30代での「お金の貯め方・使い方・稼ぎ方」をどう考えるか?

スポンサーリンク

30代の貯金・年収・お金の使い方

30代のあなた、お金のこときちんと考えていますか?

「お金なんて無くてもいいよ」と思う30代もいるかもしれません。

でも年収1000万円稼げる方法とか、貯金1000万円の貯め方とか、使い道に困るくらいのお金があったらどうしようかなとか妄想する30代だっていますよね。

 

私もお金欲しいです。

 

でもむしろ年収アップや貯金額よりもお金のフローを生んでくれる資産に目が向いています。

金融資産10億円とか手に入れたい。

30代で10億円は遠い目標だとしても、1億円ならば手が届くかもしれません。

 

たとえば1億円をもっていたとしましょう。

それを5%利回りの投資商品にまわしたらどうなると思いますか?

 

1日1万円をつかっても資産はふえていくのです。

 

1日1万円

 

だから1億円をまずは目指すって人が多いのですね。

1億円の意義をいかに早く気づけるかが、お金にまつわる人生を大きく左右するのです。

 

1億円の破壊力を若いうちに気づいておきたいです。

そうなるとやっぱり30代までにはお金の知識や大切さをかみしめたいですね。

>>>資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか、割合を比較した

 

ファイナンシャルリテラシーを向上したいと思ったら、「資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り」の式を知ればそれで十分です。

お金の貯め方・使い方・稼ぎ方の重要性がすべてが詰まった公式ですから。

 

30代で知っておきたいお金のこと

>>>お金持ち、超富裕層は10億円の金融資産を持っている

スポンサーリンク

30代のお金の使い方

20代から30代へと年齢を重ねていくと、お金や時間の大切さが身に染みてきます。

どちらも限られたものだと気づくからでしょうかね。

だからこそ時間やお金の使い方はしっかりと考えておきたいです。

>>>お金の勉強の本、一生モノの知識が身につき人生を豊かにする良書3冊

 

ここからは30代にとって無理のお金の使い方を紹介します。

30代でお金の流れを把握する方法

まずはお金について現状把握が必要です。

30代は、お金を何にいくらつかっているのかを知っておきましょう。

自分自身のお金の現状を知れば、対策が打てるからです。

 

お金の現状は、この3つを知れば十分です。

  1. いまいくら持っているのかの貯金額
  2. 給料などのキャッシュフロー額
  3. いくら使ったかの家計簿的な支出額

 

簡単そうに言っていますが一個ずつお金の現状を調べるのはメンドウですよね。

そんなときはマネーフォワードでお金を一括管理するのがおすすめ。

銀行口座や証券口座を登録するだけで、お金の流れをすべて自動的に可視化してくれるアプリです。

 

マネーフォワードで貯金額を一括チェック

 

私はマネーフォワードを3年以上つかっています。

プレミアム会員にもなり貯金額や運用額を把握しつづけています。

もはやマネーフォワードから抜け出せない身体となっています。

 

そのくらいお金について現状把握するのに有効だからぜひお試し下さい。

 

30代でお金の対策を練る方法

マネーフォワードをしばらく使っていると、お金のフローが可視化されてきます。

毎月のお金について、たとえば収入と支出が目に見えるメリットがあるのです。

 

さらにお金を”円”という単位ではなく、ただの数値として客観的に見られるのが良いですね。

>>>あなたの人生を変えるお金の教養を読み、ストックとフローを学んだ

 

年収がいくらか、月収とくに手取はどのくらいか? 毎月の支出はどうなのか?

 

何度も言いますが、お金についてまずは現状把握をしましょう。

収入と支出が見えると、お金についての課題がみえてきてきます。

すると対策が打てますね。

  • 年収を上げるとどうなのか?
  • 節約するにはどの支出項目がよいか?

お金の現状・課題・対策

 

お金の使い方を考え始め、お金の現状を知ると家賃や通信費などの固定費が予想以上に高いとわかってきます。

さらに余計なものを買っている金額だったり、ひとによっては飲み会代が意外と高かったりと気づきがあるはずです。

 

マネフォワードを使って、お金を円ではなくアプリを通し単なる数値としてみると、見える世界が変わってくるから不思議。

 

ちなみに私の場合にはマネーフォワード導入によって交際費が激減しました。

飲み会の「目的・意義」を「お金・時間」と天秤にかけた結果ですね。

お金の流れを単なる数字として見える化してくれた、マネーフォワードの効用です。

 

もちろん人によってお金の対応策は異なります。

だからこそ、あなた自身で自分のお金の流れを把握する必要があるわけです。

30代の現実を知る方法

DODAによれば、30代の平均年収は400万~500万円となっています。

年齢全体男性女性
30歳426万円450万円377万円
35歳475万円510万円395万円
39歳510万円555万円409万円

 

年収アップを狙うなら、平均値を知っておいて損はありません。

またお金の使い方を考える際にもこの年収が参考値となるわけです。

30代のお金の使い方とは、平均年収400万円~500万円のひとのものなのです。

 

もしより多くお金を使いたいとか貯めたいとか稼ぎたいとかの希望がある際には、一般的な30代のお金の使い方をマネしているだけでは達成できません。

 

30代で知っておきたいお金の使い方

  • マネーフォワードをつかってお金の流れを可視化する
  • お金を何にいくら使っているのか把握する
  • 年収400~500万円が現実的だと知り、自分でお金の使い方を決める

>>>お金の使い方に関する調査を見て思う3つのこと

スポンサーリンク

30代の貯金額・お金の貯め方

お金の貯め方はお金の使い方とつながっています。

上述した30代のお金の使い方と同様に、現状・課題・対策のフレームワークが応用できるわけです。

でもここは趣向をかえて、現状・目標・理想の3ステップでお金の貯め方について一緒に考えていきましょう。

 

目標貯金額の理由

貯金1000万円だったり年収1000万円を目指すというのはなぜなのでしょうか?

お金がなぜ必要なのかを知っておきたいですよね。

 

お金は何かを成し遂げるための手段であって目的ではありません。

 

ひとは曖昧な生き物です。

「お金は欲しいけど何に使うのか」「何のためにお金を貯めるのか」が明確化されていないことが多いのです。

 

お金は人生の選択肢を増やすためのものです。

なので「選択肢を増やしてからどうなりたいのか、どうしたいのか」と考えていくと答えが見えてきます。

すると貯金がいくら必要となるのかがわかってきますね。

 

あなたも自問自答してみてください。

 

30代の期待貯金額(資産額)

となりの億万長者という、お金についての研究結果をわかりやすく解説してくれる本があります。

その中に年代別の期待資産額が示されています。

運用をしていないならば、資産ではなく目標貯金額といってもよい数値です。

 

となりの億万長者で推奨している期待資産額の計算式は以下の通りです。

 

期待資産額=年齢 × 年間家計所得 ÷ 10 – 遺産相続額 

 

30代の平均年収から計算すると期待資産額・目標貯金額はなんと

 

1,000万~2,000万円なり

 

>>>平均年収から年齢別の期待貯金額を計算したら、予想外に高額で驚いた

 

30代は想像以上に期待される金額が高いのです。

でも達成可能なはず。

絶対無理だと思うのならば、なぜ無理なのかを自問自答して下さい。

 

30代のうちにはとなりの億万長者を購読しましょう。

お金に関しての世界的良書であります。

 

目標貯金額の設定方法

 

現状と目標・理想とのギャップ

 

お金を貯める理由を自問自答したら、続いてお金の目標額を定めるステップに移ります。

たとえば

  • 30歳になったときに、1000万円の貯金をする
  • 40歳になったときには、年収1000万円になっている

のように金額と時期を区切って数値化していきましょう。

>>>世帯年収1,000万円の割合は?

 

人間とは不思議な生き物です。

数値目標があるとなぜか体がそちらのベクトルに向かって動き出すのです。

 

目標設定はSMARTに

◆Specific(具体的に)
誰が読んでもわかる、明確で具体的な表現や言葉で書き表す

◆Measurable(測定可能な)
目標の達成度合いが本人にも他人にも判断できるよう、その内容を定量化して表す

◆Achievable(達成可能な)
希望や願望ではなく、その目標が達成可能な現実的内容かどうかを確認する

◆Related(人生の目標に関連した)
目標が自分の理想の人生や目標に関連する内容になっているかどうかを確認する

◆Time-bound(時間制約がある)
いつまでに目標を達成するか、その期限を設定する

 

スポンサーリンク

30代のお金の稼ぎ方

お金の稼ぎ方とは年収アップと考えがちです。

という公式を紹介したのを覚えていますか?

 

収入アップがお金の稼ぎ方の第一歩なのですが、30代は資産運用についてしっておきましょう。

 

公式では運用利回りは掛け算になっています。

複利の力を味方にできるのが資産運用なのです。

>>>資産形成の方法は公式を覚えよう

>>>貯金か株式投資か、どっちがお金持ちへの近道?

30代の資産配分比率

お金の流れが見えてくると、殖やしたいという欲望が出てきます。

しかし30代の期待資産額・貯金額は1,000万円~2,000万円であり少し高いように思います。

ここは資産運用という手段を有効に使いましょう。

 

資産運用で最重要なのは、「どの資産にお金を置くか」という概念です。

資産配分やアセットアロケーションと言われます。

運用リターンの9割は資産配分比率で決まるからです。

 

 

資産の3分法

 

 

たとえば貯金の中から100万円を運用したいと思ったらどうしたらよいでしょうか?

世界的に用いられている株式割合=100-年齢の式を参考にしてみましょう。

すると30代の株式投資金額は60~70万円となります。

 

このアセットアロケーションの重要性を理解した後に、投資は始めてください。

>>>おすすめアセットアロケーション 株式比率は「100-年齢」

30代の株式投資

資産配分比率で株式投資の割合・金額を決めたらあとは実行するだけです。

株式投資といってもどの株を買えばよいのでしょうか?

 

まずはインデックスといわれる株価指数に投資をするのが良いと思います。

株価指数とは、日経平均株価とかダウ平均株価とかS&P500などのことです。

ニュースで聞いたことありませんか?

 

株式投資をする際には証券口座の開設が必要です。

その際にはインターネット証券がおすすめ。

私は3つの証券で株式投資をしています。

  1. マネックス証券:米国株投資 or インデックスETF投資
  2. SBI証券  :インデックス積立投資
  3. 楽天証券   :NISA口座でインデックス投資

 

もしネット証券口座を開設する際には、上のリンクからお願いします。

 

またインデックス投資について詳しく楽しく知りたかったら、私のおすすめリンク集にあるインデックス投資ブログを読んでみるのがいいですよ。

スポンサーリンク

30代に必要なお金の知識:まとめ

30代で知っておきたいお金の使い方

  • マネーフォワードをつかってお金の流れを可視化する
  • お金を何にいくら使っているのか把握する
  • 年収400~500万円が現実的だと知り、自分でお金の使い方を決める

 

30代のお金の貯め方

  • 貯金する理由はなぜかを自問自答する
  • 30代の期待貯金額・資産額を知る
  • SMARTに貯金目標を設定する

 

30代のお金の稼ぎ方

  • 収入アップ以外の方法を検討する
  • 資産運用には、アセットアロケーションが重要だと知る
  • 株式投資をするならまずインデックスからはじめてみる

>>>給料の手取りが増えない理由、サラリーマンは早めの対策を

 

株式投資はマネックス証券SBI証券楽天証券などのインターネット証券口座がいいです。

 

以上、アラフォーの私が30代のあなたにむけてお節介にもお金の知識で必要な3つのことをブログ投稿しました。

 

もしかしたら知っていることばかりかもしれませんね。

 

でも本当に実践できていますか?

何か一つでも役に立っていれば嬉しいです。

 

マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ、サクッと簡単な手続きですよ。

 

 

■お金の知識の記事紹介

 

コメント