アメリカの年齢別平均年収を日本と比較、40代は年収1000万円

スポンサーリンク

世帯年収とは年齢別でよく語られます。

家族の有無によっても年収総額の計算方法は変わります。

そういったことは抜きにして、とりあえず日本の平均年収をアメリカと比べてみた。

アメリカ人の年収っていったいいくら位なのでしょうか?

アメリカと日本で、年齢別平均世帯年収を比べた結果

世帯平均年収の日米比較、出典:著者作成

日本とアメリカの年齢別世帯年収を平均値で比較しました。

  • 縦軸:万円(1ドル110円換算)
  • 横軸:年齢

ご覧の通り、アメリカと比較して日本の世帯年収が低かったです。

これはどの年代においても同様の結果。

給料の年功序列による恩恵をうけている50代ですら、比べるとアメリカの年収には及びません。

世帯年収1,000万円とはアメリカでは40代・50代の平均なのです。

  日本

(万円)

アメリカ

(万円)

平均年収 715 914
30歳未満 490 732
30代 631 959
40代 736 1111
50代 844 1074
60歳以上 622 839

参考>>>世帯年収1,000万円の割合は?

スポンサーリンク

日本の年齢別世帯平均収入(2016年)

日本の世帯年収には、年功序列が明らかに残っています。

30代よりも40代、40代よりも50代の平均年収が高いデータからもわかります。

これを善とみるか悪とみるか、将来も同様の傾向がみられるのかといった観点は人それぞれ異なるでしょう。

いずれにせよ、2人以上の勤労世帯の平均年収は想像しているよりは悪くありません。

それではアメリカの年収の詳細はどうなっているのでしょうか?

インターネットの検索結果を紹介する。

アメリカ年齢別世帯年収:中央値と平均値

アメリカにおける、年齢別世帯年収の平均値・中央値

  • Median:年収中央値
  • Mean:平均年収

アメリカの給与体系はPay for performance と言われています。

これを年齢別に分解して見ると、年齢と年収の相関性がある程度みられました。

つまりアメリカの年収にも年功序列の傾向がみられました。

ここで注目したいのは、アメリカの世帯年収は平均値と中央値が大きく離れていることです。

これの意味するところは、貧富の差が拡大していること。

引用元のSeeking alphaの言及っぷりからも、収入格差の拡大がアメリカで大きく問題視されているとわかります。

いずれにせよ、世帯年収をみるとアメリカの平均値に日本は劣っていると示されました。

今回の検証では、物価や世帯人数、為替の影響は無視しています。

年齢別で他人の年収を気にしている日本人

日本人とはお金が好きであるが、お金について語るのは躊躇するという特殊な文化を持っています。

しかしながらほぼ全員の共通意識として、他人の年収や貯金額はとても気になっているわけ。

そんな気持ちが私にもあるから、世帯年収を日米で比較したのです。

お金について気にするのなら、年収額と期待貯蓄額を計算し稼ぐ方法を考えるのが良さそうです。

参考>>>平均年収から年齢別の期待貯金額を計算したら、予想外に高額で驚いた

アメリカと日本で年齢別平均年収を比べた結果

異なるデータソースから、日米の世帯平均年収を比較しました。

その結果、アメリカと比べて日本の平均年収が低いことがわかりました。

しかしながらこの結果は種々の影響項目は除外して検討されたもの。

  • 物価
  • 世帯人数
  • 為替
  • その他

お金に興味があるならば、さらなるリサーチと稼げる方法の検討が必要だと思われました。

年収に関する記事

■平均年収の関連記事紹介

世界の国々の平均年収を比べてみると…

サラリーマンなんてやってられない! そんな思いをお持ちの方も多いだろう。 多くの給料を貰っているわけではないですからね。

年収から目標とする貯蓄額が計算できる。

貯金はいくらが平均なのでしょうか? 貯金っていくらが適切なのでしょうか? 記載される貯金額は年収から計算が可能です。

年収を上げたいと思ったら、ほんの少しの工夫で実現可能に

サラリーマンのあなた、年収を100万円上げる方法があればいいなぁって思いませんか? 年収を上げる方法に、熱意ある社員を演じるという例が