【米国高配当株】ダウの犬銘柄のトータルリターン 2019年1H

ダウの犬は、おすすめできる米国株の高配当銘柄といえます。

2019年上半期におけるダウの犬銘柄が、どのような投資収益であったのかをみていきましょう。

スポンサーリンク

米国株の高配当銘柄;ダウの犬2019年

No.シンボル社名株価(USD)配当利回り(%)
1IBMアイ・ビー・エム113.675.52
2XOMエクソンモービル68.194.81
3VZベライゾン56.224.29
4CVXシェブロン108.794.12
5PFEファイザー43.643.3
6KOコカ・コーラ47.353.29
7JPMJPモルガン・チェース97.623.28
8PGP&G91.923.12
9CSCOシスコシステムズ43.333.05
10MRKメルク76.482.88

2018年12月31日終了時点、配当利回りは予想値

NYダウ構成銘柄なので、いずれも超優良株。

こうしたブルーチップに、価値よりも低い株価になったときに投資ができるといいですね。

2018年末は株価下落局面であったので、2019年上半期のトータルリターンは想像以上に大きくなっています。

スポンサーリンク

米国株の高配当銘柄;ダウの犬2019年上半期のリターン

順位シンボル社名2019年トータルリターン(%)株価(米ドル)配当利回り(%)
1CSCOシスコシステムズ27.8854.632.56
2IBMアイ・ビー・エム24.12137.94.7
3PGP&G20.88109.652.72
4CVXシェブロン16.57124.443.83
5JPMJPモルガン・チェース16.16111.792.86
 DIASPDRダウ工業株平均 ETF15.26265.852.12
6XOMエクソンモービル14.8676.634.54
7MRKメルク11.1883.872.62
8KOコカ・コーラ9.2350.923.14
9VZベライゾン3.7657.134.22
10PFEファイザー0.8943.323.32

2019年6月30日終了時点、配当利回りは予想値

 

2019年上半期における、SPDRダウ工業株平均 ETF【DIA】のトータルリターンは、15.26%でした。

 

高配当なダウの犬銘柄と【DIA】のリターンを比較すると、5勝5敗。

しかしダウの犬銘柄を均等加重投資をしたとすると、上半期の投資収益は14.55%となります。

つまり、2019年1Hは、ダウの犬投資法よりも、単純にNYダウ30指数に投資をしておいた方がリターンは良好だったわけです。

スポンサーリンク

ダウの犬投資法のリターンを見て思うこと

2019年上半期では、ダウの犬はNYダウ30やS&P500といった株価指数にアンダーパフォームしていました。

とはいえ、1年の半分が経過したにすぎません。

下期の高配当株リターンに注目しつつ、自分では【DIA】の継続保有としていきます。

 

以上、「【米国高配当株】ダウの犬銘柄のトータルリターン 2019年1H」でした。

 

コメント