給料の手取りが増えない理由、サラリーマンは早めの対策を

スポンサーリンク

サラリーマンのあなた、「給料は増えているのに手取りが増えないなぁ」なんて思いませんか?

それもそのはず。

国の財政は厳しく、税金や社会保険料が毎年上がっていますから。

給料・手取が増えない原因

  • 給料の手取りが増えない要因は税金・社会保険料
  • ほぼ毎年増税されている
  • サラリーマンの手取は増えない

本記事ではサラリーマン給料の手取りが増えない理由とその対策について考えていきます。

給料の手取りが増えない原因・理由

「手取りが増えない」なんて悩んでいる場合ではありません。

2003年以降、サラリーマンの給料は毎年手取りが減っているのです。

15年間で50万円も!

驚きました。

これは給料の手取り金額減少の理由と対策を考えていかないといけません。

サラリーマンは特にね。

さっそく手取りが減っている理由と誰が影響を受けているのかを1つずつみていきましょう。

2003年

  • 原因 :ボーナスの厚生年金・健康保険料負担アップ
  • 対象者:ボーナスをもらっている人

2004年

  • 原因 :所得税の配偶者特別控除の一部廃止
  • 対象者:夫婦間で扶養者がいる人

(専業主婦 or パートの妻がいる夫 / 専業主夫 or パートの夫がいる妻)

*2004年から毎年、厚生年金保険料のアップが開始

2005年

  • 原因 :住民税の配偶者特別控除の一部廃止
  • 対象者:夫婦間で扶養者がいる人

(専業主婦 or パートの妻がいる夫 / 専業主夫 or パートの夫がいる妻)

2006、2007年

  • 原因 :所属税・住民税の減税措置が2年かけて廃止・縮小

2010年

  • 原因 :健康保険料のアップ

2011年・2012年

  • 原因 :15歳以下の年少扶養控除が廃止、16~18歳の特定扶養控除の縮小
  • 対象者:中学生以下の子どもがいる人、高校生の子どもがいる人

2013年

  • 原因 :復興特別所得税(復興増税)

2014年

  • 原因 :復興増税として住民税の均等割りが10年間にわたり1000円アップ

スポンサーリンク

給料の手取りが増えず、減り始めたのは2003年~

サラリーマン給料の手取りが減り始めた2003年は、どんな時代だったのでしょうか?

2003年の主な出来事

  • 六本木ヒルズがグランドオープン
  • さいたま市が政令指定都市に移行
  • ヌーブラが大ブーム
  • バカの壁(養老孟司)がヒット

2003年といえばいまから20年近くも前です。

10年ひと昔とは言いますが、あなたは何歳でしたか?

私は23歳でしたよ、あの頃は若かった。

給料の手取りが増えないことを直撃している氷河期世代以降のサラリーマン

サラリーマンの手取りが減り始めたのは2003年からです。

増税時代を生き抜いているのが氷河期世代ですね。

給料は増えるけど手取りが増えないと実感しているはず。

私もこの氷河期世代なのですが、給料・手取りが増えない理由を今回調べてビックリしましたよ。

毎年税金や社会保険料が増えているのですよね。

これでは手取りが増えないわけです。

やってられないですね。

ただし愚痴を言っても何も状況は変わりません。

安全な日本に生まれてきたことを感謝しつつ、税金などは適切に納めましょう。

そして手取り減少時代に際し、個人でとれる対策を考える必要があります。

2003年以降は給料の手取り金額が増えない時代なのです。

これからも手取り減少の傾向が続くのだろうと容易に想像できます。

サラリーマン、とくに氷河期世代より下の人たちはさっさと対応策を実行していきましょう。

氷河期世代とは?

1993年から2005年に就職をした世代のこと。

日本のバブル崩壊後の就職が困難であった時期と重なる。

大卒者でいえば1970年~1983年生まれ前後の人が該当する。

参考>>>複数の収入源を作る方法をどう考えていくのか?:会社員編

給料の手取りが増えない理由をみて、氷河期世代以降がとれる対策は?

diamond online

サクッと今すぐに始められる方法は何でしょうか?

働き手を増やす

  • ダブルインカムを目指す
  • 副収入を得る
  • 投資をしてお金に働いてもらう

節税制度を活用する

  • iDeCo
  • NISA
  • つみたてNISA

給料の手取り金額は減る方向に動いています。

まずは手取り金額を増やす方法を考えたいですよね。

我が家が実施している手取り金額を増やす方法

  • 米国株投資を実施中
  • NISA制度の活用中(つみたてNISA含)
  • 太陽光発電投資を開始予定

これからも少しずつ手取り金額を増やしていく予定です。

参考>>>サラリーマンが株式投資をしている割合、米国株投資の割合は?

もしあなたがサラリーマンで、手取り金額を増やす方法を何も実施していないのでしたら、今すぐ始めた方がいいですよ。

その前に本を一冊読むなら、深田さん著作がよいですね。

関連記事です

氷河期世代は就職後も苦難の時を過ごしています。

悲惨な氷河期世代とは何歳なのか? 1993年から2005年に就職をした世代のことを指す。 日本のバブル崩壊後の就職が困難であった時期

氷河期世代であろうがなかろうが、株式投資は少しずつ始めておくのがよい時代です。

氷河期世代の末路、給料は下がった 人手不足なのになぜ賃金が上がらないのかによれば、2010年から2015年にかけて給料は増

私はマネックス証券で米国株投資をしています。そして配当金の収入増を心掛けています。

アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思います。 米国株投資の環境が整備されてきているからです。 例えば