4人家族の生活費はいくら? 家計簿公開を赤裸々に公開

スポンサーリンク

四人家族の家計簿公開、生活費はいくらなのか?

家計簿を赤裸々に公開します。

主婦雑誌では、いつだって節約や家計簿ネタが人気ですから。

他人の生活費が気になるのでしょね。

 

四人家族の我が家は積極的な節約をしていません。

なんとなく過ごしているズボラ家計なのですよ。

もちろん無駄遣いはしていないつもりです。

 

だから厳格な節約をせずに油断した家計簿だとこうなりますよ、という金額です。

節約術の使い手のあなたにとっては、ツッコミどころ満載かもしれません。

 

公開家計簿の基本情報

  • 住まい :都内の賃貸派
  • 家族構成:妻1人、子ども2人の合計4人家族
  • 職業  :楽天的サラリーマン
スポンサーリンク

4人家族で都内在住サラリーマンの生活費【家計簿の実際】

家計簿公開、4人家族・都内在住・サラリーマン

家計簿(4人家族・都内在住・サラリーマン)

 

2017年月額
合計439,000
食費87,800
趣味・娯楽70,600
教養・教育52,000
住宅50,600
日用品46,000
衣服・美容42,500
保険25,200
通信費19,300
水道・光熱費15,100
交際費12,000
税・社会保障10,300
自動車9,100
交通費8,300
健康・医療520

 

2017年の総支出を12で割ってみました。

わかりにくいので下二ケタは丸めています。

 

雑誌の家計簿特集の数字よりよっぽど正確です。

我が家はマネーフォワードで家計管理していますから抜け漏れは少ないです。

生活費が丸見えですね。

 

2017年、個人的には交際費をかなり削りました。

プライベートでお酒を飲む機会が激減したのです。

これはマネーフォワードとブログを始めた効用です。

 

しかしながら厳しい節約をしていない我が家の家計簿では、月額40万円以上はどうしてもかかってしまう。

もう少し節約できそうな気はします。

旅行代(趣味・娯楽費)や、保険料・通信費はもう少し削れそうです。

 

節約ネタブログでも始めようかとも思ったりします。

 

そんなこと言いながらもう数年が経っていますね。

節約をつきつめるよりは、収入増を目指す方が性格に合っているのかもしれません。

自分に合った方法でお金を貯めていきたいものです。

 

スポンサーリンク

4人家族の生活費、家計簿の金額から見えてきたこと

子供が二人いる我が家、本当なら夫婦で節約をしっかりとするのが吉。

しかし夫婦二人ともがのんびりした性格なのか、節約術はなかなか浸透していません。

そんな我が家の家計簿でも、2016年と2017年を比較してかなり支出抑制できている項目がありました。

 

衣服・美容費です。

 

我が家の衣服・美容費

  • 2016年:49,6070円
  • 2017年:38,9339円
  • 差額 :-10,6731円

 

去年と比較して10万円以上の節約ができています。

 

何が良かったのかをふりかえると、ちょっとした私服や子供服をnissenで購入するようになっていたのです。

私は全然関知していないのですけどね。

 

通販なのでネットで簡単に注文できるうえにリーズナブルな価格なので家計にやさしいようです。

子ども達も新しい洋服は喜んでいます。

ブランド品だろうが、通販だろうが、子どもには関係ないですからね。

 

ズボラ家計でもできる節約術はあるのです。

スポンサーリンク

生活費を知るために家計簿をつけて、4人家族の人生を豊かにしよう

資産形成=(収入-支出)+資産×運用利回りの公式があります。

ズボラ投資で資産運用ができる時代です。

ならばズボラ家計だって資産形成は可能だと思いたいですね。

 

それと節約(支出抑制)だけではなく、収入アップや投資元本を確保することをすすめていきたいです。

節約したとしても支出をゼロにできるわけではないのですから。

 

家計簿をつけながら私の3つの証券口座と、子供名義の口座で資産形成をしていきます。

 

  1. マネックス証券:米国株配当成長ポートフォリオ
  2. SBI証券    :インデックス投信積立
  3. 楽天証券   :つみたてNISA口座

 

家計簿にしろ資産運用にしろ、お金を増やして選択肢を増やし人生を豊かにするための手段にすぎません。

これからも家族とハッピーな時間を過ごしていきたいと思います。

 

 

関連記事の紹介

家計簿だけではなく、積立投資の運用成績も公開中です。(つみたてNISA、企業型確定拠出年金、ウェルスナビ、ニッセイ外国株式インデックス等)

積立投資のリターンを公開中
私はインカム投資を心掛けています。 投資の目的が経済的自由の獲得にあるから。 したがって米国株投資のKPIは、配当金や分配金。 ところがインデックスファンドの積立投資を併用している。 ではなぜインデッ...

 

株式投資から得られる配当金額も公開しています

配当金集計
「配当金集計」の記事一覧です。

 

節約もいいですが、収入源を増やすことも家計にとって大切なリスク分散です

複数の収入源を作る方法をどう考えていくのか?:会社員編
複数の収入源が少しずつ形になってきた 上図は収入源の複線化を図式化したものです。 緑色が2018年に予定している収入源です。 金額の多い少ないは加味していません。 サラリーマンをのんびりと続けてい...

コメント