平均年収から年齢別の期待貯金額を計算したら、予想外に高額で驚いた

スポンサーリンク

年収と貯金の平均はいくら?という疑問

貯金はいくらが平均なのでしょうか?

貯金っていくらが適切なのでしょうか?

 

期待される貯金額は年収から計算が可能です。

 

  • 期待資産額=年齢 × 年間家計所得 ÷ 10 – 遺産相続額 

 

投資などで金融資産を持っていない場合には、期待資産額とは貯金額と置き換え可能です。

 

つまり、平均年収から期待される貯金額が計算できる

 

本記事では、年齢別の平均年収・期待資産額を紹介します。

 

ちなみにこれは遺産相続額を除いた結果。

したがってあなた自身で築き上げることが期待される資産額というわけです。

>>>お金持ち、超富裕層は10億円の金融資産を持っている

スポンサーリンク

平均年収(年齢別)2016年版:年功序列は残っている

年齢別平均年収

DODAより引用作成

 

上図は年齢別の平均年収推移です。

年齢とともに綺麗に右肩上がりの年収となっています。

 

換言すればサラリーマンとして生き残れるのであれば、長く働いた方が金銭面では得。

>>>サラリーマンの強みと弱みを知れば、早期退職は不利だとわかる

 

ただし年功序列の年収方式が今後も同様に続くとは考えにくい。

とはいえまだまだ年齢と共に給料が上がっているのが現実です。

 

念のために男女別の年齢別年収ローデータを残しておきます。

年齢全体男性女性
20歳290万円323万円256万円
21歳281万円301万円257万円
22歳281万円295万円265万円
23歳293万円306万円278万円
24歳320万円333万円303万円
25歳345万円362万円323万円
26歳366万円382万円342万円
27歳380万円400万円347万円
28歳393万円415万円356万円
29歳411万円435万円367万円
30歳426万円450万円377万円
31歳441万円470万円381万円
32歳455万円485万円384万円
33歳465万円500万円390万円
34歳466万円499万円389万円
35歳475万円510万円395万円
36歳489万円528万円396万円
37歳490万円530万円399万円
38歳507万円551万円405万円
39歳510万円555万円409万円
40歳530万円576万円416万円
41歳534万円586万円416万円
42歳541万円592万円423万円
43歳546万円598万円411万円
44歳557万円605万円438万円
45歳572万円624万円433万円
46歳588万円642万円428万円
47歳605万円655万円453万円
48歳622万円679万円427万円
49歳633万円692万円415万円
50歳625万円678万円435万円
51歳665万円717万円446万円
52歳678万円725万円485万円
53歳688万円727万円457万円
54歳724万円759万円513万円
55歳717万円757万円475万円
56歳754万円790万円433万円
57歳740万円773万円422万円
58歳766万円785万円519万円
59歳809万円823万円409万円

>>>アメリカの年齢別平均年収を日本と比較、40代は年収1000万円

>>>資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか、割合を比較した

 

このように年齢も年収も上昇するとなると、期待される資産額もどんどん上がるのです。

齢を重ねるごとに年収があがるので、貯金額を増やす必要があります。

 

期待資産額・貯金額の計算式を思い出しましょう。

 

期待貯金額↑=年齢↑ × 年間家計所得↑ ÷ 10 – 遺産相続額

 

もちろん貯金でなくてもいい。

株式や債券などの金融商品だっていいわけです。

その場合には、給料→節約→投資というフローが必要ですね。

 

>>>年収上げる方法は熱意をもつこと、熱意ある社員は日本に6%のみだ

>>>大企業の部長になっても月収70万円、年収は1000万円

 

スポンサーリンク

貯金の期待される金額、年齢別の平均額は?

期待される貯金額は、想像以上に高い

 

59歳時点で期待される資産額は、4773万円。

 

けっこう多いと思いませんか?

 

そんなに貯金できないよ。期待されても困るんですけど。

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

ならば節約と貯金だけではなく、資産運用・投資という手段の手助けがあるとよさそう。

>>>貯金か株式投資か、どっちがお金持ちへの近道?

 

お金の勉強をする時間に差がある、蓄財優等生と蓄財劣等生

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則を読み進めると、蓄財優等生・劣等生についての記述にたどり着きます。

  • 蓄財優等生:期待資産額の2倍をもっている
  • 蓄財劣等生:期待資産額の半分以下の資産をもっている

つまり、期待資産額 × (0.5~2.0) であれば、蓄財一般生ということ。

 

こちらも念のために年齢別の年収と期待貯金額のローデータを残しておくので参照されたし。

年齢
(歳)
平均年収
(万円)
期待資産額
(万円)
20290580
21281590
22281618
23293674
24320768
25345863
26366952
273801,026
283931,100
294111,192
304261,278
314411,367
324551,456
334651,535
344661,584
354751,663
364891,760
374901,813
385071,927
395101,989
405302,120
415342,189
425412,272
435462,348
445572,451
455722,574
465882,705
476052,844
486222,986
496333,102
506253,125
516653,392
526783,526
536883,646
547243,910
557173,944
567544,222
577404,218
587664,443
598094,773

 

ちなみに資産運用において年齢は非常に重要な要素。

資産配分での株式比率の目安となりうるからです。

>>>「100-年齢」の法則 アセットアロケーションにおける株式比率 

 

スポンサーリンク

年収をあげ貯金をするだけでは、期待資産額に到達するのは難しい

期待資産額・貯金額とは、予想よりも高額です。

求められるレベルは高い。

 

貯金だけでは困難な目標だ

 

もしそう思うのであれば、株式投資が一つの対応策となります。

 

ただし株式投資はリスク(資産の振れ幅)があります。

振れ幅があるということは、資産がマイナスに陥る可能性があるということ。

 

それでも過去の歴史を紐解けば、貯金よりも株式投資が資産形成に有利だったのです。

長期運用すればするほど、株式投資の優位性が浮かび上がります。

>>>長期投資の期間とはいったい何年なのか?

 

そのことを理解し株式投資を実践するために、少しだけ資産運用計画に時間を割けばOK。

 

ちょっとだけお金について勉強して知ればいい

 

貯金が得意な人は、資産運用の勉強をしている

 

蓄財優等生(N=205)
  • 月次:8.4時間
  • 年間:100.8時間
蓄財劣等生(N=215)
  • 月次:4.6時間
  • 年間:55.2時間

 

ほんの少しの積み重ねが、将来には大きな差となって跳ね返ってくるのです。

>>>お金の勉強の本、一生モノの知識が身につき人生を豊かにする良書3冊

>>>お金持ちは、月に8時間を資産運用計画に費やす

 

スポンサーリンク

まとめ:期待される貯金額は高いから、まずはお金について勉強をしよう

DODAのデータを参考に、年齢別平均年収から期待資産額を算出しました。

予想を上回る資産・貯金額が求められます。

これは貯金だけでは到達困難であると思われました。

 

資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回りという公式を思い出せば

  • 収入アップ
  • 支出削減
  • 資産運用にお金を回す
  • 運用利回りの向上

この4つが、期待資産額到達へのKey point。

>>>お金のために働く世界から、お金が自分のために働いてくれる世界へ

 

まずは1日に20分程度、資産運用計画について学ぶと蓄財優等生に近づけます。

あなたは蓄財優等生ですか? それとも劣等生でしたか?

 

以上、【平均年収から年齢別の期待資産額を計算したら、予想外に高額で驚いた】でした。

 

合わせてどうぞ

コメント