分配金生活に向けて:【VYM】米国高配当株式ETFの受取分配金

本記事では、【VYM】バンガード・米国高配当株式ETFからの受取分配金推移を記録していきます。分配金生活を目指す上で、【VYM】はコアとしていきたいですね。

スポンサーリンク

【VYM】米国高配当株式ETFの受取分配金の推移 2019年9月

VYMからの分配金 2019.10

VYMからの分配金 2019.10

2017年7月以降の、VYMからの受取分配金推移をグラフ化しました。
分配金生活というのはまだまだほど遠い金額。
それでものんびりとVYMの買い増しを続けて、分配金受け取り額を積み増していく予定です。

【VYM】米国高配当株式ETFの保有株数の推移;配当金生活を目指して

受渡日数量単価受渡額
Oct-195330.786300.62
Jun-195330.624238.81
Apr-195180.651242.09
Jan-195180.738247.48
Oct-184980.671239.94
Jul-184980.63225.1
Apr-184980.608217.31
Jan-184980.643229.7
Sep-172600.602112.27
Jul-171600.59668.41

2018年は、VYM買い増しは実施していませんでした。
2019年に入り、ちょびちょびと追加投資をしています。
こうしたデータを振り返ると、1年はあっという間なのだと感じます。

株式投資によって豊かな未来を創るとともに、いまを大切に生きたいって思います。

【VYM】米国高配当株式ETFの買い増し状況

少しずつ【VYM】の買い増しをしています。
分配金や配当金による経済的自由達成への道はまだ長いですが、一歩ずつ前進あるのみ。

【VYM】米国高配当株式ETFの株価推移

finviz dynamic chart for  VYM

 

2018年にはVYMの株価は90ドル前後にまで上昇した時期がありました。
米国高配当株式ETFという名前にもかかわらず、VYMの分配金利回りが3%を切っていたのですよね。

2019年になり、株価は70ドル~80ドルちょっとのレンジとなっています。
70ドル前半で購入できたらラッキーといったところでしょうか。

【VYM】の構成セクターを米国株ETFと比較

米国株配当系ETFの構成セクター割合比較.2019.05 、データソース;etfdb.com

米国株配当系ETFの構成セクター割合比較.2019.05 、データソース;etfdb.com

VYMは他の米国株配当ETFと比較し、金融セクター比率が高くなっています。

 

スポンサーリンク

【VYM】米国高配当株式ETFの支払い分配金の推移

VYM分配金推移

VYM分配金推移

 

VYMは増配ETFではありません。
それでもVYMの分配金は右肩上がりの傾向を示しています。
リーマンショック直後は減配が見られますが、それ以降は綺麗な分配金支払い曲線です。

VYMはインカム投資のコアに据えられる米国株ETFといえるでしょう。
VYMのメリットとして、株価下落時でも、安心して保有していられることが挙げられます。

 

スポンサーリンク

分配金生活に向けて、【VYM】米国高配当株式ETFは買い増ししていく

VYMは高配当な米国株の約400銘柄に分散投資ができるすぐれた商品です。
とくに分配金の上昇率は魅力的ですね。

米国株マイポートフォリオの受取分配金額をみると、まだまだ十分な額とはいえません。
ですのでインカムの積上げの為に、VYMを少しずつ買い増し継続していく予定です。

以上、分配金生活に向けた【VYM】米国高配当株式ETFの受取分配金でした。

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。
米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。
米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

私のおすすめは、マネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

【マネックス証券 米国株のメリット】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

コメント

タイトルとURLをコピーしました