分配金生活に向けて;【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの分配金

本記事では、【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの分配金からの受取配当金推移を記録していきます。

目指せ分配金生活って感じですね。

スポンサーリンク

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの株価と受取分配金推移

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの受取分配金

【HDV】からの配当金 2019.06

【HDV】からの配当金 2019.06

2015年4月以降の、【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの受取分配金推移。

NISA口座で保有していますが、継続保有とします。

 

ちなみに私、基本的に米国株ETFをコアとしたポートフォリオを構築しています。

高配当戦略はバンガード社の高配当ETFであるVYMが中心。

HDVを売却してVYM一本でいきたい気もしますがここはガマン。

売っても売らなくても大きな影響は無いでしょうから、とりあえず継続保有です。

 

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの受取分配金推移(2015年~)

受渡日数量単価受渡額
Jun-191200.750481.04
Apr-191200.822188.78
Dec-181200.708876.55
Oct-181200.791185.44
Jul-181200.796486.01
Apr-181200.798686.25
Jan-181200.776383.84
Oct-171200.731779.02
Jul-171200.718177.56
Apr-17660.722942.94
Jan-17660.655738.95
Oct-16660.687640.84
Jul-16450.679427.51
Apr-16350.676821.32
Jan-16350.715722.54
Oct-15350.722222.75
Jul-15350.724822.83
Apr-15350.716822.58

 

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの株価推移

finviz dynamic chart for  HDV

 

HDVは、高配当株でありインカム投資家から高人気です。

ブラックロック社のコアシリーズですから当然ですね。

その名の通り、ポートフォリオのコアとしても良さそうです。

スポンサーリンク

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの分配金に思うこと

米国株高配当ETFは、NISA口座の期間が切れても継続保有

HDVは高配当利回りであり、ある程度分散された優良ETF。

私はNISA口座で保有していますが、5年経過後も継続保有していこうと考えています。

配当金をKPIとした投資をしており、受け取り分配金を減らしたくないですからね。

 

楽天証券では、米国株の配当金が集計しやすい

それにしても今回、楽天証券の使い勝手の良さを知りました。

配当金・分配金が、期限を問わない過去まで遡ってデータが取得できるのですよね。

これは配当金投資家には、おすすめ証券会社となりそうです。

 

また、楽天証券では米国株取引手数料の下限が、0.01ドルとなりました。

少額買付も可能となります。

配当再投資を細かく実施していこうかと検討中です。

公式サイト→楽天証券

 

コメント

  1. めだか より:

    >楽天証券では米国株取引手数料の下限が、0.01ドルとなりました。

    とありますがマネックス証券の間違いではないですか?

  2. めだか より:

    楽天証券も値下げするんですね
    失礼しました
    SBIも下げて欲しいですね

    • はちどうきゅうどう より:

      めだかさん
      こんにちは。
      マネックス証券、楽天証券、SBI証券のいずれもが米国株取引手数料の下限を引き下げましたね。
      これで少額でも買付が可能となり、アメリカ株の「1株から買付できる」メリットが注目されそうです。