イギリス株、おすすめ高配当銘柄ADRのまとめ

イギリス株といえば高配当ADRが注目されています。

英国株は外国源泉徴収税率が0。

ですから英国株ADRの受取配当金には、日本株とほぼ同じ税金しかかからないのです。

 

英国株ADRのメリット

  • 高配当銘柄が多い
  • 配当金にかかる現地課税率が低い

 

そこで本記事では、イギリス株投資に適した高配当銘柄ADRをまとめてリストアップしました。

 

スポンサーリンク

英国株;高配当銘柄のADRリストには、おすすめできる投資先が多い

注:リンク先は銘柄紹介記事

 

上表は、マネックス証券で購入可能なイギリス銘柄ADRのリストです。

高配当利回りの英国株が並んでいます。

日本でも馴染みのある多国籍優良企業ばかりですね。

スポンサーリンク

イギリス株高配当利回り投資のメリット・デメリット

英国株投資のメリットは、高配当かつ低税率

 

  • 英国株は高配当利回り企業が多い
  • 外国源泉徴収税がかからない
  • 世界的な多国籍企業でディフェンシブ銘柄が多い

 

英国企業は配当金を重視する傾向があります。

しかも現地課税率が低い。

ですから日本のインカムゲイン投資家にとってはメリットが多いですね。

 

日本からADRを通して高配当英国株に投資をすることは、よい選択肢となってきます。

英国株投資のデメリットは、情報が少ないことと、為替リスク

英国高配当利回り株投資のデメリットも存在します。

  • 情報入手が簡単ではない
  • 為替リスク、ドル建て・円建て・ポンド建ての評価が困難

 

イギリス株に関する情報が少ないことはデメリットです。

米国株投資をするよりも情報入手が難しいでしょう。

 

さらに英国株投資には為替リスクがあります。

イギリス株ADRには円をドルに換えて投資をします。

英国高配当株ADRはポンドをドル建てで評価した商品となるのです。

 

円・ドル・ポンドと3つの通貨を経るわけです。

英国株の理解が難しくなります。

スポンサーリンク

注目する英国株;高配当ADRへの一言コメント

グラクソスミスクライン【GSK】は高配当なヘルスケアセクター大手銘柄

  • とにかく大手製薬会社
  • しかも高配当
  • イギリス株で配当の税金はお得

 

GSK グラクソスミスクラインは高配当利回りの医薬品企業
GSK、グラクソスミスクラインとはイギリスに本社を置く医薬品売上ランキング第5位のヘルスケア企業である。イギリス株であるので日本から投資をする場合にはADRとして購入が必要な銘柄だ。 イギリス銘柄は外国源泉徴収税がゼロというこ...

 

ロイヤルダッチシェル【RDS.B】は超高配当なオイルメジャー

  • 7%ちかくの超高配当
  • エネルギーなくして人類の発展なし
  • 株主還元をドル建てで考えている

 

ロイヤルダッチシェル【RDS.B】は高配当株、ドルの配当金に注目
ロイヤルダッチシェルとは配当利回り7%前後の、超高配当銘柄です。 しかもロイヤルダッチシェルはドルベースでの配当金を10年以上も下げていないという特徴をもちます オイルメジャーは株主還元に力をいれていますが、ロイヤルダッチシェル...

 

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】は、米国にも進出しているたばこ株

  • やみつき、常習性は利益に
  • イギリスは前覇権国なので世界各地に展開済
  • ディフェンシブなタバコセクター
ブリティッシュアメリカンタバコBTIは配当・株価に注目したい銘柄
BTI、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ とはイギリスのたばこメーカーである。タバコ売上高ランキング世界第2位とも3位ともいわれる巨大企業だ。BATともいわれる。 BTIはイギリス銘柄なのでADRとして購入する必要がある株だ。 ...
スポンサーリンク

英国株;高配当ADRは、ポートフォリオのスパイスにおすすめ

証券取引所の時価総額ランキングをみると、ロンドン証券取引所は第3位に位置付けられます。

  1. ニューヨーク証券取引所
  2. NASDAQ
  3. ロンドン証券取引所

 

世界分散や地域分散という観点からは、イギリス株をポートフォリオに組み込むのも一つの手です。

保有銘柄へのスパイスとして、イギリス高配当株はおすすめでしょう。

私もいくつかの銘柄を保有しています。

 

ちなみにアメリカ株・英国株の配当金支払い時期は、若干遅れることがあるので要注意。

主要インターネット証券では以下の通りです。

  1. マネックス証券:おおむね1週間以内
  2. SBI証券    :おおむね1-2国内営業日
  3. 楽天証券   :おおむね1週間程度

 

海外株投資の際、買付金額と配当金受け取り時期は、よく見ておきたいですね。

米国株・海外ETF取引で、手数料負けしない売買金額とは?
米国株投資はマネックス証券・楽天証券・SBI証券から選ぶ 2019年7月に主要ネット証券3社は、米国株取引手数料の下限を引き下げました。 この結果、米国株では少額投資が手数料負けをすることなく実施可能となったのです。 ...
スポンサーリンク

配当金に注目したポートフォリオを構築中

私は配当金に注目したポートフォリオを作っています。

インカムゲインを得つつ、配当成長の恩恵を受けるためです。

万が一の暴落の時にも、減配しない銘柄を中心に選んでいます。

 

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。

保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

 

マネックス証券と相性抜群→ジャパンネット銀行

マネックス証券への即時入金サービスの対象金融機関で、日本で唯一Tポイントの現金交換が可能な銀行です。

 

イギリス株の高配当株のまとめ

 

米国株で配当金について注目している銘柄まとめ

コメント