配当貴族銘柄から高配当株をえらぶ「配当貴族の犬」のリターンは?

配当金を受け取ることは税制上のデメリットがあると言われます。

とくに資産形成フェーズでは税金支払いの繰り延べが有利です。

ところが配当金にもメリットはあります。

高配当利回り株からのインカムゲインは、心に癒しを与えてくれるのです。

 

配当金や配当利回りにフォーカスした戦略にダウの犬投資法があります。

ダウ構成銘柄のうち、配当利回りが高い10銘柄を等価購入するという方法です。

 

ダウの犬と同様に配当貴族銘柄から高配当株をえらんで投資したらどのようになパフォーマンスを示すのでしょうか?

ダウの犬のリターンから予想するに、「配当貴族の犬」も高リターンが得られると考えられます。

気になったので早速調べてみました。

 

海外ブログ suredividend.comからの引用です。

 

 

スポンサーリンク

配当貴族銘柄の高配当株をえらぶ、「配当貴族の犬」銘柄リスト

151129 Dividend-Aristocrat-Dogs-from-2005-to-2015

suredividend.comより

 

米国株配当貴族インデックスの構成銘柄から、高配当利回り株を10種抽出したリストです。

素敵な銘柄達が並んでいますね。

そりゃそうだ、貴族だもの。

配当貴族

 

続いて、25年連続増配銘柄×高配当利回りをピックアップする投資方法、「配当貴族の犬」のパフォーマンスはどうであったのかをみていきます。

 

スポンサーリンク

配当貴族銘柄の高配当株を選んだ場合のパフォーマンス

151129 Dogs-of-The-Dividend-Aristocrats-Performance

suredividend.comより

DoDA:(配当貴族の犬) Dogs of Dividend Aristcrats

DA:(配当貴族)Dividend Aristcrats

 

なんと、配当貴族の犬戦略は、配当貴族インデックスにアンダーパフォームしています。

それも過去10年間の内、9年も…

 

S&P500インデックスに対して、配当貴族の犬戦略は10年中4年で勝利しています。

4勝6敗。

 

2005年~2015年のトータルリターン比較

  1. 配当貴族インデックス配当
  2. S&P500インデックス
  3. 配当貴族の犬 

 

スポンサーリンク

まとめ:配当貴族銘柄から高配当利回り株をえらんでもリターンは向上しない

配当貴族インデックスは、S&P500に対してパフォーマンスは良好です。

しかしながら配当貴族銘柄といえども配当金・増配が必ずしも永続的であるとは言い切れません。

それでもやはり配当貴族と名乗った事のある株は、ブルーチップが多く魅力的です。

 

今回は配当貴族×高配当利回りの銘柄を抽出する、「配当貴族の犬」戦略のパフォーマンスを検証しました。

その結果、配当貴族の犬戦略はS&P500インデックスにトータルリターンが劣っていました。

 

つまり配当貴族の中から高配当利回り銘柄を選んで投資をする方針はリターン向上にはつながらないことになります。

したがって米国株貴族の一部銘柄に集中投資をするのではなく、幅広いセクター・銘柄分散投資をする事がS&P500を超えるリターンを狙うには必要だと考えられます。

 

 

配当金に注目した米国株

配当金に注目したイギリス株ADR