スポンサーリンク

資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか、割合を比較した

億り人という言葉が投資界隈には存在する。

憧れませんか?

億り人とは投資によって金融資産1億円を達成した人を指します。

ただ、この言葉には明確な定義がないのですよね。

お金に関しては一千万プレイヤーという言葉もあります。

年収1,000万円の人ですね。

今回はお金についてストックとフローにわけて考えてみました。

  • 金融資産:1億円
  • 年収  :1,000万円

いずれも達成したいと思いませんか?

でも難しい。

どのくらい難しいのか、達成困難度が気になりますね。

ということで、資産1億円と年収一千万円がどの程度の割合を比較してみましょう。

参考あなたの人生を変えるお金の教養を読み、ストックとフローを学んだ

スポンサーリンク

金融資産1億円と年収1,000万円の割合を比較

先に結論からみてみましょうか。

  • 金融資産1億円以上の世帯割合:2.3%
  • 年収1,000万円以上の世帯割合:11.7%

割合だけをみると、資産1億円の方が達成が難しいということになります。

世帯年収1千万円というのは、ダブルインカムであれば到達できそうな水準。

立派なフロー。

8~9世帯に1世帯は、年収1,000万円を稼いでいるわけです。

一方で金融資産1億となると50世帯に1世帯の割合。

億り人になるのは、年収1,000万円到達よりも困難であると思われます。

だからこそ敬意をこめた「億り人」という呼称が生まれたのでしょう。

参考年齢別平均年収を日本とアメリカで比較、40代は年収1000万円

金融資産1億円の世帯は富裕層と呼ばれる

富裕層の定義と世帯数、出典:野村総研

憧れの領域、金融資産1億円世帯というのは富裕層と呼ばれています。

日本ではだいたい120万世帯程度が一億円をもっているのです。

  • 超富裕層:5億円以上:7.3万世帯
  • 富裕層 :1億円以上:114.4万世帯

富裕層世帯数を全世帯数で除すれば、割合が算出できますね。

金融資産1億円の世帯割合は、2.3%

金融資産の階層別、世帯数割合

野村総研の調査によれば、2015年時点で超富裕層・富裕層世帯は2.3%の割合で存在しています。

50世帯に1世帯の割合。極まれであるとは言いにくいですね。

街を歩いていれば、金融資産1億円世帯に出くわすことだってある程度の割合です。

犬も歩けば棒に当たる、街を歩けば富豪に会える。

こうなると資産運用において、1億円に目標設定するのはなんとなく理解できます。

頑張れば届きそう、でも頑張らないと届かないというレベルなのです。

参考お金持ち、超富裕層は10億円の金融資産を持っている

世帯年収1000万円以上の割合は、11.7%以上

所得金額階級別世帯数の相対度数分布,平成28年

所得金額階級別世帯数の相対度数分布、出典:平成28年 国民生活基礎調査の概況

国民生活基礎調査の概況のデータは、年収ではなく所得金額を表しています。

所得金額が世帯で1,000万円以上の割合は約12%。

ということは、年収一千万円世帯の割合はもっと大きいはずですよね。

所得 = 収入 ー 必要経費

の式をみれば、一目瞭然。

金融資産1億円世帯の割合より世帯一千万円世帯は5倍以上も大きいわけです。

億り人よりも、世帯年収1千万円の達成が簡単そうに思えますね。

参考所得金額階級別世帯数の相対度数分布をみて思った2つのこと

億り人は達成可能な目標として設定しておきたい

金融資産1億円、億り人は個人投資家にとってあこがれの存在。

しかしながら憧れるだけでは到達できないのです。

あくまでも達成可能な目標として考えておきたいですね。

そして行動をする。

  1. 複数の収入源をもち、所得を増やす
  2. 生活レベルを上げずに、適度な節約に励む
  3. 余った資金は運用に回す

この3ステップを、一定期間以上つづけることが出来れば到達できるはずです。

私はその手段のひとつとしてアメリカ株投資をチョイスしています。

あなたも目指していますか?

  • 年収  :1,000万円
  • 金融資産:1億円

以上、「資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか、割合を比較した」でした。

See you!

参考3000万円から1億円の作り方

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする