • 【BMY】ブリストル・マイヤーズスクイブ
  • 【MRK】メルク
  • 【CVS】CVSヘルスケア
  • 【PFE】ファイザー

ヘルスケアセクター×シーゲル銘柄 という安定感抜群な子たちであるからだ。

過去の実績を重視した投資手法を用いる場合、かならず購入対象リストに入ってくる。

参考 シーゲル銘柄、いま選ぶならこの5銘柄【17年3月】

ファイザーの株価がさえない。PFEといえばヘルスケアセクターのトップメーカーですね。 同時にファイザー株はダウ構成銘柄でありシーゲル銘柄であり高配当株であり、個人投資家にも人気のある銘柄なのはご存知の通り。 つまり過去のリターン...

ダウの犬銘柄:ダウ平均構成銘柄に医薬品株は3企業

続いてダウの犬銘柄から選出する。

【PFE】ファイザーと【MRK】メルクは、ダウの犬銘柄の常連である。

【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソンが2011~13年にかけてランクインしている。

こういったときに大きく購入できると、その後のリターンに寄与してくれるはずだ。

ダウの犬銘柄 2017年版を見た場合、は2銘柄が該当した。

  • 【PFE】ファイザー
  • 【MRK】メルク

いずれもシーゲル銘柄である。

参考ダウの犬銘柄 2017年版

配当貴族:25年連続増配株には4つのディフェンシブ銘柄

最後に配当貴族から選ぶ。

該当するのは4銘柄。

  • 【ABT】アボット
  • 【ABBV】アッヴィ
  • 【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • 【MDT】メドトロニック

新たに、【JNJ】と【MDT】が加わった。

参考 ?米国株ヘルスケアセクター、私が注目している6銘柄

まとめ:これが米国株ヘルスケアセクターのおすすめだ

ヘルスケアセクター所属かつダウの犬銘柄orシーゲル銘柄or配当貴族をピックアップした。

その結果8銘柄が選抜された。

これら企業に着目しつつ、アメリカ株投資を続けていく。

以上、【アメリカ株ヘルスケアセクターお薦め8銘柄】でした。

あなたの目に留まる銘柄はありましたか?

See you!

マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ、サクッと簡単な手続きですよ。

■製薬株について関連記事紹介
世界一の製薬会社はファイザー
地味ではあるが配当貴族でシーゲル銘柄のアボットラボラトリーズ
ディフェンシブ銘柄筆頭、ジョンソン・エンド・ジョンソン
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク