スポンサーリンク

米国ETF 【VT】と【SPY】 はどちらが長期投資によいか比較してみた

ウォーレン・バフェットは、S&P500指数に連動するインデックス投資を推奨している。

すなわち米国ETFである【SPY】

一方で日本国内においては、世界全体に分散投資できる【VT】が人気がある様子。

このふたつのETFを比較してみた。

スポンサーリンク

VT と SPYの比較

? VT SPY
純資産残高 54億ドル 1800億ドル

(世界No.1)

取引量 バンガードETFでは、

マネックスNo.1

世界No.1
対象国 新興国~先進国 米国のみ
対象銘柄 大型/中型/小型

S&P500

構成銘柄

経費率 0.14% 0.0945%

組み入れ上位銘柄

  VT SPY
アップル 1.4% 3.28%
アルファベット 1.1%
マイクロソフト 1.0% 2.47%
エクソン・モービル 0.8% 1.81%
GE 0.7% 1.64%
ジョンソン・エンド・ジョンソン 0.7% 1.59%
ウェルズ・ファーゴ 0.7% 1.41%
アマゾン 0.6% 1.45%
ネスレ 0.6%
JPモルガン 0.6% 1.36%
バークシャー・ハサウェイ 1.38%
ファイスブック 1.33%
上位10銘柄の割合 8.2% 17.72%

私見

分散投資をこれ一本で! と考えた場合には、【VT】がベターだと考えられる。

だがよくよく考えてみたら、S&P500構成銘柄はその多くがグローバルカンパニー。

つまり【SPY】への投資は、米国企業への投資を通した世界への分散投資を兼ねている。

いま現在、私は【VT】を保有しているが、【SPY】は持っていない。

今後はバフェット推奨という事もあるし、ETFの購入候補には【SPY】を入れていきたい。

尚、マネックス証券は米国株取引手数料がリーズナブルで、銘柄も多いのでおススメだ。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク