分配金生活に向けて:【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの受取分配金

本記事では、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFからの受取分配金推移を記録していきます。分配金生活や配当金生活を目指す上では、【VTI】は補助的な役割ですね。

ポートフォリオという意味では、【VTI】がコアとなるのがいいのですけど。

 

スポンサーリンク

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの受取分配金の推移 2019年4月

VTIからの分配金推移_2019.04

VTIからの分配金推移_2019.04

2017年7月以降の、VTIからの受取分配金推移をグラフ化しました。
分配金生活というのはまだまだほど遠い金額です。
それでものんびりとVTIの買い増しを続けて、分配金受け取り額を積み増していく予定です。

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの保有株数の推移

受渡日数量単価受渡額
Apr-192400.772132.9
Jan-192400.72124.1
Oct-182400.714123.0
Jul-182400.603103.9
Apr-182400.56697.5
Jan-182000.67396.6
Oct-171400.55355.5
Jul-171400.57557.8

2018年には、VTIの買い増しは40株のみでした。
米国株価は割高な感じでしたからね。

2019年はどうするのか、今後の検討です。

 

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの株価推移

finviz dynamic chart for  VTI

 

2018年にはVTIの株価は150ドル前後にまで上昇した時期がありました。
2019年になり、株価は130ドルを超えるようになり、150ドルをうかがうレベルにまでなっています。

120ドル代で購入できたらラッキーといったところでしょうか。

スポンサーリンク

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの支払い分配金の推移

VTI分配金推移 2018年

VTI分配金推移 2018年

VTIは全米株式市場をカバーする米国株ETFです。
アメリカ全体の良好な経済環境を背景に、VTIの分配金は右肩上がりの傾向を示しています。
リーマンショック前後は減配が見られますが、それ以降は綺麗な分配金支払い曲線ですね。

VTIはインカム投資の観点からも、ポートフォリオのコアに据えられる米国株ETFといえるでしょう。

米国の未来を信じられるならば、株価下落時でも安心して保有することができます。

 

海外ETFの分配金を比較、10年増配率が優れているのは?
海外ETFと連続増配銘柄を組み合わせたシーゲル流ポートフォリオを再構築中です。 分配金と配当金をあわせたインカムゲインを積み増していくことを心掛けています。 参考>>>ETFで配当狙いのシーゲル...

 

スポンサーリンク

分配金生活に向けて、【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETFはポートフォリオに据えておく

VTIは、米国株式市場全体に分散投資ができるすぐれた商品。
資産形成をする上では、ポートフォリオのコアに据えることが出来る米国株ETFです。

とはいえ私の投資の主目的は、インカムの積上げ。
とうことで、VTIはそれなりの頻度で買い増しをしていきたいと思います。

参考 配当金生活を目指すポートフォリオからの受取配当金推移

海外ETF、おすすめ13銘柄の紹介
海外ETFおすすめ13銘柄の分配金を比較【2018年版】
【VTI】の銘柄紹介

米国株ETFの選び方を3ステップで紹介
VTIとVOOの違いとは?
VTIと楽天VTIの違い

 

分配金生活を目指したポートフォリオの保有株
米国株ETFを使い、分配金狙いのシーゲル流ポートフォリオにした理由

コメント