ナショナルグリッドNGGは、配当金と増配が魅力のイギリス公益企業

スポンサーリンク

ナショナル・グリッド NGGとはイギリスの公共事業持株会社である。事業はイギリス送電、イギリスガス輸送、イギリスガス販売、米国規制事業の4部門で構成されている。

NGGの設立前、イングランドとウェールズの電力事業は国営企業であった。1990年に国営電力会社が解体され、ナショナルグリッドが送電事業を請け負ったという歴史を有する。

日本から投資をする際にはADRを購入するのが一般的だ。イギリス株なので配当金への税金が少しお得である。イギリスのADRは外国源泉徴収税がかからないのだ。

本記事はイギリス高配当株シリーズの一環である。銘柄分析とまではいかないのだがディフェンシブな英国高配当株NGG の企業紹介をしたい。

もし他の英国高配当株ADRを知りたいならこちら。

イギリス銘柄といえば高配当ADRが注目されています。 外国源泉徴収税率が0ということで、受取配当金は日本株とほぼ同じ税金しかかからない

ナショナルグリッド【NGG】とは市場価値ランキング世界5位の公益会社

公益会社の市場価値ランキング、出典:STATISTA

電力やガスなどインフラは世界のどこにいっても必須である。その公益会社の市場価値ランキングをみると、ナショナルグリッドは世界第5位となっている。

  1. ネクストエラ・エナジー NEE(アメリカ)
  2. デュークエナジー DUK(アメリカ)
  3. サザンカンパニー SO(アメリカ)
  4. ドミニオンリソーシズ D(アメリカ)
  5. ナショナルグリッド NGG(イギリス)
  6. エネル(イタリア)
  7. イベルドローラ(スペイン)
  8. 中国長江電力(中国)
  9. エンジー(フランス)
  10. パシフィック・ガス&エレクトリック(アメリカ)

スポンサーリンク

ナショナルグリッド【NGG】は、米英にまたがるイギリス企業

ナショナルグリッドの事業、出典:NGG IR

ナショナルグリッドは英国企業である。それでもしっかりとアメリカに事業展開をしている。

  • 米国規制事業:42%
  • イギリス送電:30%
  • イギリスガス販売:14%
  • イギリスガス輸送:9%
  • その他:5%

米英にまたがるディフェンシブ株ということになる。

ナショナルグリッド【NGG】は、従業員の安全性に気を使っているガス・電力会社

電力やガスその他インフラ企業というのは、実は危険な作業を伴う事が多い。なので公益会社は従業員の安全性に気をつかう。ナショナルグリッドも同様であり、従業員のけがによる時間喪失割合は年々低下していると強調する。

ナショナルグリッド NGGは連続増配銘柄

ナショナルグリッドの配当金、出典:NGG IR

NGGはポンド建てでみると25年連続増配株なのだ。株主向けプレゼンテーション資料でも配当金を強調している。

2017年5月にADRの株式併合を実施した。12ADRを11ADRとして特別配当を出したのだ。これにより連続増配の歴史がどうかわるのかは不明である。

ナショナルグリッド NGGの業績

ナショナルグリッド【NGG】の株価指標

2017年9月15日
ティッカー NGG
株価 65.38
PER 18.42
EPS 3.55
配当 4.47%
配当性向 79%
配当月 1/8月
増配年 25年
増配率(5年)  3.1%
増配率(10年)  6.4%
β 0.43

ナショナルグリッドはディフェンシブな公益セクターに所属する高配当株である。イギリス銘柄らしく、半年毎の配当金支払いとなっている。

ポンドベースで連続増配25年であるが、ドルベースや円建てでは為替の影響をうけるので要注意。

ナショナルグリッド【NGG】の株価(直近10カ月)

finviz dynamic chart for  NGG

ナショナルグリッド【NGG】の売上高と利益率

ナショナルグリッドの売上高推移、出典:NGG IR

NGGの売上高をみると鉄壁のディフェンシブ銘柄だと分かる。

ナショナルグリッド【NGG】のキャッシュフロー

ナショナルグリッドのフリーキャッシュフロー推移

素晴らしい安定感。公益セクターがディフェンシブと言われる理由がよくわかる。

ナショナルグリッド【NGG】の配当金状況

ナショナルグリッドの配当金推移

ナショナルグリッドはイギリスの連続増配銘柄である。増配年は25年。オレンジ色の配当金推移をみれば、綺麗な右肩上がりとなっている。これはポンド建ての数値だ。

さらに青色のEPSをみても基本的には右肩上がりとなっている。ディフェンシブ銘柄を好む投資家にとってNGGは要注目の銘柄である。

ナショナルグリッドNGGに投資する際のリスク

ナショナルグリッド NGGは公益セクター所属でありディフェンシブな側面を強く有する。しかしこのような電力・ガス会社は規制によって守られている。NGGはイギリス企業であるので、イギリス当局からは今後もおそらく保護されると予想される。

一方でNGG売上の42%を占めるアメリカにおいては規制当局の動向に注視が必要だ。

ナショナルグリッド【NGG】に対する私見

ナショナルグリッド NGGとは、個人投資家に多くのメリットを有する。

  • ディフェンシブな公益セクター
  • 超大手で安定したキャッシュフロー
  • 連続増配銘柄
  • イギリス銘柄なので、配当金の税金に旨味有り

安定を好むインカムゲイン投資家にとって注目株となるであろう。

著者はNGG株を保有していません。この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にNGG株の投資を推奨することを目的として書いていません。投資判断はご自身で行ってください。

米国株と英国ADRで、配当金に注目したポートフォリオを構築中

私は配当金に注目したポートフォリオを作っています。

インカムゲインを得つつ、配当成長の恩恵を受けるためです。

万が一の暴落の時にも、減配しない銘柄を中心に選んでいます。

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。

保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

マネックス証券と相性抜群→ジャパンネット銀行

マネックス証券への即時入金サービスの対象金融機関で、日本で唯一Tポイントの現金交換が可能な銀行です。

イギリス株の高配当株のまとめ

米国株で配当金について注目している銘柄まとめ

コメント

  1. さっちゃん より:

    初めまして。
    保有されていない中での質問すみません。
    NGGは米国の事業の割合が結構多いようですが、現地での課税はそのぶんされるのでしょうか?

    • はちどうきゅうどう より:

      さっちゃんさん、
      こんにちは。
      NGGの配当金には現地課税がされるのか? というご質問だと理解しました。
      答えはNo.
      NGGの場合、配当金の二重課税は避けられます。

      NGGはイギリス株であり、日本の証券会社経由ではADRで購入が可能。
      イギリスやオーストラリア企業のADRは配当金に現地課税がかかりません。
      ですからナショナルグリッドの配当金には二重課税がされません。

      お得な感じがしますよね。

      ご質問ありがとうございました。

  2. さっちゃん より:

    お返事ありがとうございます。
    考えてみたらそうですよね。
    フィリップモリス等と混同して、少し勘違いした質問をしてしまいました。
    失礼しました。