ダウの犬銘柄 2017年版 ~高配当に恋焦がれ~

スポンサーリンク

ダウの犬とは?

ダウの犬とは年末に以下の5つのステップを踏む投資戦略の事。

  • ①ダウ構成30銘柄を配当利回りの高い順に並べる
  • ②配当利回りが高い10銘柄をピックアップする
  • ③その10銘柄を同じ金額分購入する
  • ④1年間保有し続ける
  • ⑤1年後に上記①からやり直す

ダウの犬戦略の年次リターン

161106-dogs-of-dow-1

ダウ平均株価に対するダウの犬銘柄の勝率は高い。

高配当であり、割安に放置されている可能性が考えられる。

シーゲル教授の言葉を借りれば以下の通り。

ダウの犬戦略は、下落局面でプロテクターとなる配当の働きが確認できる。

1973年から1974年の弱気相場で、ダウ30平均リターンは26.4%下落したが、「ダウの犬」のリターンはなんと1.4%上昇している。

配当が下落を受け止めるクッションとなったのは明らかだ。

株式投資の未来より引用

さて、2016年12月31日時点におけるダウ30構成銘柄の高配当ベスト10はどうなったのか?

ダウの犬銘柄 2017年

シンボル 会社名 株価 配当
VZ ベライゾン 53.38 4.3%
PFE ファイザー 32.48 3.9%
CVX シェブロン 117.7 3.7%
BA ボーイング 155.68 3.7%
CSCO シスコシステムズ 30.22 3.4%
KO コカ・コーラ 41.46 3.4%
IBM アイ・ビー・エム 165.99 3.4%
XOM エクソン・モービル 90.26 3.3%
CAT キャタピラー 92.74 3.3%
MRK メルク 58.87 3.2%

昨年と比較すると

  • 脱落:【PG】プロクター&ギャンブル、【WMT】ウォルマート
  • 加入:【BA】ボーイング、 KO】コカ・コーラ

となった。

このようにダウの犬銘柄は一定ではなく、毎年変更される。

2017年版とともに、過去のダウの犬銘柄を知っておくのも有用だ。

参考 ダウの犬銘柄リストと年次リターン 2005年~

終わりに、

アメリカ株の個別銘柄へ投資したくなったら、まずはダウの犬銘柄から選択すれば大きな間違いは無い。

高配当であるために株価下落時のクッションにもなる。

私はジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来を教科書としている。

それが故に生活必需品、ヘルスケアセクターに注目している。

この2大セクターは高配当の常連であり、ダウの犬2017にはファイザー、コカ・コーラ、メルクの3銘柄がリストされた。

いずれも過去リターンが優れているシーゲル銘柄でもある。

2017年は要チェックだ。

See you!

参考 ダウの犬銘柄の配当利回り 2014年~

参考 歴代ダウ30構成銘柄リスト 2005年~


フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク