スポンサーリンク

連続増配銘柄が株価大暴落のときに増配をやめる割合

2017年初頭、アメリカ株において25年以上連続増配している銘柄は108あった。

2015年のデータをみるとその数は105であった。

この2年間で連続増配が途絶えた企業もあるだろう。またM&Aなどによる数の増減も考えられる。

つまり2015年~17年にかけて25年以上の連続増配銘柄は最低3つ以上増えていることになる。

連続増配株といえども、いつかはその増配記録が止まるときがやってくる。

金融危機のときには企業の体力が下がり、配当金をだす余力がなくなる。

すると増配をストップしてしまう。

たとえば25年以上連続増配銘柄ですら、リーマンショック時には約3割もの企業が増配を中止した。

参考増配年数ランキング 米国株は25年増配銘柄が105もある 【2015年版】

スポンサーリンク

連続増配銘柄の数

The DRiP Investing Resource Centerより

上図は過去10年間における、25年以上連続増配銘柄数の推移を示したものである。

2008年~09年にかけて大きく減っていることがわかる。

  • 2007年12月:139銘柄
  • 2009年11月:97銘柄

僅か2年の間に42企業が脱落している。

約30%もの減少である。

理由は明白。

リーマンショックだ。

25年以上連続増配をしている安定企業であっても、リーマンショック級の経済危機がきたら増配をストップせざるを得ない。

それに耐えられるのは約7割の企業となる。

過去からの継続を帳消しにしてしまう力が経済危機にはある。

参考 配当貴族から配当王への道のりで、47%が脱落する

リーマンショック以降、連続増配企業数は増えている

25年以上連続増配銘柄数は以下の通り。

  • 2009年11月:97
  • 2011年4月:100
  • 2013年4月:104
  • 2015年4月:105
  • 2017年4月:110

リーマンショック以降、増配は順調に継続されていたと推測できる。

参考 株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うこと

まとめ、

25年以上連続して増配している銘柄は、投資する上で安心感を与えてくれる。

しかしながらリーマンショック級の経済危機に直面すると3割程度の企業が増配継続できなくなる。

一方で経済危機からの回復がわずかでもあれば、アメリカ企業は増配を続ける。

現に2009年以降の25年連続増配銘柄数は増加している。

今回このデータをみて感じたことがある。

  • 連続増配銘柄が増配できなくなり始めるのは、経済危機が顕在化したときより少し早い
  • 最近の増配銘柄は率が低くなっているが、増配を継続できている

まだその時への猶予はありそうだ。

See you!

参考配当貴族の構成銘柄一覧 25年連続増配の偉大なる50銘柄【2016年版】

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. ともゆき より:

    リーマンショックで増配がストップした銘柄の、その後が気になります。増配出来なかった時点で売却するべきなのか、それともホールドしてもインデックスと同等のパフォーマンスなのか。直感では、その時点で売却するのが正解なように思うのですが…。

    • はちどうきゅうどう より:

      ともゆきさん、
      コメントありがとうございます。
      連続増配銘柄の増配ストップ時に継続保有 or 売却のどちらがリターンに繋がるのかは興味あります。
      残念ながらそのようなDataを提供してくれる情報源が見当たりませんでした。

      個人的には増配銘柄を購入する理由が”増配”にあるならば、売却するのが筋だろうと思います。