スポンサーリンク

長期投資における配当金の重要性~年金運用からの学び~

長期投資において、配当金・インカムゲインの重要性は高い。

今回は長期運用を前提としているGPIFの年金運用から、配当金の意義を考察する。

年金積立金の市場運用を開始した 2001(平成 13)年度から2016(平成 28)年度までの運用状況が公開されたのでそのデータを用いる。

  • 累積運用収益額 :53兆3,603億円
  • 累積利子・配当額:28兆 808億円

ここから単純計算すると、GPIF運用収益の53%が利子・配当金となる。

長期投資において、いかにインカムゲイン・配当金が重要であるのかが分かるでしょう。

スポンサーリンク

年金運用GPIFは、長期投資を前提としている

情報源はすべてGPIFホームページ

まずは左側のグラフを見てみよう。

2016年6月に、ブレグジッドショックの影響で株価下落したことが見て取れる。

さらにここに円高が追い打ちをかけたのは記憶に新しい。

2016年後半になると、トランプ大統領誕生による財政政策への期待や円高解消により株価がぐんぐん上がっていった。

債券と株式の逆相関は崩れていると最近指摘されている。

だから債券への投資は無意味でないかとさえ言われている。

それでも2016年の状況を見る限りは債券・株式をバランスよく保有することはしっかりと意義があった。

やはりアセットアロケーションは重要だと再認識させられる。

右側の円グラフに目を向けると、GPIFのアセットアロケーションへの意志が見て取れる。

想定よりも内外の株式・債券すべてで低めの保有割合となっているのだ。

その分、短期資産を8.89%と多く保持している。

ここで、前回2016年第3四半期時と比較してみよう。

短期資産比率

  • 2016年12月:6.46%
  • 2017年3月 :8.89%

3か月の間に、2.5%近く短期資産割合が上昇している。

GPIFはリスクオフの時期であると判断しているのだろう。

参考年金が不安なら現状を知れ! 平成28年度第3四半期運用状況

GPIFの長期運用実績

2016年度の収益率:+5.68%

過去16年の収益率 :+2.89%/年

運用資産額は2016年度末で、144.9兆円にものぼる。

2001年以来の四半期毎の累積収益額・率をみると、運用は順調であるように見える。

2016年度末での収益額は、+53.4兆円となっている。

インフレ率が低値である我が国においては、2.89%/年の運用利回りで充分であろう。

「GPIFで10兆円以上の運用損失」のニュースが飛び交ったのは昨年であったか。

きっとそのニュースを書いたのは、注目を集めたいだけか、上図を見ていないのかもしれない。

なにせこれまでのところ、年金運用に失敗の痕は見られない。

むしろ予定通りの成功と言っていいと思う。

今後は暴落が来たときのマスコミの報じ方と、GPIFの対応に要注目。

現在社会において情報の真偽確認と取捨選択は、受け取る側にも求められているのだ。

参考?あなたは暴落への対応策を用意していますか?

GPIFの長期投資では、利子・配当金収入の割合が高い

インカムゲインという言葉には違和感を感じるが、利子・配当収入をGPIFでインカムゲインと表しているので、これはもう国のお墨付きを得た和製英語である。

この図を見ると、累積収益額=キャピタルゲイン+インカムゲインとなる。

赤線の累積収益額は年度によって大きく上下している。

一方のインカムゲイン累積額は安定成長、右肩上がりを示す。

つまりキャピタルゲイン(市場取引価格で計算した実現・評価損益)の動きが大きかったことを意味している。

GPIFの運用報告書でも以下のように述べられている。

管 理 運 用 法 人 の 収 益は、時 価 評 価され ており、インカムゲイン( 利 子・配 当 収 入 )とキャピタル ゲイン( 価 格 変 動による損 益( 実 現 損 益と評 価 損 益 ))に分けることができます。

年 金 積 立 金 の 運 用は、基 本ポートフォリオを定 め、これを長期にわたり維 持 することにより収 益を得 て いくものであるため、保 有して いるだけで 一 定 の 収 益が 見 込 めるインカムゲインは 重 要 で す。

特に、キャピタル ゲインは 市 場 価格 の 変 動により短 期 的には 評 価 損となることもありますが、インカムゲインは 市 場 変 動 の 影 響を受けにくく、かつ、常にプラスの収 益を得ることができます。

参考配当金狙いなら、アメリカ株投資が良い

長期投資における配当金の重要性

長期投資を行う上で、非常に参考になるデータだ。

16年間にわたる運用の結果、その収益の53%が利子・配当金によるものであった。

GPIFのように厳格にアセットアロケーションやポートフォリオのリバランスを維持した場合の結果である。

配当ファーストという方針ではないのにも関わらず。

おまけにこの運用結果は、日本円によるものである。

長期投資を心掛ける日本人にとっては必見。

トータルリターンに目を向ける。

最近でこそGPIFは株式比率を高めている。

その結果が、2016年度の利回り+5.68%

自分のリスク許容度と、目標利回りを考える際には覚えておきたい数字だ。

長期投資ではインカムゲインの寄与度は高い

16年に及ぶGPIFの運用結果は見どころがたくさんある。

その中で私は配当金に着目している。

自分自身に応用したいと思う部分であるからだ。

GPIFの累積収益を見る限り、インカムゲインの寄与度は高い。

安定している配当金を心の支えに長期投資をすることは、個人投資家にとっては間違いではないはずだ。

なにせGPIFもそのように謳っているのだから。

あとは投資元本を大きくするのみ。

以上、「長期投資における配当の重要性~GPIF運用からの学び~」でした。

あなたは配当金が好きですか?

See you!

配当金の重要性に関してはこちら

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク