配当金生活への道程、2016年の年間配当を公開

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年の額面配当金は、571,314円であった。

そして2016年の目標は、66万円(税引前)としていた。

はたしてその結果はいかに?

 

スポンサーリンク

2016年の年間配当金

額面 :649,190円

税引き後:527,999円(内訳:3,502.43ドル + 146,842円)

であった。

 

目標の額面66万円には惜しくも到達できず。

無念。

 

ちなみに2017年の配当金(税引き前)の目標は、74万円に設定した。

来年は絶対に達成してやる!

 

そのためには、2016年に何が不足していたのかを振り返ろう。

 

配当金の振り返り

2016年の追加元本は、320万円であった。

これだけの増資をしているのにも関わらず、配当金額の目標には到達しなかった。

 

その理由は3つ。

  • 為替
  • 売却
  • スピード不足

つまり、

  • 円高の為、ドルの配当金を円建てにすると予想より少なかった
  • 日本株を売却している為に、円の配当が減額となった
  • 追加元本が2016年後半に多く投下され、配当金を受け取るのが遅くなった

配当金生活へ歩みを進める

  • 1ドル100円程度で、配当金予想を立てておく
  • 日本株売却を進めるが、米国株購入をすぐに実施する
  • 資金投下は、2017年上半期>下半期 とする

そうは言いつつ、トランプラリーで割高となっている銘柄が多いのが現状。

2017年上半期は、押し目を待って購入するか、やや株価軟調な生活必需品 or ヘルスケアセクターに資金を振り向ける。

 

これまでとやることが変わらない。

 

それでも気にしない。

とにかく前進あるのみ!

 

プロフィールにもあるように私は、頑固だけど飽きっぽいのだ。

頑なに米国株投資を続けていく。

2027年のアーリーリタイア達成に向けて。

 

See you!

 

*参考 はちどうきゅうどうのプロフィールと投資方針2017

*参考 年間配当 2013年~

*参考 米国株からの配当金 2016年版

*参考 経済的自由指数を公開 2016年

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

経済的自由・アーリーリタイア配当金集計
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント