スポンサーリンク

米国個別株とインデックス(株価指数)の株価チャートを比較する方法

個別株投資には個別株の、インデックスにはインデックス投資のメリット・デメリットがある。

アクティブ投資かパッシブ投資なのかの比較は、多くの個人投資家が考えることだろう。

細かいことは置いておき、例えばS&P500と個別銘柄の株価チャートを比べてみると面白い。

そこで今回はヤフーファイナンスで代表的な株価指数と個別株の比較チャートをみる方法を紹介する。

スポンサーリンク

インデックスのコードを入れ比較チャートを表示する方法

今回は分かりやすく日本語版を引用する。

株価指数に連動するETFたとえば下記がある。

  • S&P500  :SPY、IVV、VOO
  • NASDAQ100:QQQ

しかしなぜか日本語版Yahoo financeではこれらティッカーでは株価チャートが表示されない。

米国ETFと比較する場合には英語版サイトを使用するのが良い。

株価指数(インデックス)のコード一覧を用いて比べる

  • S&P500:^GSPC
  • ダウ平均:^DJI
  • NASDAQ:^IXIC
  • 日経平均:^N225

日本語版でも英語版でも、YahooでもGoogle financeでも、これらのコードを入力すれば簡単に株価チャートを比較検討することが出来る。

個別株のティッカーをヤフーファイナンスに入力する

まずはヤフーファイナスにアクセスする。

そして比較したいお気に入りの個別銘柄のティッカーシンボルを入力しよう。

今回はディフェンシブ株の王様、ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJを例とする。

個別銘柄の株価チャートをYahoo fianceで確認してみる

するとジョンソン・エンド・ジョンソンのバリュエーションや株価チャートが表示される。

日本語でもこのようにアメリカ株の情報は簡単に入手可能だ。

便利な世の中である。

英語が出来ないから米国株投資を躊躇しているという人は機会損失という言葉を思い出してほしい。

AI(人工知能)の言語翻訳よりも早く、インターネットの世界はグローバル化・フラット化が進んでいる。

インデックスのコードを入力して個別株との比較チャートをだす方法

ジョンソン・エンド・ジョンソンと比較したいのはアメリカ市場を代表する株価指数S&P500だ。

  • S&P500:^GSPC

太字の部分を入力してみよう。

インデックスと個別株の比較チャートを簡単にみられる

チャートの期間は、1日・1週間・1か月・3か月・6か月・1年・2年・5年・10年とある。

いずれでも好きな期間を選択すればよい。

例えば10年の長期チャートでS&P500とJNJを比べたものはご覧の通り表示される。

個別株とインデックスの配当金を含めたトータルリターンを比べる方法

ヤフーファイナスでの比較はあくまでも株価のみである。

つまり配当金や分配金を含んでいない。

高配当利回り株には不利な比較内容だ。

配当金と株価上昇の両方を含めたトータルリターンを比較する方法はもちろんある。

それはモーニングスター社のサイトを使うと便利だ。

その方法はこの記事を参照願いたい↓

アメリカ株に投資をしている場合、無料で使用できるツールが沢山ある。 多くありすぎて何が何だか分からなくなってしまう。 まずは自分が何を知りたいのかを把握するのが良い。 今回は過去10年での米国個別株トータルリターン...

米国個別株はS&P500と比べてみるとより面白い

米国個別株とインデックスの株価チャートを比較する方法を試してみてはいかがでしょうか?

アメリカ株投資する際、株価指数と比べて銘柄選択してみても面白いですよ。

  • S&P500  :^GSPC
  • ダウ平均株価:^DJI
  • ナスダック :^IXIC
  • 日経平均株価:^N225

See you!

■関連記事の紹介

パッシブ投資に個別株投資はなかなか勝てない。それでもインデックスより高いリターンを狙いたいならばアクティブ投資を取り入れてみるのがいい

インデックス投資はアクティブ投資と比較しパフォーマンスに優れる傾向があると言われている。アクティブ投資は手数料の分だけ損をしやすいことが理由だ。だから投資信託の世界では両者の違いを明確にし、インデックス投信がもてはやされアクティブファンドは...

米国株を選ぶときにはまずS&P500と比べて悩んでいる

S&P500とは、米国株式市場を代表するインデックスである。何に投資をするのか迷ったら、まずS&P500連動ETFがおススメだ。 ちなみにS&Pはアメリカの証券取引所に上場された代表的な500銘柄で構成される株価指数を...

なんだかんだいっても銘柄選択よりアセットアロケーションをまず考えるのが先決

投資では、アセットアロケーション(資産配分比率)が最重だと言われる。 トータルリターンがアセットアロケーションでほぼ決まるからだ。 そこで、アセットアロケーション(資産配分比率)について考察してみる。 投資の総リターン...

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク