年収2000万円会社員の自己投資術

スポンサーリンク

年収2,000万円な会社員は、自己投資への意識が高い

年収2,000万円を稼ぐサラリーマンは、自己研鑽を怠らない。

常に自身のキャリアプランに応じた自己投資をしているのだ。

だから年収2000万円という域に達しているのかもしれない。

 

卵が先か鶏が先か。

 

いずれにせよ、年収2000万円というのは、ノープランでは達成が困難なのであろう。

今回、年収2,000万円の会社員に、自己投資術の実施状況を聞き取り調査した。

 

本記事では、

  • 年収2000万円サラリーマンは、どんな自己投資をしているのか?
  • 時間の有効活用方法は?
  • アンケートから学んだ、年収2000万円のまとめ

を記録していく。

スポンサーリンク

年収2,000万円の自己投資術

大手ヘルスケアセクター企業の部長は、一般的に年収1,500万円~と言われている。

その中でも、年収2,000万円を稼いでいるであろうシニアディレクター/ディレクターを対象に、自己投資術を聞いてみた。

あくまでも限られたセクターでの話というリミテーションがあることはご留意頂きたい。

50代からのMBA取得の勉強中

  • 年齢;50代前半
  • 性別;男性
  • 学位;学士
  • 英語;ぎりぎり
  • 職位;シニアディレクター

現在行っている自己投資は?

  • 英語
  • MBA取得

その理由は?

  • 子供が幼く、あと20年程度は働く必要があるため
  • 会社員として生き残りが厳しい時代に突入するため、自分の弱みを潰していく

 

感想

  • 家族プランから、キャリアプランを考え、そこからどんな自己投資が有用かを考えるって大切。

医師として、臨床は捨てられない

  • 年齢;50代前半
  • 性別;男性
  • 学位;医師、医学博士
  • 英語;楽々
  • 職位;シニアディレクター

現在行っている自己投資は?

  • 月数回の開業医バイト

その理由は?

  • 10年以上前に臨床医からメーカー勤務へとシフトしたが、医師として臨床は捨てられないため

 

感想

  • ヘルスケアカンパニー勤務の医師には、医師であるがゆえの葛藤があるのだろう。

 

40代前半からのUSCPA取得へ活動中

  • 年齢;40代前半
  • 性別;男性
  • 学位;医学博士、MBA
  • 英語;楽々
  • 職位;ディレクター

現在行っている自己投資は?

  • USCPA

その理由は?

  • キャリアゴールとして社長を目指しており、そのためには会計知識が必須と考えるため

 

感想

  • この方、物凄いスキルの持ち主。いずれ、どこかの社長になるでしょうね。

40代前半からの公衆衛生学修士

  • 年齢;40代前半
  • 性別;女性
  • 学位;医学博士、
  • 英語;ネイティブ級
  • 職位;ディレクター

現在行っている自己投資は?

  • 公衆衛生学の修士講座

その理由は?

  • 仕事の幅を広げるため

 

感想

  • この方、旦那さんも働いており超パワーカップル。お金には困っていないけど、自己実現のために、自己投資をしている。

40代前半からの修士講座

  • 年齢;40代前半
  • 性別;男性
  • 学位;薬学修士
  • 英語;楽々
  • 職位;ディレクター

現在行っている自己投資は?

  • 修士講座

その理由は?

  • 専門知識を深めるため
  • 英語スキルの向上が終わったので、次のスキルアップを実行中

 

感想

  • 自己投資への意識がめちゃめちゃ高い部長さん
スポンサーリンク

年収2,000万円会社員は、長時間労働というわけではない

巷では、出世をし年収が高くなると責任が重くなり、かつ労働時間が長くなると思われているようだ。

しかし実情は違う。

責任は重くなるが、労働時間は長くない。

 

むしろ、労働時間は短くなっているように見える。

自己研鑽の時間が必要となるために、労働時間は極力短くする努力をしているからだ。

 

なにせ労働時間が長いと、自分のスキルをあげる時間がとれない。

そうなると、会社員としての価値が目減りし、年収2,000万円を維持できなくなる可能性があがる。

だから年収2,000万円の会社員が、長時間労働とはいえない。

 

生産性向上への意識が極めて高いのだ。

スポンサーリンク

兼業投資家として、給料2,000万円にむけた自己投資か、お金がお金を稼いでくれる株式投資かを考えなくてはならない

ここで視点を兼業投資家に移す。

兼業投資家とは、会社員の給料と資産運用から得られる収入を併せ持つ。

つまり年収を上げるためには、給料 or 投資 or それ以外 という選択肢がある。

収入に関し総合力勝負をするなら、いずれの方法がより効率的かを考える必要が出てくる。

会社員でも投資家でも、キャリアプランや資産運用のグランドプランが必要

経済的な視点からは、会社員であっても投資家であっても、ある程度の計画があるとよい。

グランドプランに則り、戦略・戦術を練っていくわけだ。

キャリアプランにしても、投資計画にしても同じ。

 

結局は、自分がどうなりたいのか、というビジョンを持っておくことが良いのだろう。

目標さえ決まれば、あとは達成にむけて行動するのみだ。

費用対効果、時間帯効果など、生産性向上を意識する

人生では、限られた時間をどう配分するのかが大切である。

資産運用も同じで、お金をどう配分するのか、アセットアロケーションが投資収益の多くを決定づける。

つまり、時間帯効果、費用対効果の向上を意識するのがよい。

 

もちろん、人生にもハンドルにもあるいはお金にだって、遊びは必要だ。

窮屈なばかりでは、楽しくない。

何のために生きているのか分からなくなってくる。

 

とはいえ、年収2000万円を会社員で成し遂げようと思ったら、効率重視がよさそう。

そして年収2,000万円あると、自己実現への道がさらに拓ける。

 

どうやって年収2,000万円に到達するのか、その方法は千差万別。

私が聞き取り調査した5名の年収2,000万円会社員は、いずれも時間とお金をつかって、自己投資をしていた。

会社員としての収入アップにむけ、何かしらのヒントになりそうだ。

 

以上、「年収2000万円会社員の自己投資術」でした。

 

コメント