ETF おすすめ銘柄の選び方【アメリカ株編】

スポンサーリンク

米国株おすすめETFの選び方

おすすめのETF銘柄を選ぶ方法は3つのステップにわかれています。

 

米国株ETFの選び方

  1. どのベンチマーク(インデックス)のETFに投資するかを決める
  2. 運用残高の大きいETFを選ぶ
  3. 低コスト(信託報酬)のETFを選択する

 

この3つをマスターすれば、どのETFがおすすめなのか、自分で判断することができるようになります。

 

基本的には投資信託・インデックスファンドの選び方と大きな違いはありません。

インデックス投資の始め方、7つのステップがおすすめ
米国株の投資信託が発売されています。 米国市場の株価指数に連動するインデックスファンドですね。 S&P500 NYダウ30 ナスダック100 など。 世界中で人気の株価指数です。 そんな株価指数...
スポンサーリンク

おすすめETFを選ぶ方法:ベンチマーク、インデックスを決める

ETFは多数の商品があり選択肢が多いです。

米国株ETFだとしても同様です。

そんなときは下表にあるように、大まかなベンチマークを決めてみればいいのです。

株式債券
全世界VTBNDX
米国VTI/VOOBND
新興国VWOVWOB

例示している商品はバンガード社のおすすめETF銘柄。

 

おすすめETFを選ぶにはまず目的とするベンチ―マークを決めましょう。

  • どこの地域のETFに投資をしたいのか
  • どの資産を選ぶのか
スポンサーリンク

おすすめETF銘柄の選び方:ポイントは運用総額の大きさ

純資産運用額が大きいETFの方が好ましいです。

 

運用総額が大きいメリット

  • 効率的な運用が可能
  • 流動性が高くなる

 

世界を見渡してみるとやはりETFは米国市場が最大です。

つまり運用残高が大きいおすすめETFを選ぶ場合には、米国株ETFを選択肢として持っておきたいです。

 

ETFなどのETPの地域別資産運用残高比率

 

米国ETFならば、運用残高トップ100からまずは選んでみるのがよいでしょう。

流動性も高くて安心なETFといえます。

 

参考 米国ETFの時価総額 運用資産残高ランキングトップ100

米国株の投資信託、おすすめ人気ランキング上位3銘柄とは?
米国株の投資信託を3つ選ぶ際、ETFの運用残高が参考になる 米国株式の投資信託が上市されています。 アメリカ市場の株価指数を対象とする投資信託です。 いうなれば、米国株インデックスファンド。 その米国株の投資信託...

 

スポンサーリンク

おすすめETFは、信託報酬(コスト)が低い

ETFにかかる費用(コスト)は主に二つです。

  1. 売買手数料
  2. 信託報酬

 

ETFの信託報酬など(コスト)は運用リターンを決める要素の一つとなります。

僅かな違いが長期間の運用によって大きな差となってくるのです。

したがって同じ指数を対象としており、運用残高もそれなりの額のETFならばコストが安い銘柄を選択するべきです。

 

インターネット証券の売買手数料比較

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替毎)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
SBIネット銀行で0.04円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円

 

【参考:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【参考:アメリカETF おすすめの9銘柄~3年トータルリターンは?~

投資信託の選び方:低コストが重要な理由
株式投資、とりわけ投資信託おいてはコストが低いことが大切です。 とはいえ年率コストが0.1%とか0.5%とか、大きな差ではないような気もします。 たしかに1年でみた絶対額ならば、気にしなくてもいいでしょう。 それで...
米国株・海外ETF取引で、手数料負けしない売買金額とは?
アメリカ株や海外ETFの取引手数料は、日本株よりも高いです。 米国株と日本株の売買手数料の差は、インターネット証券であっても同様です。 先日2,000ドル単位での米国株取引を実施しました。 この時に「手数料負け」と...
スポンサーリンク

ETFは大人気:世界中で運用残高が増えている

引用:日興アセットマネージメント

米国の証券取引所では、1900以上のETF銘柄数が存在しており毎年150以上の商品が上市されています。

ETFの運用資産合計額は2003年以降うなぎ上りなのです。

 

上図は世界におけるETF運用残高額推移を示しており、その金額は目を見張るばかり。

2017年には4兆ドルもの金額がETFとして運用されています。(日本円でいうと400兆円以上です)

 

ETFとは投資をする上で非常に便利な商品です。特に分散投資を心がける場合には使い勝手が良いからです。

だからこそ世界中でどんどん新しいETFが生まれています。

 

運用残高の大きいETF銘柄をしっかりと選んで投資していきたいですね。

海外ETF、注目の13銘柄リスト
米国株ETFは数が豊富でどれを選んだらよいのかわかりにくい。 そこで注目する米国株ETF銘柄をリストアップすることにしました。 名付けて、 「海外ETF・注目の13銘柄リスト」 それでは早速いってみま...
スポンサーリンク

ETF(上場投資信託)と投資信託の違いとは

 

ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。

特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざすのがETFです。

東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託のことを指します。

 

ETFといっても2,000を超える銘柄があります。

スポンサーリンク

まとめ:おすすめ米国株ETF銘柄を選ぶ方法

ETFを選ぶポイントを3つ紹介しました。

  1. ベンチマーク
  2. 運用残高
  3. 低コスト

 

ETFは、低コストで様々な資産に分散投資を行うことができる、画期的な投資ツールであるといえます。

マネックス証券

 

ETF銘柄の適切な選択方法を知れば、人生をより豊かにしてくることを投資がサポートしてくれるはずです。

>>>海外ETF、注目の13銘柄リスト

スポンサーリンク

米国株ETFのポートフォリオを公開中

私は配当金を狙った米国株投資をしています。もちろん世界分散投資をするのが投資の王道です。

それでも私はアメリカ株市場は世界最大であることからETFを活用して米国株に集中しています。

 

注目しているETF銘柄

 

インターネット証券会社で米国株ETFを買う場合には、マネックス証券SBI証券楽天証券の3社から可能です。

 

注目しているETFを活用した米国株ポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

 

【参考:米国株マイポートフォリオ 17年12月

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

 

 

■米国ETFの関連記事紹介

実際のおすすめ米国ETFはこちら

アメリカETF おすすめの9銘柄~3年トータルリターンは?~
海外ETFは人気が高いです。 とくに米国株ETFの運用残高ランキングをみれば大人気といってもいいでしょう。 世界のいたるところでインデックス投資や米国ETFがおすすめされているわけです。 本記事では人気度・注目度が...

 

米国市場全体の3,000以上の銘柄に一つの商品で投資できるVTIは、間違いなくおすすめできる米国ETFです。

VTIは米国全体に投資できるETF:株価チャートと配当金推移
VTIは株価よし・配当金よし・リターンよしの3拍子揃ったETF。 アメリカ市場にまとめて一気に投資をしたいと思ったら、VTIがおすすめ。 なにせVTIは、米国市場のほぼ全てをカバーしているETFですから。 ...

 

VOOやIVVといった、S&P500に連動するETF商品はウォーレン・バフェットも推奨しています。

S&P500連動ETFの比較 VOO・IVV・SPY・1557
S&P500とは、米国株式市場を代表するインデックスである。何に投資をするのか迷ったら、まずS&P500連動ETFがおススメだ。 ちなみにS&Pはアメリカの証券取引所に上場された代表的な500銘柄で構成される株価指数を...

コメント