高配当なダウ構成銘柄リスト これがダウの犬戦略

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダウの犬とは?

ダウの犬とは以下の5つのステップを踏む投資戦略の事。

  • ①ダウ構成30銘柄を配当利回りの高い順に並べる
  • ②配当利回りが高い10銘柄をピックアップする
  • ③その10銘柄を同じ金額分購入する
  • ④1年間保有し続ける
  • ⑤1年後に上記①からやり直す

なので、年末になるとダウ30構成銘柄の配当利回りが気になるというもの。

過去リターンはダウ平均よりも優れているというデータがあるからだ。

161106-dogs-of-dow-1

 

ダウの犬 過去15年のリターンと銘柄は? 米国株の高配当戦略
株式投資が旺盛で研究も進んでいるアメリカにおいては、様々な投資方法が検証されている。 そのひとつが、「ダウの犬」。 ダウの犬とは? ①ダウ構成30銘柄を配当利回りの高い順に並べる ②配当利回りが高い10銘柄をピックア...

 

こうなってくると気になるのが、どの銘柄が「ダウの犬」に該当するか?

早速調べてみよう。

 

ダウの犬銘柄リスト

配当利回り順

161130-dogs-of-dow-list-2016

 

ここで注意を要するのが、ダウ30構成銘柄はちょこちょこ変わる という事。

例えば、【T】はアップルと2015年に入れ替わった。

銘柄入れ替えによって、【VZ】が2016年版ダウの犬銘柄No.1として位置付けられている。

 

2018年版のダウの犬銘柄はこちら

ダウの犬、高配当おすすめ米国株10銘柄【2018年版】
おすすめ高配当アメリカ株を知りたいと思う事はありませんか? そんな時にはダウの犬銘柄がまず思い浮かびます。米国でもおすすめされている投資手法のひとつですね。 本記事はダウ30構成銘柄の高配当利回り株の紹介。ダウの犬戦略です。 ...

 

また年末といわず今のダウの犬銘柄はどうなの? という時にはこのサイトが便利なので要チェック。

 

NYダウ平均株価 構成銘柄入れ替えの歴史を一覧にしてみた
NYダウ工業株30種平均とは? 日本では「ダウ工業株30種平均(ダウ平均)」、「ニューヨーク・ダウ」、「ニューヨーク平均株価」などと呼ばれる。 ダウ・ジョーンズ社による株価指数は、すでに1884年以降ダウ平均の名称で公表されていたが...

 

ダウの犬&配当貴族は、米国株投資でまず注目したい銘柄

ダウ構成銘柄かつ連続増配となると、ブルーチップのなかでも一歩抜きんでた株であろう。じつはダウ銘柄30のうち、7つが配当貴族インデックス構成銘柄である。

これらの企業は米国株投資をする上でまず注目しておくとよい。

 

  • 【CVX】シェブロン
  • KO】コカ・コーラ
  • 【XOM】エクソン・モービル
  • PG】プロクター&ギャンブル
  • 【MCD】マクドナルド
  • 【WMT】ウォルマート
  • 【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

ちなみにアメリカ株の配当金支払い時期は、若干遅れることがあるので要注意。主要インターネット証券では以下の通り。

  1. マネックス証券:おおむね1週間以内
  2. SBI証券    :おおむね1-2国内営業日
  3. 楽天証券   :おおむね1週間程度

 

See you!

 

ダウ30構成銘柄の連続増配年ランキング
NYダウ30の構成銘柄の配当支払い月を以前調べました。 そうすると気になってくるのが、配当利回りや連続増配年ですね。 しかし配当利回りは株価の上下により変動します。 なので連続増配年のみをリストにして残しておきましょう。 ...

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

NYダウ銘柄配当金投資
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント