分配金生活に向けて;【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの分配金

本記事では、【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの分配金からの受取配当金推移を記録していきます。

目指せ分配金生活って感じですね。

スポンサーリンク

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの株価と受取分配金推移

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの受取分配金

HDVからの分配金推移 2019.10

HDVからの分配金推移 2019.10

2015年4月以降の、【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの受取分配金推移。

1,000ドルを超えていますね。

嬉しい。

 

HDVはNISA口座で保有しています。

5年間の非課税期間が過ぎても、継続保有としましょう。

 

ちなみに私、基本的に米国株ETFをコアとしたポートフォリオを構築しています。

高配当戦略はバンガード社の高配当ETFであるVYMが中心。

HDVを売却してVYM一本でいきたい気もします。

 

が、ここはガマン。

まぁ、売っても売らなくても大きな影響は無いでしょうから。

とりあえず継続保有です。

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFからの受取分配金推移(2015年~)

受渡日数量単価受渡額
Apr-15350.716822.58
Jul-15350.724822.83
Oct-15350.722222.75
Jan-16350.715722.54
Apr-16350.676821.32
Jul-16450.679427.51
Oct-16660.687640.84
Jan-17660.655738.95
Apr-17660.722942.94
Jul-171200.718177.56
Oct-171200.731779.02
Jan-181200.776383.84
Apr-181200.798686.25
Jul-181200.796486.01
Oct-181200.791185.44
Dec-181200.708876.55
Apr-191200.822188.78
Jun-191200.750481.04
Oct-191200.857492.6

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの株価推移

finviz dynamic chart for  HDV

 

HDVは、高配当株でありインカム投資家から人気があります。

ブラックロック社のコアシリーズですから当然ですね。

その名の通り、ポートフォリオのコアとしても良さそうです。

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの構成セクター

HDVの構成セクター別比率 2019.10.10-min

HDVの構成セクター別比率 2019.10.10-min

HDVはエネルギーと通信セクターの割合が大きい。

マイポートフォリオには、両業種の個別株は保有していません。

だからHDVをETFとして持っておくことにします。

セクター割合(%)
エネルギー21.39
通信16.7
生活必需品14.5
ヘルスケア14.19
金融10.76
資本財・サービス7.01
公益事業6.68
情報技術6.52
一般消費財・サービス1.77
キャッシュ、デリバティブ等0.41
不動産0.07

 

スポンサーリンク

【HDV】iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFの分配金に思うこと

米国株高配当ETFは、NISA口座の期間が切れても継続保有

HDVは高配当利回りであり、ある程度分散された優良ETF。

今後も継続保有を予定しています。

配当金をKPIとした投資をしており、受け取り分配金を減らしたくないですからね。

楽天証券では、米国株の配当金が集計しやすい

それにしても今回、楽天証券の使い勝手の良さを知りました。

配当金・分配金が、期限を問わない過去まで遡ってデータが取得できるのですよね。

これは配当金投資家には、おすすめ証券会社となりそうです。

 

また、楽天証券では米国株取引手数料の下限が、0.01ドルとなりました。

少額買付も可能となります。

配当再投資を細かく実施していこうかと検討中です。

公式サイト→楽天証券

 

コメント

  1. めだか より:

    >楽天証券では米国株取引手数料の下限が、0.01ドルとなりました。

    とありますがマネックス証券の間違いではないですか?

  2. めだか より:

    楽天証券も値下げするんですね
    失礼しました
    SBIも下げて欲しいですね

    • はちどうきゅうどう より:

      めだかさん
      こんにちは。
      マネックス証券、楽天証券、SBI証券のいずれもが米国株取引手数料の下限を引き下げましたね。
      これで少額でも買付が可能となり、アメリカ株の「1株から買付できる」メリットが注目されそうです。

タイトルとURLをコピーしました