投資で最重要なのはアセットアロケーション、リターンの9割が決まる

投資では、アセットアロケーション(資産配分比率)が最重だと言われます。

 

株式投資で成功する資産運用方針策定の5つのステップ

  1. 運用目的と、その達成の為の資産配分比率の策定(株式・債券など)
  2. 成長株/バリュー株、大型/小型株、国内/海外など株式ポートフォリオの決定
  3. アクティブ vs パッシブ比率の決定
  4. 個別ファンドの選択
  5. 個別銘柄選択、売買実行

 

このステップは、トータルリターンがアセットアロケーションでほぼ決まるというデータに基づいています。

ですから個人投資家といえども、資産配分比率に気を配ることは大前提。

 

そこで、本記事では、アセットアロケーション(資産配分比率)とは何かについて考察していきます。

 

スポンサーリンク

アセットアロケーション(資産配分比率)は重要:トータルリターンの88%が決まる【バンガード編】

The Global Case for Strategic Asset Allocation (Wallick et al., 2012)

 

上の円グラフは、1962年~2011年12月末にかけて、米国の518のファンドのリターンをみたデータです。

 

資産配分比率の設定が、トータルリターンに占める割合は

 

88%

 

銘柄選択やタイミング投資がトータルリターンに影響する割合は12%のみでした。

 

信じられないかもしれませんが、これはバンガード社の研究結果です。

 

もちろんこの研究以外にもエビデンスは多数存在します。

しかし一般的にはアセットアロケーションがトータルリターンの9割を決めると言われているのです。

 

スポンサーリンク

アセットアロケーション(資産配分比率)は重要:トータルリターンの90%が決まる【ウォール街のランダムウォーカー編】

投資の総リターンの90%は、投資家の選択したアセット・ミックスによって決まる。

投資の成功度合いのわずか10%弱が、選択された資産の中身、例えば具体的にどの銘柄や投資信託を選ぶことに依存するに過ぎない。

ウォール街のランダム・ウォーカーより

 

上は、米国株のおすすめ投資本のひとつ、ウォール街のランダム・ウォーカーからの引用分。

インデックス投資の教本でもある、バートン・マルキール著「ウォール街のランダム・ウォーカー」でも、資産配分比率の重要性が説かれています。

 

換言すれば

  • 個人投資家が時間をかけて実施している銘柄選択
  • インデックス投資家が懸命に算出している投資信託のコスト
  • 株価の上下動によって行うタイミング投資

 

これらは、アセットアロケーションの決定に比べて、リターンへの寄与度が小さかったのです。

 

ですからまずは現金比率を含む資産配分比率を決定しておくことがおすすめ。

大切であるからこそ、資産配分比率は1年に1回は確認しリバランスをしましょうよ、といわれています。

スポンサーリンク

アセットアロケーション:現金比率と株式比率の考え方

資産配分では、株式比率のおすすめな目安があります。

 

この株式比率の公式から、ポートフォリオにおける株式比率と現金比率の目安が推定できますね。

 

株式比率の目安

  • 20代:80~100%
  • 30代:70~90%
  • 40代:60~80%
  • 50代:50~70%

 

現金比率の目安

  • 20代:0~20%
  • 30代:10~30%
  • 40代:20~40%
  • 50代:30~50%

 

このようにアセットアロケーション、とくに株式比率と現金比率を決めた上で、次の投資選択を実行するのがおすすめです。

 

つまりまずはアセットアロケーション(資産配分比率)の重要性を知った上で、投資信託や株式の銘柄選択をするという手順ということ。

 

スポンサーリンク

株式比率と現金比率がアセットアロケーションの肝となる

上図は1800年代初頭に1ドルを投資したら、2006年にはいくらになっているかを示した棒グラフです。

ご覧のように長期投資においては株式が圧倒的に有利な金融資産でした。

ですからアセットアロケーションにおいては、株式比率を低く設定しすぎても好ましくありません。

 

上図の縦軸はやや見にくくなっておりますね。

対数グラフにして横軸は時間軸へと修正してみましょう。

株式比率が重要な理由:長期で最も上昇するのは株式だと証明されている

米国株の長期投資

出典:マネー研究所

 

上図は、1802年を起点とした長期投資における金融資産間の実質トータルリターン比較です。

米国株を語るうえでよく参照れるグラフですね。

ご覧のように、長期投資においては株式が有利でした。

 

ここで再度おさらいしましょう。

 

長期投資の総リターンの大部分は、資産配分比率で決まるのです。

 

ですから資産配分比率の中でもとくに株式比率を設定しておくことが重要でしょう。

そして株価大暴落のような万が一に備えた現金比率も同様に留意が必要です。

 

参考 貯金と株式投資、お金持ちへの近道はどっち?

 

スポンサーリンク

アセットアロケーションは最重要:株式投資で成功する運用方針策定の5ステップ

資産運用で成功する方法を、チャールズ・エリス著「敗者のゲーム」から抜粋していきます。

 

株式投資で成功する資産運用方針策定の5つのステップ

  1. 運用目的と、その達成の為の資産配分比率の策定(株式・債券など)
  2. 成長株/バリュー株、大型/小型株、国内/海外など株式ポートフォリオの決定
  3. アクティブ vs パッシブ比率の決定
  4. 個別ファンドの選択
  5. 個別銘柄選択、売買実行

 

アセットアロケーションの設定がまず大前提。

 

ですから運用目的と、アセットアロケーション(資産配分比率)の設定を忘れずにおきたい。

資産配分比率の設定は、個人投資家にとって低コストで高リターンが見込めるのでおすすめ。

 

銘柄選択や投資信託の比較をする前に、いちどアセットアロケーションを確認してみてはいかがですか?

 

 

関連記事の紹介

年齢別の株式比率を簡単に表した公式の紹介。100-年齢や、120-年齢といった式がアメリカでは汎用されています。

おすすめアセットアロケーション 株式比率は「100-年齢」
資産配分比率(アセットアロケーション)によって、投資リターンの9割が決まるとされています。 投資においてはそのくらい資産配分比率が大切だということですね。 それではおすすめアセットアロケーション(資産配分比率)とはどのよ...

 

40代後半からは個人投資家の投資パフォーマンスが下がっていくことも知っておきたいですね。

年齢別の株式投資リターン比較;40代以降はパフォーマンスが低下する
本記事では、年齢と株式投資パフォーマンスの関連を紹介します。結論をいうと、40代前半以降では個別株投資のリターンが低下するというデータがあるのです。 ですから、40代以降の投資家には要注目の内容となっています。 日本は高...

 

アセットアロケーションは1年に1回くらいは確認しておくといいですね

資産配分の比率、1年に1回の振り返りをしよう
資産配分でおすすめされている割合を振り返る 上表は、投資本のおすすめ資産配分比率の比較。 株式の割合が異なるのは、運用目的がそれぞれ違っているからでしょう。 しかしいずれにしても資産運用ではアセットアロ...