【幸せの定義】サラリーマンが幸福度を上げる為に必要な3つの項目

幸福感を得るためには、お金と時間が大切。サラリーマンが幸せを感じる方法は、年収、労働時間、そして通勤時間を改善することが鍵となるのです。

 

そうと分かれば幸せにむけて、回り道するのではなく近道していきましょう。

本記事では、サラリーマンが人生を楽しくハッピーに過ごすためには何が必要なのか、幸せになる方法をあなたと一緒に考えていきます。

「幸せ」をサラリーマン関連の数字で定義してみた結果

  • 年収400万円 or 1,000万円を稼ぐ
  • 労働時間は週に33時間までに抑える
  • 通勤時間は往復で45分以内にする

 

スポンサーリンク

サラリーマンが幸せを感じる年収は、900万円ではなく1,000万円以上

年収7万5千ドルで幸福感は頭打ちになる

2002年にノーベル経済学賞を受賞した米プリンストン大学の心理学者、ダニエル・カーネマン教授によると、感情的幸福は

 

年収7万5000ドル(約825万円)

 

までは収入に比例して増える、

それを超えると比例しなくなる、とされています。

 

本当でしょうかね。

もう少し給料が高くてもよくないですか?

年収1,000万円とか欲しいですよ。

 

とはいえ、この7万5千ドルは、結局は米国のデータです。

日本円換算する際には、為替によって幸せを感じる年収が変わってしまいます。

 

年収7万5千ドルを日本円にすると

  • 1ドル133円の場合:1,000万円
  • 1ドル120円の場合:900万円
  • 1ドル100円の場合:750万円
  • 1ドル80円の場合 :600万円

 

こうしてみると、日本のサラリーマンが幸せを感じる年収は、日本のデータを参考にした方が良さそうです。

年収400万円と1,000万円を超えたときにサラリーマンは幸せを感じる

世帯年収と幸福感

世帯年収と幸福感、引用:内閣府

 

内閣府の「人々の幸福感と所得について」をみると、

世帯年収が高いほど、幸福感が高くなる傾向

がみてとれます。

 

とくに年収400万円を超えたときと、1,000万円オーバーとなったときには、幸福度が大幅アップしています。

 

こうなればノーベル賞受賞者の研究結果は無視。

サラリーマンなら世帯年収1,000万円まではがんがん稼いじゃった方が良さそうですね。

 

サラリーマンが幸せを感じる年収

  • 400万円を超えたとき
  • 1,000万円を超えたとき

 

スポンサーリンク

サラリーマンが幸せを感じる労働時間は、週33時間

スイスのルツェルン大学のサイモン・ルーチンガー先生によれば、人が幸せを感じる仕事時間は

1週間で33時間

なのですって。

 

これは程よい労働時間ですね。

1日当たりの仕事時間に換算してみましょうか。

週休2日なら、1日に6時間36分の勤務時間

週休2日の場合、1日に6時間36分働くと、1週間で33時間の労働時間となります。

 

お昼休みを1時間とると仮定すると、

  • 午前の部:10時~13時
  • お昼休憩:13時~14時
  • 午後の部:14時~17時36分

 

もし、朝9時から働くとなると、午後4時30分過ぎには業務時間が終わるのです。

これは幸せを感じてしまいそう。

週休3日なら、1日に8時間15分

サラリーマンなら一度は憧れた事があるであろう、週休3日制度。

この場合には、1日8時間15分働くと、週に33時間となります。

 

  • 午前の部:9時~12時
  • お昼休憩:12時~13時
  • 午後の部:13時~18時15分

 

休日は、土日+水曜日

って感じですね。

 

このパターンでも、サラリーマンは幸福度満点。

やはり週の労働が33時間というのは、幸せを感じます。

 

サラリーマンが幸せを感じる労働時間

  • 週に33時間
スポンサーリンク

幸せなサラリーマン家庭を維持するための通勤時間は45分

とあるスウェーデンの研究によると、

夫の通勤時間が45分を超えると、離婚率が40%も高くなる

のだそうです。

 

通勤時間が長いと、家族と過ごす時間が減りますからね。奥さんがそっぽを向いてしまいます。

日本のサラリーマン、おとうさん達は気をつけないといけませんね

日本の通勤時間の平均は39.5分

2016年に行なわれた総務省統計局の調査によると、移動手段をすべて含めた日本の通勤時間の全国平均は

39.5分

でした

 

都内勤務のサラリーマンからはちょっと信じがたい数字。

あくまでも全国平均なのでしょう。

ちょっとほかのデータソースを調べてみました。

通勤時間は東京圏で59分、関西圏では52分

東京首都圏を対象にしたアットホームが行った通勤時間の実態調査2014では、

通勤時間の平均は59分

でした。

 

往復で2時間かけているのが、東京勤務のサラリーマンの平均通勤時間なのですね。

 

首都圏のサラリーマンは、

1日の8.3%

を、通勤時間に割いているのです。

 

幸せを感じるためには勤務先の近くに住むのが良さそう。

なにせスウェーデンでは、通勤時間が往復45分を超えると離婚率が40%アップですからね。

家族の幸せの為には、長距離通勤は避けたいところです。

 

サラリーマンが家族と幸せを感じる為の通勤時間

  • 往復で45分以内

 

スポンサーリンク

サラリーマンが幸福感を得る方法は、お金と時間にあった(年収、労働時間、通勤時間)

サラリーマンが幸せを感じるためには、お金と時間に関する数値が大切です。

ここまで読み進めたあなたは、幸福への近道を知ったはず。

あとは幸福になるために、まずは数値改善しましょう。

 

働き方改革にもつながりますし、ご家族だって喜ぶはずですから。

ハッピーライフをエンジョイしていきましょうね。

 

「幸せ」をサラリーマン関連の数字で定義してみた結果

  • 年収400万円 or 1,000万円を稼ぐ
  • 労働時間は週に33時間までに抑える
  • 通勤時間は往復で45分以内にする

 

もしも10万あったら何に使うか:プチセレブ編
幸せをつくる6つの項目、国別幸福度ランキングからの考察

なぜ人は働くのか? 働く理由ランキング結果
退職後の生きがいに向け、現役世代が準備すべき4つのこと
ドラクエと株式投資と人生の攻略方法

コメント