分配金生活に向けて:【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの受取分配金

本記事では、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFからの受取分配金推移を記録していきます。

【VTI】はポートフォリオのコアとなっています。

米国株式市場の全体に分散投資ができる優れたETFですからね。

 

とはいえ分配金利回りは2%を大きく下回っており、インカムが少ないです。

スポンサーリンク

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの受取分配金の推移

ティッカー約定日数量単価受渡額
VTIJuly-171400.57557.75
VTIOctober-171400.55355.54
VTIJanuary-182000.67396.56
VTIApril-182400.56697.45
VTIJuly-182400.603103.88
VTIOctober-182400.714122.95
VTIJanuary-192400.72124.1
VTIApril-192400.772132.89
VTIJune-192400.54794.2
VTISeptember-192400.7120.51
VTIJanuary-202400.885152.42
VTIApril-202450.613107.83
VTIJuly-202700.699135.54
VTIOctober-202710.674131.03
VTIJanuary-212720.7818152.52
VTIApril-212720.6716131.04

 

2017年7月以降の、VTIからの受取分配金推移です。

累計1,800ドル突破。

嬉しいですね~。

 

と言いつつも、分配金生活というのはまだまだほど遠い金額。

なのでのんびりとVTIの買い増しを続けています。

 

コロナショックのような株価暴落時にたくさん追加投資できればいいのですけど。

タイミング投資は難しい。

結局は配当再投資と他ETFからの資金振替のみにとどまっています。

 

いずれにせよ、分配金・配当金を、年間250万円とすることがひとまずのゴールです。

 

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの追加投資状況

VTIの追加投資状況です。

  • 2018年;40株
  • 2019年;なし
  • 2020年;32株

 

米国株価はやや割高、という感覚がぬぐえていません。

おまけに2010年代後半には、ハードアセットへの資金投下をしていました。

なので米国株への追加投資額が限定的でしたね。

 

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの株価推移

finviz dynamic chart for  VTI

 

2018年にはVTIの株価は150ドル前後にまで上昇した時期がありました。

2018年末には、120ドルまで下落。

2020年のコロナショックでは115ドル割れなんて場面もみられたようです。

 

こうした株価下落時に拾えていたら、VTIのリターンは大きなものになるのでしょう。

残念ながら私の場合にはタイミング投資を諦めています。

したがい、定期的な追加投資に終始しているのですね。

それでもまずまずの投資収益を与えてくれるところが、米国株のメリットです。

 

スポンサーリンク

分配金生活に向けて、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFは米国株ポートフォリオのコアに据えておく

VTIは、米国株式市場全体に分散投資ができるすぐれた商品。

資産形成をする上では、ポートフォリオのコアに据えることが出来る米国株ETFです。

そして私は米国株式市場全体の未来を信じています。

 

とうことで、VTIはそれなりの頻度で買い増しをしていきたいと思います。

 

 

関連記事の紹介

コロナウィルスの感染拡大による米国経済への打撃は計り知れません。配当金や分配金の減配がみられると予想されます。

米国株の配当金;景気後退局面での減配は回復までに何年かかるのか?
米国株投資における配当金のヒストリーを学んでいきます。 歴史は繰り返さないが、韻を踏む。 本記事では、 アメリカ株式市場S&P500の配当金推移 減配した際、配当金が回復するまでに何年かかっていたのか ...

 

ジョンソンエンドジョンソンのような連続増配株や配当貴族でも、減配することがあるかもしれません。

配当金生活を目指す;【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンからの受取配当金の推移
本記事では、注目の米国株筆頭、【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンからのの受取配当金推移を記録していきます。 ジョンソンエンドジョンソンといえば NYダウ30構成銘柄 配当王銘柄 配当貴族インデックス構成銘柄...

 

株価暴落が数カ月間ならばまだ良いです。数年にわたる長期低迷、だらだら下落していくような相場だけは勘弁してほしいですね。

株価暴落や長期低迷の歴史を振り返ってみた
【米国株投資】株価暴落の歴史を振り返ってみた 株価暴落とかベアマーケット入りとか言われますね。 その定義は、株価がどの程度下がったことを言うのでしょうか。 ベアマーケット:直近高値から20%以上の株価下落 ブルマ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました