分配金生活に向けて:【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの受取分配金を公開

本記事では、【VIG】バンガード・米国増配株式ETFからの受取分配金推移を記録していく。

分配金生活や配当金生活を目指す上では、【VIG】は補助的な役割に過ぎない。
投資元本が限定される投資家にとっては、高配当株を選好しやすいからだ。
それでもVIGの配当成長には期待している。

スポンサーリンク

【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの受取分配金の推移 2019年4月

VIGからの分配金 2019.04

VIGからの分配金 2019.04

2016年4月以降の、VIGからの受取分配金推移をグラフ化した。
米国株による分配金生活というのはまだまだほど遠い金額。

したがい投資目標の達成のためには、今後も入金投資の継続が必要となる。

とはいえ【VIG】への追加投資はしない。

その理由は、NISA口座で保有しているからだ。

NISA口座はすでにつみたてNISAへと切り替えしている。
なので非課税口座では投資信託のみが投資対象となりうる。

よってVIG以外の米国株ETFや株式銘柄に追加投資をし、インカムを増やしていく。

【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの保有株数の推移

受渡日数量単価受渡額
2019/4/8740.509733.95
2018/12/27740.577238.44
2018/10/5740.498133.17
2018/7/11740.565737.67
2018/4/6740.396726.42
2018/1/10590.546129
2017/10/3480.4318.58
2017/7/5450.51820.98
2017/4/12450.42517.22
2017/1/11450.57723.37
2016/9/28450.39315.92
2016/7/5270.44610.84
2016/4/5270.419.96

【VIG】は一般NISA口座で保有中。
米国株投資はマネックス証券 で実施しているが、NISA口座は楽天証券を使っている。

楽天証券ではマネックス証券とは異なり、配当金や分配金の過去データが多く保存されている。
なのでインカム投資家にとって楽天証券は使い勝手が良い。

いずれにせよ、一般NISA口座で保有しているVIGへの追加投資はよほどのことが無い限りは実施しないでおく。

アメリカ株取引ができる証券会社ランキング
本記事では、米国株投資でおすすめの証券会社ランキングを紹介します。結論からいうと、アメリカ株取引ではマネックス証券がおすすめです。 私は複数社の海外株証券口座を持っており各社の使い勝手を比較しましたが、注文方法の多彩さと、24...
スポンサーリンク

【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの株価と支払い分配金の推移

【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの株価推移

finviz dynamic chart for  VIG

 

2018年にはVIGの株価は100ドルを下回ることがあった。
連続増配銘柄の集合体であるVIGとはいえ、株価の変動幅は大きい。

株式投資とは、ボラティリティを受け入れてこそ続けることができるのであろう。

【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの支払い分配金推移

VIGの年次別支払い分配金

VIGの年次別支払い分配金

VIGは運用残高が大きく、人気の高い優良米国株ETFだ。
Morningstar.comでは、ゴールドETFに格付けされている。

増配銘柄を集めているだけあって、その分配金は基本的に右肩上がり。
VTIやVOOなどのように米国株市場を広くカバーしているわけではないが、ポートフォリオのコアとして活用できるETFだと思う。

参考:米国株やETFの配当金・分配金推移の調べ方

【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの構成銘柄 2019年2月28日

保有銘柄シンボルファンド構成比
1Microsoft Corp.MSFT4.5%
2Walmart Inc.WMT4.2%
3Johnson & JohnsonJNJ4.0%
4PepsiCo Inc.PEP3.5%
5McDonald’s Corp.MCD3.1%
6Abbott LaboratoriesABT2.9%
7Union Pacific Corp.UNP2.7%
83M Co.MMM2.6%
9Medtronic plcMDT2.6%
10NIKE Inc. Class BNKE2.3%

VIGの上位構成銘柄は、歴史ある優良企業ばかりが連なっている。
10年以上連続増配をしている米国株の集合体なのだから、当たり前だ。

ここ最近、おなじバンガード社が発売している、米国高配当株式ETF【VYM】はマイクロソフトが除かれた。
【MSFT】を組み込んでいる【VIG】は、魅力的にみえる。

参考25年以上連続増配の配当貴族な50銘柄

スポンサーリンク

分配金生活に向けて、【VIG】バンガード・米国増配株式ETFは補助的役割

【VIG】は、10年以上連続増配をしている銘柄に分散投資ができる優れた商品。
資産形成をする上では、ポートフォリオのコアに据えることが出来る米国株ETFだ。

しかし分配金利回りは2%に満たず、高いとはいえない。
分配金生活を目指す上で、VIGには増配率に期待したい。

のんびりとその増配っぷりを注目するのがいいだろう。

配当関連ETF6銘柄のセクター比較

海外ETF、おすすめ13銘柄の紹介
海外ETFおすすめ13銘柄の分配金を比較【2018年版】
【VIG】の銘柄紹介

米国株ETFの選び方を3ステップで紹介
分配金生活を目指したポートフォリオの保有株

コメント