インデックス投資を始めて気づいた「稼ぐ力の重要性」

スポンサーリンク

インデックス投資に限らず、資産運用には元手が必要

投資で資産形成をしようとしているあなた!

たとえば、インデックス投資だけでお金持ちになることは、じつは困難であることに気づいていますか?

 

はい。

私は痛感しています。

 

なぜって、資産形成には投資元本が大きい方が圧倒的に有利だから。

 

  • 収入が高い
  • 資産をたくさん持っている

このふたつの優位性を崩すのは容易ではありません。

 

この現実は、資産形成の公式からもわかります。

 

ですから

  • インデックス投資による資産形成では、収入増が鍵
  • だから稼ぐ能力を磨こう

こう思うわけです。

 

借入金をつかったレバレッジなどを活用しない限り、資産運用の原則から抜け出すのは難しいと感じます。

スポンサーリンク

インデックス投資は期待リターンを設定しやすい、だからこそ稼ぐ力の重要性に気がつく

資産運用や投資はリターンを期待して実施するもの。

なかでもインデックスファンドの積立投資は、期待リターンを予想しやすいです。

インデックス投資なら、期待リターンを2~7%程度と想定するのではないでしょうか。

 

期待リターンが分かると、下記の3点を設定すれば必要な月々の積立金額が計算できます。

  • 目標金額
  • 初期投資金額
  • 運用期間

 

インデックス投資で30年間かけて1億円を達成する方法

たとえば初期投資300万円をするとしましょう。

そして5%の期待リターンで1億円を30年間で達成しようとすると、月10万円、つまり年120万円のインデックスファンド積立が必要となります。

>>資産1億円と年収1,000万円はどちらが難しいか、割合を比較した

 

インデックス投資で30年間をかけて5000万円を達成する方法

5,000万円を目標とするなら、月4.4万円、年間約50万円を30年間積立てることになる。

 

20代前半で積立投資をしたとして、目標到達したときには50代。

これが現実。

 

もしこの計算結果を受け入れがたい場合にはどうするか?

投資元本を増やすしかありません。

 

もちろん運用利回り向上だって一つの手段。

ただし米国市場のインデックス投資はアクティブ運用に対し優位性を持っていました。

したがいアクティブ投資をするなら、日本株市場の方がよい選択肢となるかもしれません。

インデックスファンドvsアクティブファンドの勝率を比較する方法
インデックス投資とアクティブ運用の比較;どっちが優れたリターンなのか? インデックスファンド(パッシブファンド)とアクティブファンドの比較は議論が絶えません。 よく言われるのは、 市場平均に勝てるアクティブ運用は少ない というこ...

 

スポンサーリンク

インデックス投資で成功する方法;本業や副業の収入アップが近道となる

インデックス投資で資産形成をするには、投資元本と運用期間の極大化が鍵となります。

もし運用期間を長くとれない場合には、投資元本の増加が必要です。

そして投資元本を増やすためには収入増が近道。

 

もちろん節約も補助となりますが、限度があります。

計算上では支出はゼロにまでしか抑えられませんが、収入増は無限大。

本業や副業を含めて、投資にまわせるフローを増やす必要があります。

 

このようにインデックス投資で資産形成を成し遂げるには、収入アップが大きなカギを握ります。

 

ここでインデックス投資のメリットをおさらいをしましょう。

 

インデックス投資の特徴

  • 期待リターンを設定しやすい
  • 運用の為に時間を割くことが少ない

 

インデックス投資をすると、節約とともに稼ぐ力を身につける重要性に気づかされます。

入金額、積立て投資金額が資産形成の近道だと痛感するのです。

あとは投資家自身がどのようにゴールを設定し、行動に結び付けるかですね。

 

とにかく

  • 投資目標を立てる
  • それに向かって歩んでいく

この大切なフレームワークは、インデックス投資でも変わりありません。

>>>入金投資法は、サラリーマン・OLの強みをいかした投資方法

スポンサーリンク

インデックス投資など資産運用に回すお金で人生を楽しむとしたら?

 

積立て投資は、余力資金で行うことが望ましい。

全力投球で積立投資をすると、人生でちょっと損をしそう。

人生を楽しむためには、ある程度のお金を使う方が選択肢を多くもてるからです。

 

人生をハッピーにするお金までも投資元本にまわしては本末転倒。

運用するために生まれてきたわけではないですからね。

 

もし年間120万円や、50万円を使えるなら、どう使うでしょうか?

それも30年間、毎年ですよ。

 

たとえば旅行。

 

私は大学時代から妻と付き合い、8年後に結婚しました。

振り返れば毎年、海外旅行にいっていましたね。

  • アメリカ
  • ハワイ
  • カナダ
  • メキシコ
  • イタリア
  • スペイン
  • フランス etc

 

世界遺産巡りが主な目的。

その頃からミーハーだったわけです。

 

10代・20代の頃の体験は、アラフォーになった今でも思い出話になっています。

この共通体験は、おじいちゃん・おばあちゃんになっても笑って話し合える出来事だと感じています。

 

体験は人生を豊かにしてくれるのです。

ましてや大切な人と過ごす時間ならなおさら。

しかし体験や経験は、ある程度のお金がかかることがあります。

 

その機会を捨ててまで、お金を運用元本にまわす必要はないと思うのです。

>>>インデックス投資の始め方、9つのステップがおすすめ

スポンサーリンク

収入を増やすことがインデックス投資成功への近道

資産形成とは人生を豊かに過ごすために実施するもの。

また、資産形成をすると人生への自主性が生まれます。

ですのでインデックス積立投資などで資産形成をするのは良い事だと思います。

>>>資産形成と投資は、20代会社員に必要なのか?

 

人生をハッピーにするためにインデックス投資を開始したら、次はどうすればいいか?

 

収入を増やす方法を考えるといいでしょう。

すると目標到達に近づきます。

 

インデックス投資はリターンやリスクを数値化しやすいです。

予想が具体的であるがゆえに、人生について考えさせられるかもしれません。

  • 自分の欲しいものをはっきりさせる
  • その目標に向かって前に進む
  • 過程を楽しみながら投資を実施する

 

つまりインデックス投資とは人生により具体的な色を提供してくれるわけです。

 

本記事のまとめです。

 

インデックス投資を始めて気づいた「稼ぐ力の重要性」

  • 資産形成=(収入-支出)+資産×運用利回り
  • インデックス投資による資産形成では、収入増が鍵
  • だから稼ぐ能力を磨こう

 

あなたはインデックス投資をしていますか?

積立投資を開始していることに満足するのではなく、稼ぐ力を身につけることが大切だと思います。

>>複数の収入源を作る方法をどう考えていくのか?:会社員編

 

インデックス投資にはコストの安い証券会社が必須。

私は以下のように使い分けています。

 

証券会社の使い分け方法

  1. マネックス証券:米国株投資
  2. SBI証券    :インデックスファンド積立
  3. 楽天証券   :つみたてNISA口座

 

 

関連記事の紹介

ゆっくりお金持ちになりたいと思う人は少ないのですね

なぜインデックス投資が流行らないのか? 3つの理由を考えてみた
低コストのインデックスファンドによる積立投資は、国がおすすめしている資産運用方法です。 ところがインデックス積立投資が流行っているかというと、まだまだその段階にはありません。 なぜインデックス投資が普及しないかというと、...

 

インデックス投資といっても、1年1年でリターンが大きく異なります

インデックス投資の利回りにみる、平均値の罠と長期運用の重要性
インデックス投資の代表、S&P500の利回りは年平均10% S&P500は米国株のみならず世界を代表する株価指数(インデックス)である。 ではS&P500に連動するインデックスファンドに投資をしたらリターンは何%か?...

 

インデックス投資を始めたら、副収入を増やすことも視野に入れるといいです

複数の収入源を作る方法をどう考えていくのか?:会社員編
会社員は給料という安定した収入があります。 一方で、サラリーマンでも収入源を複数もっておきリスクを分散するという考え方もある。 どうせなら、収入源が沢山あった方がいいなって思います。 本記事では、会社員である私の体...

コメント

  1. […] 出典元:アメリカ株でアーリーリタイアを目指す  インデックス投資を始めて気づいた「稼ぐ力の重要性」 […]