米国株ヘルスケアセクター、私が注目している6銘柄

スポンサーリンク

ヘルスケアセクターへの投資は良好な結果

20世紀後半において、ヘルスケアセクターへの投資リターンは良好であった。

ジェレミー・シーゲル著の株式投資の未来によれば、1957年~2003年のセクター別リターンのトップがヘルスケアセクター。

  • 1位:ヘルスケア:14.19%
  • 2位:生活必需品:13.36%
  •  S&P 500平均   :10.85%

個別銘柄にブレイクダウンしてみると、1957年~2012年迄のトータルリターンTop.20 のうち、4銘柄がヘルスケアセクターであった。

  • アボット・ラボラトリーズ 【ABT】
  • ブリストル・マイヤーズ スクイブ 【BMY】
  • メルク 【MRK】
  • ファイザー 【PFE】

ヘルスケアセクターが抱える課題

我々人類は多くの病を克服してきた。

感染症と抗生物質、高血圧と降圧薬、高脂血症と脂質異常症治療薬。

製薬企業が開発する薬剤は、かつての低分子医薬品から抗体製剤などの高分子医薬品へと中心が移り変わっている。

参考:個人投資家必見 医薬品売上高ランキング 2015年

高分子医薬品を開発する上での課題としては

  • 開発が高コスト
  • それが故に市販後は高薬価
  • なので、規制当局からの医療費抑制政策の対象

などが挙げられる。

さらに、高分子医薬品は特許切れ後、バイオシミラーの侵攻を目の前に控えている。

売上ランキング上位の多くの医薬品は、以下のようにバイオシミラーが開発されているのだ。

バイオシミラー

バイオシミラー、開発競争熾烈…エタネルセプトやトラスツズマブが最終段階により

つまり、製薬企業としては開発するにも金がかかり、後ろからはバイオシミラーの足跡が迫っている。

まさに前門の虎後門の狼。

ヘルスケアセクターの置かれている状況は、20世紀後半とは明らかに異なる。

米国株ヘルスケアセクターで注目する銘柄

私は株式投資に再現性の高さを求める。

過去データを重視しているわけだ。

そして、FACTの中からジェレミー・シーゲル著書を参考に

を選好している。

特に下記銘柄群を監視銘柄として注視している。

ヘルスケアセクター×配当貴族
  • 【ABBV】アッヴィ
  • 【ABT】アボット・ラボラトリーズ
  • 【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • 【MDT】メドトロニック
ヘルスケアセクター×ダウの犬銘柄2017
  • 【PFE】ファイザー
  • 【MRK】メルク
ヘルスケアセクター×シーゲル銘柄
  • 【ABBV】アッヴィ
  • 【ABT】アボット・ラボラトリーズ
  • 【BMY】ブリストル・マイヤーズ スクイブ
  • 【MRK】メルク
  • 【PFE】ファイザー

見方を変えるとご覧の通り↓

で、どうする?

ヘルスケアセクター銘柄への追加投資は継続する。

配当利回りを考慮し、メドトロニックは次点とする。

つまりは、注目の6銘柄

  • 【ABBV】アッヴィ
  • 【PFE】ファイザー
  • 【MRK】メルク
  • 【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • 【BMY】ブリストル・マイヤーズスクイブ
  • 【ABT】アボット

への資金投下を継続する。

薬まみれにならないように注意しながら。

See you!

参考:個人投資家必見 医薬品売上高ランキング 2015年


関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク