スポンサーリンク

ピアソンPSOは高配当のイギリス銘柄、世界最大の教育サービス会社

ピアソン PSOとは、ロンドンに本部を置く世界最大規模の教育サービス会社である。70ヵ国以上で事業を展開している。日本からはADRで投資可能な高配当利回りのイギリス銘柄だ。

150年以上の出版業界の知識と最先端のテクノロジーを生かし、多角的な教育ビジネスを展開している。

本記事では高配当英国株のピアソンPSOの銘柄分析・紹介をする。

スポンサーリンク

ピアソンPCLの戦略は、教育サービスとテクノロジーの融合化

ピアソンの戦略、出典:PSOホームページ

ピアソンは、子供から大人まで、世界中の皆様が知識やスキルを深めることをサポートする。さらにより大きな可能性に挑戦する機会を広げ、人生をより豊かなものにするお手伝いをすることがピアソンの使命であり、永遠の目標である。

このミッションを達成するために、世界各地で教育コンテンツのデジタル化を促進している。

売上の3本柱は教育ソフトウェア、アセスメント、サービス

ピアソンの売り上げ構成、出典:PSOホームページ

2016年度におけるピアソン(PSO)の製品・サービス別売上高割合を示している。

  • 教育ソフトウェア48% (2,200百万ポンド)
  • アセスメント  30% (1,344百万ポンド)
  • サービス    22% (1,008百万ポンド)

アセスメントとは知識レベルを評価をするためのテストなどをさす。

ピアソンはイギリス企業だが、売上の65%は北米から

ピアソンの地域別売上高比率、出典:PSOホームページ

PSOとはイギリス銘柄ではあるものの、北米からの売上が65%を占める。地域別売上高比率は以下の通り。

  • 北米エリア :65% 2,981百万ポンド
  • コア地域  :18% 803百万ポンド
  • グロース地域:17% 768百万ポンド

世界70か国以上で教育サービスを展開中

ピアソンの販売展開国、出典:PSOホームページ

  • 北米エリア:アメリカ50州+カナダ
  • コアマーケット:イギリス、オーストラリア、イタリア
  • グロースマーケット:ブラジル、中国、インド、南アフリカを中心

PSOの5年トータルリターンはFTSE100に劣後している

PSOのKPI、出典:ピアソンPLCホームページ

2016年のPSOアニュアルレポートによると、過去5年の株主トータルリターンはマイナスであった。

  • PSO:-15.6%
  • FTSE100:54.5%
  • FTSE all share:61.8%
  • FTSE all share メディア:126.2%
  • STOXX600メディア :107.3%

しかしここでPSOの経営陣は強気のコメントをしている。今後のピアソンの戦略を遂行し、より強くシンプルな企業にすることで企業価値を創造する。

2020年までにコスト削減策をすすめる

PSOのコスト削減計画、出典:PSO IR

ピアソンは株主リターンの向上のために、コスト削減計画を打ち出した。2018年~20年までの3か年計画である。合計で300百万ポンドの経費削減となる予定だ。

ピアソン PSOの業績

株価指標

2017年9月15日
ティッカー PSO
株価 7.69
PER N/A
EPS -3.56
配当 9.6%
配当性向 N/A
配当月 5/9月
増配年 N/A
増配率(5年)  N/A
増配率(10年)  N/A
β 0.27

PSOは超高配当株となっている。しかしながらEPSはマイナスを記録しており、たこ足配当である。

直近10か月PSOの株価チャートはこちら。

finviz dynamic chart for  PSO

売上高と利益率

ピアソンの売上高推移

ピアソンの売上高はここ10年では横ばいである。2016年の

キャッシュフロー

ピアソンのキャッシュフロー

PSOのキャッシュフローは、2013年から激減しており近年の経営状態の厳しさがうかがえる。

配当金状況

ピアソンの配当金支払い推移

オレンジ色の配当金は大きな減配はしていない。2012年以降はEPSが配当金を下回るいわゆる、たこあし配当になっている。PSO株主は、半年毎の決算に注目せずにはいられないだろう。

PSOに投資する際のリスク

ピアソンのリスクとしてまずはデジタル化の波が挙げられる。現在は寡占的な市場であっても、技術革新によって教育分野でも競合他社が台頭する可能性がある。

教育教材はこれまでは伝統的な内容が用いられていたが、これからはより頻繁に更新されなおかつカスタマイズされた教材の需要がふえるだろう。これは開発コスト上昇につながる。

ピアソンの主要売上国はアメリカである。その北米エリアでは大学入学者数が減少している。さらに同社は北米でのテスト契約を失効しておりその期間中に大規模リストラを2度計画した。

私見

超高配当なイギリス株であるピアソンPSOへの投資についてはあまり前向きになれない。いまの高配当利回りが将来的にも継続するのか疑問であるからだ。

以上、ピアソンの紹介でした。

See you!

著者はPSO株を保有していません。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にUL株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

関連記事の紹介

イギリス高配当株といえばまずはタバコ。

BTI、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ とはイギリスのたばこメーカーである。タバコ売上高ランキング世界第2位とも3位ともいわれる巨大企業だ。BATともいわれる。 BTIはイギリス銘柄なのでADRとして購入する必要がある株だ。 ...

ヘルスケアセクターの超大手、GSKは高配当イギリス株の代表格。

GSK、グラクソスミスクラインとはイギリスに本社を置く医薬品売上ランキング第5位のヘルスケア企業である。イギリス株であるので日本から投資をする場合にはADRとして購入が必要な銘柄だ。 イギリス銘柄は外国源泉徴収税がゼロというこ...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク