【米国株の配当金】トータルリターンに占める割合は82%も?

スポンサーリンク

米国株のトータルリターンには、配当金が大きく寄与してきた

株式投資のリターンは、キャピタルゲインとインカムゲインに分けられます。

値上がり益と、配当金ということです。

この両者を合わせたトータルリターンに対し、配当金は想像以上に貢献してきました。

だからいまでも高配当投資は、投資方針のひとつとして挙げられるのです。

 

米国株では、配当金をつかった投資戦略が多く存在します。

その理由には以下のような背景があるでしょう。

  • 米国企業は株主還元に積極的
  • とりわけ配当金の支払いを重要視している

 

しかし配当利回りは、年間数%に過ぎません。

それでも長期運用をすると、リターンに占める割合は大きくなります。

なので配当金というのは、決して無視できないリターンなのです。

 

そこで本記事では、米国株のトータルリターンに占める配当金の貢献度を記録していきます。

スポンサーリンク

米国株での配当金再投資が、トータルリターンに貢献した割合は82%(1960年~)

配当金は、長期運用をすればするほどリターンへの寄与度が高まる

 

上図は1960年~2017年末までのS&P500のトータルリターンを、配当再投資の有無別に比較したデータです。

1960年12月に、10,000ドルを投資した場合の想定。

 

配当金再投資の有無別のリターン

  • あり:2,571,920ドル
  • なし:460,095ドル

 

米国株投資のトータルリターンに占める配当金の割合は

 

82%

 

こうしたデータがあるから、米国株投資では配当金が注目されるのです。

そして配当再投資の重要性が説かれるわけですね。

長期投資では、配当金はリターンへの貢献度が高いのです。

 

しかし税金を忘れてはいけません。

配当金には税金支払いが生じるのです。

そしてリターンシミレーションの多くは、税率を考慮していません。

税金・税制の違いには要注意

米国株式市場の配当金データを見る際には注意点があります。

  • 個人投資家は、配当金受け取りの度に税金を支払う必要がある
  • 日本と米国で、配当金に対する税制が異なる
  • 税金を考慮しないシミレーションは、配当再投資の力を過大評価しがちとなる

 

つまり想定していたよりも税引き後リターンは低くなってしまうのです。

日本の課税口座で米国株投資をする際には要注意。

アメリカ株の配当再投資をしたとしても、予想通りのリターンが得られるとは限りません。

 

しかしながら配当金や配当再投資がリターンに貢献することもまた事実。

 

もし税金繰り延べの方が資産形成に有利だと考えるなら、無配銘柄や無配ファンドへ投資をすればよいでしょう。

配当金受け取りを好むなら、配当金支払い銘柄や、米国株ETFが選択肢となります。

投資信託とETFの比較!配当金の課税繰り延べ効果に期待できるか?
投資信託で配当金の税金を回避;課税繰り延べ効果はメリットになるのか? 分配金有の投資信託に比べて、無配ファンドは、配当金への課税繰り延べ効果を期待できるのでしょうか。 資産形成をする上で、配当金への税金は、実はそれほど大きな問題には...
スポンサーリンク

米国株リターンに対する配当金の影響;10年毎編

10年毎のどの時代でも、配当金の占めるリターン割合は無視できない

引用:FARTFORDfounds

 

上図は、1940年代以降の10年毎S&P500トータルリターンと、配当再投資の寄与度を示しています。

米国株リターンの42%を配当再投資が占めていました。

1930年以降のS&P500長期運用の結果です。

 

注目すべきは、いつの時代でも、配当金はプラスリターンとなっていること。

配当再投資が手堅い戦術だと言われる所以です。

S&P500のトータルリターンに占める配当金の割合

  • 1940年代:67%
  • 1950年代:30%
  • 1960年代:44%
  • 1970年代:73%
  • 1980年代:28%
  • 1990年代:16%
  • 2000年代:NA
  • 2010年代:17%
  • 1930~2017年:42%

ここで忘れてはいけない年代があります。

2000年~2009年の米国株リターン。

なんとキャピタルゲインがマイナスリターンとなっていたのです。

 

米国株リターンがマイナスとなったのはなぜ?

  • 2000年初頭にはハイテクバブルで株価高騰
  • 2009年はリーマンショックの暴落から回復しきっていない

こうした理由があるでしょう。

 

こうしたデータをみると、配当金投資のメリットが浮かび上がります。

今世紀初頭は、10年投資をしてもキャピタルゲインが得られない期間があったのですから。

株式投資が報われない時代。

 

安定志向であったり、期待リターンを高く設定していなかったりする投資家は、配当金投資へと傾くことでしょう。

配当金は安定したキャッシュフローを生んでくれるのです。

そして配当金は投資家に安心感を提供してくれます。

スポンサーリンク

米国株のリターン;過去が未来を保証するわけではない

米国株式市場では、配当金がトータルリターンに大きく寄与してきたデータが存在します。

しかし過去が未来を写すわけではありません。

ですから今後、配当再投資が報われとは限らないのです。

 

しかしながら100年近くの長期運用データを無視することはないでしょう。

過去からの学びはいつだって有効な学習方法のひとつなのですから。

だとしたら配当投資を否定する理由はありません。

米国株で配当金投資をする人とは?

米国株投資で配当金を重要視する投資家は

  • 株式投資の期待リターンを、S&P500の±2%前後と想定している
  • 過去データに重きを置いている
  • 安定した収益を重視している

こうしたバックグラウンドを持っているのではないでしょうか。

 

私はすべて該当します。

ということで、米国株の配当金投資を続けていきます。

 

以上、「米国株の配当金は、トータルリターンに占める割合が何%なのか?」でした。

 

関連記事の紹介

配当金を受け取りと、シンプルに年収アップということになります

配当金投資のメリット;年収が上がる
配当金を受け取ると、年収が上がります。 配当所得ですね。 年収アップって魅力的じゃないですか? 株式投資では、無配銘柄と有配銘柄の比較がされることがあります。 ただこの場合は、銘柄が異なっています。 だ...

 

配当再投資がしやすくなりましたね

米国株:配当再投資(DRIP)の3つのメリット
米国株には配当金再投資(DRIP)制度があります。 羨ましいですね~。 なにせDRIP(Dividend Reinvestment Plan)には3つのメリットがありますから。 配当再投資の3つのメリット ...

 

米国株マイポートフォリオの受け取り配当金を、ブログで公開中です

配当金集計
「配当金集計」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました