太陽光発電投資、地銀でフルローンを通した方法を3ステップで紹介

太陽光発電投資を法人で開始します。

1基目の稼働が少し遅れ、2018年8月から。

7月末に地方銀行さんで、フルローン融資実行がなされます。

 

地銀でのフルローン実行までに要した時間は5カ月。

かぼちゃの馬車事件もあって、苦戦しました。

 

まぁ、太陽光発電投資そのものがゆったりとした時間軸での取引ですからね。

 

今回、地銀にて2基分のフルローン獲得ができました。

5,600万円のフルローン融資。

本記事では太陽光発電投資でフルローンを獲得した方法を紹介します。

スポンサーリンク

フルローンの通し方の前にステークホルダーを知ろう:地銀&太陽光発電投資業者

 

太陽光発電投資でのフルローン獲得に要した時間は5カ月。

その間にでてきたステークホルダーは5名です。

 

フルローン獲得に際し、地銀担当者とのコミュニケーションが最重要であると感じました。

 

地銀側

  • 地銀担当者
  • 地銀担当者の上司
  • 地銀の融資本部

太陽光発電家側

  • 太陽光発電業者
  • 太陽光発電投資家(私)

 

いかに地銀担当者との意思疎通をし、太陽光業者さんをつなげるのかが鍵となります。

スポンサーリンク

太陽光発電投資のフルローン獲得までの3つのステップ

 

私は10年ほど前に不動産投資の経験があります。

その頃はりそな銀行にお世話になっていました。

とはいえそれからの長い間、銀行から融資をうけたことはありません。

 

今回は初の地銀アタック。

 

地銀担当者との面談であとから分かったことなのですが、融資には3つの壁があるようです。

ひとつずつ攻略法をみていきましょう。

 

太陽光発電投資フルローンの3つの壁

  1. 一見さんお断りの壁
  2. 属性 or 金融資産の壁
  3. 融資本部の壁
スポンサーリンク

地銀でのフルローン獲得の方法①(太陽光発電投資編)

地銀担当者によると、一見さんに対する融資の敷居はかなり高いとのこと。

 

ですから過去に取引のない銀行に融資申し込みをする際には、誰かからの紹介をうけることがベター。

  • 太陽光発電業者
  • 税理士
  • 司法書士
  • 友人
  • 知人

 

ここを突破しないと、担当者がつかない。

しかも地銀担当者はめちゃめちゃ多忙。

もし担当者がついたとしても、業務を後回しにされて融資が前に進みません。

 

さらに、太陽光発電投資の融資経験がない担当者だともうひと頑張り必要です。

 

つまり地銀担当者に太陽光発電に関する説明を実施することが求められます。

 

太陽光発電の説明内容

  1. 太陽光発電とは?
  2. FIT、固定価格買い取り制度とは?
  3. 太陽光発電投資の事業計画は?

 

ですからなんとしても誰かからの紹介を受けてからの融資申し込みが良さそう。

そして太陽光発電投資の融資経験者へ紹介してもらうと尚ベター。

 

また、最低限の条件として地銀エリアで投資活動をすることが必要。

 

私の場合には下記が該当したのでラッキーでした。

  • 地銀のエリアに、法人の本店があったこと
  • 地銀のエリア内に、融資対象の太陽光発電所があること

 

フルローンをうけるポイント①

  • 一見さんなら紹介を受けるべし
  • 太陽光発電投資の未経験地銀担当者向けの説明資料を用意すべし
  • 地銀の活動エリア内への貢献を前面に出すべし

 

スポンサーリンク

地銀でのフルローンの通し方②(太陽光発電投資編)

 

ここが融資を受けてもらえるかどうかの分かれ道。

まずは太陽光発電投資でキャッシュフローがマイナスとならないことが大前提。

 

しかしながら私が持ち寄った地銀さんは、過積載を認めない方針でした。

ということは、キャッシュフローがマイナスとなってしまう計算になる、、、

 

この場合の対策を地銀担当者と練りました。

 

もし過積載分がマイナスになったしても、それを補てんできるだけの金融資産を有していることを証明すればいいのです。

 

私の場合には、この2つをおしました。

  • 住宅ローンがないこと
  • 有価証券・金融資産(米国株)を保有していること

 

不動産投資→米国株投資へと移行した結果、流動性資産が増えていたことが吉とでた。

 

地銀への提出書類は以下の通り。

項目詳細
①自宅住所、取得時期、取得時の価格、ローン残高
②年収世帯年収、自分の年収、家族の年収など
③現金預金持っている全ての口座を合計する。家族全員、法人口座
➃所有株式時価で一度計算し金額を記載。

 

これら以外にも

  • 太陽光発電投資の事業計画
  • 法人の登記状況、その他情報

は提出しましたね。

 

地銀担当者からは、

  • 家族構成・年齢
  • 金融資産の出どころ、相続か否か
  • サラリーマン勤続の予定
  • 法人設立の理由、名前の由来
  • これからの投資方針、太陽光発電投資を他社でもするのか

など、根掘り葉掘りきかれました。

 

フルローンを通すポイント②

  • 太陽光発電投資では毎年プラスのキャッシュフローを提出すべし
  • マイナスキャッシュフローでも、カバーできる金融資産を有していると証明すべし
  • 地銀担当者からの質問には真実を回答し、余計な事は答えないべし

 

スポンサーリンク

太陽光発電投資で地銀フルローンを獲得する方法③

 

地銀担当者とロジックを構築しても、その上長や融資部、銀行本部への交渉が必要になります。

まずは地銀として最低限必要な条件はすべて飲みます。

 

地銀のスキームに乗る

  • 売電収入やその他権利に抵当権設定をする
  • 土地の登記には地銀紹介の司法書士で承諾する

 

つづいて、銀行本部を説得するために、いくつかの方法を地銀担当者と相談します。

 

地銀担当者とそれ以外の方法を相談し実行する

  • 個人名義で地銀の口座をつくる
  • その口座に一定額の入金をする(数百万円)
  • 給与の一部振り込みをする

 

これら以外にも、

  • 投資信託の積立をする(ノーロードがないので断念)
  • つみたてNISA口座をつくる(楽天証券で作成済なので断念)

などといった条件を相談しましたが、実施可能な方法をチョイスしました。

 

フルローンを通すポイント③

  • 地銀のスキームには乗るべし
  • 担当者の成績になることを積極的に取り入れるべし

 

>>サラリーマンの法人設立:印鑑の作り方

スポンサーリンク

まとめ:地銀で太陽光発電投資フルローンを通した方法

ステップ①

  • 一見さんなら紹介を受けるべし
  • 太陽光発電投資の未経験地銀担当者向けの説明資料を用意すべし
  • 地銀の活動エリア内への貢献を前面に出すべし

 

ステップ②

  • 太陽光発電投資では毎年プラスのキャッシュフローを提出するべし
  • マイナスキャッシュフローでも、カバーできる金融資産を有していると証明するべし
  • 地銀担当者からの質問には真実を回答し、余計な事は答えないべし

 

ステップ③

  • 地銀のスキームには乗るべし
  • 担当者の成績になることを積極的に取り入れるべし

 

こんな感じで、2基分のフルローンを通すことに成功しました。

 

ここで注意したいのが初期費用。

地銀さんも低金利で大変なご様子。

融資金額の5%を初期費用として請求されました。

 

ですからフルローンとはいえ金策を事前に練っていおた方がよいですよ。

 

以上、地銀でフルローンを通した方法を3ステップで送りしました。

 

尚、太陽光発電投資の分譲案件はこちらで一括入手できます。登録しておくと便利ですよ。

>>太陽光発電投資物件探しは【メガ発】 カンタン登録でお得な情報をGET

 

関連記事の紹介

副業がすすめられているいまの日本。その流れに乗って法人設立をして太陽光発電投資をすることにしました。

サラリーマンが、法人で太陽光発電投資をする際に思う3つのこと
法人設立によるサラリーマンの太陽光発電投資が始まる エリア FIT (円) パネル (kW) 連系予定 千葉 27 99 2018年6月 千葉 27 87 2018年7月 ...

 

太陽光発電投資のメリットは、多岐にわたります。

太陽光発電投資のメリット:家族で過ごす時間が増える
「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」は、 シーゲル流ポートフォリオ 配当成長投資 の力を借りて、アーリーリタイアをするまでの物語です。 2015年に目標を立て、2027年にアーリーリタイアを達成する計...

 

オルタナティブ投資、実物資産への投資という意味で太陽光発電投資はよさそうだと思っています。

金融資産と実物資産への投資の違いとは?
実物資産と金融資産をバランスよく運用するのがおすすめ 本記事では、実物資産と金融資産の違い、メリット・デメリット考察していきます。 資産運用をする上では、ペーパーアセットとリアルアセットという選択肢がありますからね。...

コメント

  1. マッキー より:

    はちどうきゅうどう様、こんばんは。

    記事の中で気になる箇所が一点。

    「融資金額の5%を請求されました」

    頭金として払ったなら問題ありませんが、手数料的に納めたなら返還してもらえる可能性があります。コンコルディアグループ
    (西東京銀行➕横浜銀行)で、融資に関して利息以外の手数料を顧客に課していた件で、同グループは金融庁から業務改善命令を受けて、顧客に手数料を返還しています。

    地銀なら返してくれるかも⁉️

    大きなお世話だったらごめんなさい。

    • はちどうきゅうどう より:

      マッキーさん、
      こんばんは。
      頭金ではなく、ファイナンシャルなんとかなんとかといった名目だったと記憶しています。
      融資実行の後、書類をすべて送ってもらうのでその際に確認してみたいと思います。

      ただ、2基目の融資が止められると困ってしまうので、その後に地銀担当者に相談してみます。
      これが返金されたらかなり大きいですね。
      ありがとうございます。

  2. 太陽光ファン より:

    その手数料って、実質金利負担と同じじゃないでしょうか?

    そういう経費を込みで、銀行でローンを組むメリットと信販会社の提携ローンとのコスト比較ってどうなるんでしょうか?

    • はちどうきゅうどう より:

      太陽光ファンさん
      コメントありがとうございます。手数料は実質金利負担と同義だと思っています。その場合、17年ローンで金利1.6%前後となると計算しました。
      信販では2.15%の15年ローンでしたので、地銀有利だと思いアタックした次第です。
      とはいえ、第二地銀と金利を競わせるという手段もあったのだと最近しりました。もうすこし金利を下げることが可能なのかもしれませんね。

  3. エリー より:

    はちどうきゅうどう様

    頭金のような、金利先払いのような、金利が安くなるので、借り換えられないスキームですね。買い換えることはないかと思いますが。変動タイプでしょうか、短期間固定型でしょうか。短期固定だと期間終了後の金利とかも気になりました。
    私もこれからアタックします。

    • はちどうきゅうどう より:

      エリーさん
      千葉銀さんは、5年の短期固定型です。
      いまの日本の状況を鑑みるに、5年後でもまだそれほど金利は上昇していないだろうと想像しています。
      そうなると10年間の低金利融資を獲得することになります。
      もし10年後に金利が大幅上昇していたとしても、その際には一括返済やその他方法を検討すればいいかな、と考えています。

      地銀アタック、応援しています。キャッシュフローが改善しますからね。