【SPYD】は、S&P500 高配当株80銘柄の均等加重ETF

米国株の高配当ETFは数多くあります。

ここでインデックス(株価指数)の王者が何であったかを思い出していましょうか。

 

S&P500

 

S&P500構成銘柄で高配当株を集めたETFが、SPYD。

分配金利回りが高く、おまけに低コストという優良ETFのひとつです。

スポンサーリンク

SPYD: S&P 500 高配当株式 ETF

編集
ティッカーSPYD
名称SPDR® ポートフォリオ S&P 500® 高配当株式 ETF
ベンチマークS&P 500® 高配当指数
特色S&P 500® 高配当指数のトータルリターンのパフォーマ
ンスに、経費控除前で、概ね連動する投資成果を上げる
ことを目標とします。
信託報酬0.07%
設定日2015年10月
純資産総額6億米ドル
10年トータルリターンNA
分配金支払い月年4回(3・6・9・12月)
分配利回り4.00%
10年増配率NA

 

SPYDは高配当ETFの中でも信託報酬が安く魅力的です。

一方で新設ETFであるが故の欠点があります。

純資産総額が6億ドルと、小さいこと。

 

メジャーな高配当ETFと比較すると、1桁も2桁も違います。

 

とはいえ信託報酬の低さから、SPDR肝いりのETFだとわかります。

いずれ純資産総額も増えていくことでしょう。

 

米国高配当株ETFの純資産総額(18年7月)

  • VYM:214億ドル
  • DVY:170億ドル
  • HDV:58億ドル
  • SPYD:6億ドル

>>世界ETF運用残高ランキング

 

ちなみにETF運用残高ランクの頂点に立つのはS&P500に連動する商品でSPY

そして上位にはVOOやIVVといったS&P500連動ETFがならんでいます。

世界における潮流、インデックス投資の王様はS&P500。

 

そのS&P500構成銘柄の高配当株80銘柄に分散投資ができるSPYDは注目しておいてよさそう。

>>S&P500ETFを比較した結果は?

スポンサーリンク

SPYD: S&P 500 高配当株式 ETFの組入れセクター

上表はSPYDのセクター別構成比率を示しています。

驚いたことに不動産と公益事業セクターで約50%を占めている。

 

S&P500では、不動産、公益事業セクターともに3%に満たない比率なのです。

 

つまりS&P500高配当指数とは、S&P500とは大きく異なるものだと言えます。

S&P500構成銘柄から抽出するだけにすぎず、セクターや銘柄比率は全くの別物。

 

S&P500のセクター別構成比率

  • 情報技術 26.28%
  • ヘルスケア 14.31%
  • 金融 14.01%
  • 一般消費財・サービス 12.67%
  • 資本財・サービス 9.71%
  • 生活必需品 6.80%
  • エネルギー 6.18%
  • 公益事業 2.88%
  • 不動産 2.74%
  • 素材 2.56%
  • 電気通信サービス 1.87%

 

スポンサーリンク

SPYD: S&P 500 高配当株式 ETFの組入れセクターの組入れ銘柄

SPYDの構成上位銘柄は、馴染みのある銘柄が少ない印象です。

 

S&P500の時価総額上位かつ高配当株が並ぶと思っていたのですが、予想を裏切られました。

 

これは、S&P500高配当指数が80銘柄の均等加重である点が理由。

理論的には、80銘柄それぞれに1.25%が振り分けられるという株価指数なのですね。

今回初めて知りました。

 

時価総額が大きかろうが小さかろうがS&P500構成銘柄で高配当株ならば、均等に割り付けされるのがSPYDということです。

SPYD について

The SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF tracks an index of the 80 highest-yielding stocks selected from the S&P 500. Stocks are equally weighted.

 

 

ETF.com

 

>>米国株高配当ランキング上位10銘柄【2018年】S&P500編

スポンサーリンク

SPYD: S&P 500 高配当株式 ETFの株価チャート

紫:SPYD 水色:S&P500(SPY)

 

上図は2015年10月からのSPYDとS&P500の株価チャートです。

チャイナショック以降では、S&P500高配当指数が良好な株価回復を示していました。

 

一方で2017年も後半になると、S&P500が勝ることになる。

ハイテク銘柄が多く含まれていることが原因でしょうね。

 

僅か2-3年の間にも、優位なセクターが入れ替わっていたことがうかがい知れます。

>>米国株:S&P500 セクター別トータルリターン【2017年版】

>>セクターローテーションに対応できるポートフォリオの作り方

 

SPYDの株価チャート 直近10カ月

finviz dynamic chart for  SPYD

 

スポンサーリンク

SPYDの配当金(分配金)推移

 

SPYDの設定は2015年10月。

 

高配当であることは変わりないですが、

  • 増配率がどうなるのか
  • 株価下落時の状況

といったことが、過去データからは読み解くことが難しい。

>>VIG バンガード米国増配株式ETFの特徴、分配金と増配率

スポンサーリンク

SPYDへの私見:配当金好きは要注目

 

SPYDは4%前後の高配当利回り。

配当金好きには魅力的な水準です。

 

一方で80銘柄への均等加重であるETF。

S&P500構成銘柄なので、一定以上の時価総額が保たれているとはいえ少し気になります。

 

ただし、S&P500や他の高配当ETFとは異なるセクター構成比率ということだって、分散という視点でみれば魅力的にみえます。

 

VYMやHDV+SPYDという保有として、不動産や公益事業セクターの補完をするのもいいかもしれません。

日本からはIYRの他に優良な米国REITが購入しにくいことを鑑みると、高配当ETFとして一つの選択肢となりそう。

 

自分で保有していないので何とも言えませんが、気になるETFとなったことは間違いありません。

 

>>米国ETFの選び方、大事な3つのポイント

>>海外ETF、注目の13銘柄リスト

スポンサーリンク

配当金に注目の米国株マイポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしています。インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うからです。

 

【参考:米国株 注目の51銘柄

 

米国株で配当金について注目している銘柄

 

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

 

【参考:米国株マイポートフォリオ

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。