不労所得には株・借金・税金の3要素が大切

スポンサーリンク

不労所得生活を目指すには、株式投資・不動産・税金に要注目

引用:markethack

 

不労所得に関する興味深い記事を拝読しました。

markethackによる、「富のプロセスへの参加」です。

 

少し乱暴かもしれませんがまとめてみます。

 

不労所得に必要な3つのちから

  • エクイティー(株式投資による資産形成)
  • レバレッジ(借金によるアクセラレータ)
  • 税金(税金という障壁を乗り越える節税という名のテクニック)

 

これは自分でも使ってみたくなりますね。

富のプロセスへの参加 : Market Hack
『21世紀の資本』の中でトマ・ピケティは富の分配の不平等が世界的に進行していると警鐘を鳴らしました。格差がどんどん広がっている理由は資本収益率(=カネがカネを生むこと)が経済の大きさの成長のペースより高い成長率で拡大しているからだとその本は論じていました
スポンサーリンク

不労所得を増やす方法は、株・不動産・税金対策の力を借りる

不労所得の駆動に必要な3つの力を、インカム投資に応用していきます。

株式投資による配当金で、不労所得を積み上げる

エクイティを株式と置き換えると、不労所得は配当金ということになります。

そして株式による配当投資には、種銭が必要になります。

もし配当利回り5%だとしても、1,000万円の株式投資で年間50万円の配当金なのです。

 

しかし不労所得の第一歩であることは変わりありません。

金融庁だって株式投資の普及を望んでいます。

ですから不労所得に憧れるだけではなく、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

 

もし種銭不足だと感じてもその他手段が存在します。

起業が視野に入ってくるのです。

副業2.0という言葉がでてきましたし、日本政府は副業をすすめています。

 

国がすすめている株式投資や起業は、不労所得を駆動するひとつのパーツなのですね。

エクイティーというのは「持ち分」であり「オーナーシップ」と言い直すことも出来ます。などもここへ入ります。マイホームもそうです。その他、起業した場合、あなたはオーナーなのでエクイティー・ホルダーになります。

富のプロセスへの参加より

配当金集計
「配当金集計」の記事一覧です。

不動産投資や事業投資からの不労所得を、借入金を使い加速する

エクイティ(例:株式投資)で、ある程度の不労所得をえることが出来たら、そのベクトルを加速していきます。

その際にはレバレッジ・てこを活用するのです。

 

つまり借金をして不労所得をブーストさせるということ。

 

レバレッジといえば、先物取引や信用取引が思い浮かびます。

ところがこれら投資商品は株式と価格が連動しやすい。

つまり資産分散を考えると、株式との併用に適していないのです。

 

もちろんペーパーアセットで不労所得を加速させるのも手でしょう。

しかし私は複数の不労所得源を持っていた方が安心できます。

株価長期停滞や、暴落に耐えられるだけの精神力があるとは思えません。

 

心にいつも臆病者が潜んでいるのです。

 

ですから株式とは異なる資産からの不労所得もゲットしたい。

金融資産と実物資産

伝統資産と非伝統資産など。

 

たとえば不動産投資がいい例ですね。

 

2018年に入り、私は借入金をつかって太陽光発電投資を開始しました。

売電収入が不労所得となってくれるだろうと予想してのことです。

現に株価の変動に関係なく、しっかりと発電をしてくれています。

 

いずれにせよ借金を味方につけて、不労所得を加速することが大切なのだと思います。

太陽光発電投資、地銀でフルローンを通した方法を3ステップで紹介
太陽光発電投資を法人で開始します。 1基目の稼働が少し遅れ、2018年8月から。 7月末に地方銀行さんで、フルローン融資実行がなされます。 地銀でのフルローン実行までに要した時間は5カ月。 かぼちゃの馬車事件...

税金:法人設立&節税による不労所得の最大化

不労所得を駆動するちからの3つ目は、税金。

税金は不労所得のアンチとなります。

したがい税金を安くすること、つまり節税が不労所得の最大化に繋がります。

 

であるとすれば、法人成りした方が有利でしょう。

 

個人と法人の二つの財布を持ち、使用できる経費枠が広がることは魅力です。

 

逆に言えば、節税のメリットがある規模にまで不労所得を拡大しておく必要性が見えてきます。

借入金によるレバレッジと法人化の相性が良い理由がここにあります。

 

借金で不労所得を加速し、法人化による節税で不動所得を最大化するということですね。

 

Markethackの広瀬さんから多くを学ぶことができました。

 

不労所得に必要な3つのちから

  • エクイティー(株式投資による資産形成)
  • レバレッジ(借金によるアクセラレータ)
  • 税金(税金という障壁を乗り越える節税という名のテクニック)

 

以上、「不労所得には株・借金・税金の3要素が大切」でした。

 

関連記事の紹介

投資や資産形成は、お金持ちだけの特権ではありません。

富裕層だけが投資をしているのか?
富裕層だけが投資をしているわけではない 資産運用や投資はお金持ちだけの特権なのでしょうか。 そんなことは決してありません。 日本では投資をしたいと思えば誰でも実施可能です。 現に日本では、富裕層以外の人も投資をし...

 

サラリーマンが安定した職業だと言えない時代に生きています。誰もが不労所得をもつようになるのかもしれませんね。

サラリーマンの3つのリスクを考えると、不労所得が欲しくなる
不労所得がサラリーマンに必要な理由 サラリーマンのリスク①:収入源が1つしかない事 たまごを一つの籠に盛るなという投資格言があります。 リスクヘッジを意識させ、分散投資の重要性を説いた名言です。 サラ...

 

米国株のインカム投資の際には、配当金額をチェックする事が楽しくなります。

マネックス証券で月別の配当金を確認する方法
マネックス証券では配当金履歴はCSVで記録・保存しておこう を使い、配当金投資をしている際には注意点があります。 2年以上前の受取配当金記録を、CSVダウンロードできなくなるのです。 もちろん特定口座年間取引報告書では...

コメント

  1. R より:

    投資推奨している割には
    金融資産30%へ増税案あったようですね
    流れたみたいですが
    そんな話が出てくるだけでもがっかりです

    • はちどうきゅうどう より:

      Rさん
      こんにちは。
      金融所得への増税が見送られた というニュースがありましたね。
      選挙が無ければ可決されていたかもしれません。

      国の財政・社会保障費をみるに、国民の負担をあげていくしかないのだろうとは理解できます。
      一方で個人に投資を促しつつ、その金融所得への課税率をあげるというのは、なかなかに巧妙な手口なようにみえます。

      とはいえ、こうした状況下で個々人が何かしらの対策をしておくのが必要な時代なのでしょう。
      平和な日本に生きていることに感謝をしつつ、自分でとれる行動はとっておきたいと思いますね。