【脱社畜の働き方】サラリーマン投資家が考えた現実的な2つの方法

最近、脱社畜という言葉をよく目にします。

労働者を揶揄した単語ですね。

しかしながら会社員だからこそ得られる利益だってあります。

 

ならば脱社畜をする働き方を実践すればよいのではないでしょうか。

そこで本記事では、サラリーマンのメリットとともに、脱社畜をする方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

脱社畜とは、社畜から脱出すること! では社畜の定義とは?

脱社畜の働き方を紹介する前に、社畜とはそもそも何か?という点をクリアにしていきます。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

ウィキペディアより

つまり社畜とは、主体的ではない会社員を指します。

  • 社:会社員、賃金労働者
  • 畜:主体性や自主性がない

 

したがいもし主体性のないひとが脱社畜をしたとしても、「畜」の部分は残ってしまいます。

会社員を辞めて脱社畜をしたつもりでも、状況を把握し、自分で判断し、自ら行動しなければ脱社畜にはならないのです。

なので脱社畜の働き方をするには、自主性や主体性をもつことが必須です。

 

社畜とは、主体性や自主性のない会社員のこと

スポンサーリンク

脱社畜の働き方と共に、サラリーマンのメリットを把握しておこう

脱社畜の方法を検討すると、サラリーマンを退職することがひとつの手段となります。

会社員でなくなられば、社畜ではなくなるからです。

しかし日本の労働環境をみると、雇用の流動性が高いとは言い難いです。

 

脱社畜のためにサラリーマンをやめたら、復職しにくいことは否めません。

社畜の「社」に紐付く利益を受け取ることが難しくなるのです。

ですから脱社畜をする際には、サラリーマンのメリットを理解した上で行動をした方が良いです。

 

たとえば

サラリーマンのメリット

  • 安定した収入を得られる
  • 社会的信用が高い
  • 健康保険などの社会保険料を会社が折半して負担してくれる
  • 退職後の年金額が多い
  • 家賃補助やその他の福利厚生がある

こうしたメリットがあります。

 

そもそもなぜ脱社畜を考えるに至ったのでしょうか。

労働時間が長いだったり、通勤時間が苦痛だったり、上司や部下・同僚とのやり取りがメンドウといったデメリットから逃げたい気持ちが優勢となっているでしょう。

 

しかしながら会社員のメリットは、思っている以上に大きいのです。

とくに数年、数十年と長期的な視点で見た場合、安定した収入があるということは、精神的にも経済的にも大きなメリットといえます。

 

であるとすれば、働きながらの脱社畜をする方法を模索すればよいですね。

 

会社員のメリットを享受しつつ、脱社畜をする。

それが脱社畜の働き方といえます。

スポンサーリンク

【脱社畜をする方法】サラリーマンをさっさと辞めるか、主体的な会社員になればいい

脱社畜の方法

脱社畜の方法

脱社畜をする現実的な方法を考えた場合、「社」か「畜」のどちらかを打ち消してしまう手段が思い浮かびます。

具体的な脱社畜の方法として

  • サラリーマンを退職する
  • 自主的な主体的な会社員になる

が挙げられます。

【脱社畜をする方法】サラリーマンを辞める

サラリーマンを退職すれば、すぐに脱社畜達成です。

社畜の「社」をキャンセルするということですから。

社畜ではなくなります。

 

この場合の脱社畜メリットは何でしょうか?

退職することで、自由に使える時間が大幅に増えることです。

これが早期退職の最大のメリットでしょう。

 

しかし主体的に時間の使い方を管理しなくては、堕落の一途を辿ります。

脱社畜したつもりが、「畜生!」なんて文句ばかり言う人生となるかもしれません。

 

また、安易な退職による脱社畜には、会社員のメリットを失う側面があります。

とくに給料という名の安定した収入がなくなることは覚悟しなくてはなりません。

 

だから脱社畜をするといってサラリーマンを退職するときには、資金計画をあらかじめ立てておくことが求められます。

 

  • 収入を得なくても生活できるだけの資産を築く
  • 収入源を確保する
  • 節約して支出を抑える

 

もし資金が不足するようならば、脱社畜をする前に、サラリーマン投資家のメリットを生かし、不動産投資や何かしらの融資をひっぱっておくのがおすすめです。

脱社畜後に、金の心配をしなくてはいけないとなるのは避けたいですから。

【脱社畜の働き方】主体性を有する会社員になる

しつこいですが、社畜という言葉は、自主性や主体性が欠如した賃金労働者を指します。

であるとすれば主体性を有する会社員は、社畜とはいえません。

したがい脱社畜の働き方は、主体性を有する会社員になることで可能です。

 

脱社畜の働き方をするならば、会社員であることに幸せを感じられるようになることがおすすめです。

 

会社員が幸福度を上げる3つの方法

  • 年収1000万円のサラリーマンになる
  • 勤務時間は厳守!有給を全て使って、週の労働時間を33時間以内に抑える
  • 通勤時間は往復45分以内、それが無理なら在宅勤務

 

こうなれば、脱社畜に成功したといえます。

会社を辞めずに、脱社畜を成し遂げるのです。

 

主体的に、給料、労働時間、通勤時間の改善を図れば、脱社畜+幸せゲット。

これぞまさに脱社畜の働き方です。

 

スポンサーリンク

脱社畜をする方法をサラリーマン投資家目線で考えてみて感じたこと

本記事では、サラリーマン投資家目線による脱社畜する方法を検討しました。

脱社畜をするにしても、人生の主人公は自分自身であることに変わりありません。

つまり人生で何がやりたいのか、どうありたいのかを自問自答することになります。

 

また、給料以外の収入源の作り方や労働環境の改善は、主体的・自主的に実施が可能です。

社畜という言葉を自分に当てはめるならば、それをどのように定義し修正していくのかを自主的に考え無い限り、真の脱社畜には至らないのではないでしょうか。

 

サラリーマン投資家として、脱社畜の方法は以下の2つを総合的に達成することだと感じました。

脱社畜をする2つの方法、現実的な手段と解決策

①サラリーマンを辞める

  • 収入を得なくても生活できるだけの資産を築く
  • 収入源を確保する
  • 節約して支出を抑える

 

②主体性をもって給料、労働時間、通勤時間の改善を図る

  • 年収1000万円のサラリーマンになる
  • 勤務時間は厳守!有給を全て使って、週の労働時間を33時間以内に抑える
  • 通勤時間は往復45分以内、それが無理なら在宅勤務

 

以上、「【脱社畜の働き方】サラリーマン投資家が考えた現実的な2つの方法」でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました