スポンサーリンク

VTIと楽天・全米株式インデックス・ファンドのコスト比較

米国ETFで超絶おすすめと言われるのがVTI

モーニングスター社や各種金融機関、さらには個人投資家からの注目度は高いETFだ。

バンガード社の売れ筋商品であるトータル・ストック・マーケットETFが、投資信託で買えるようになった。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの登場である。

とはいえVTIを買うだけの投資信託だ。

しかしながら中間マージンが発生するために、信託報酬やその他コストがVTIより高い。

いったいどこの会社がこの報酬を受け取っているのかが気になったので比べてみた。

VTI以外の低コストおすすめETFはこちら

スポンサーリンク

VTIと楽天・全米株式インデックス・ファンドのコスト

中間マージンをどの会社が受け取っているかというと

  • 0.054%:楽天投信投資顧問株式会社(委託会社)
  • 0.054%:マネックス証券SBI証券 、楽天証券など(販売会社)
  • 0.0216%:三井住友信託銀行株式会社(受託会社)
  • 0.04%:バンガード社(VTI

詳しくみていこう。

VTI投信、楽天・全米株式インデックスファンドの仕組み

楽天投信投信顧問HPより

インデックスファンドへの積立投資は、簡単なはずだから細かい内容の理解は不要だ。

マザーファンドとかベビーファンドとかべつにどうでもいい。

ベビースターラーメンは何味が美味しいのかの方が興味がある。

楽天・全米株式インデックスファンドとは、マザーファンドなるものを通じ、米国ETFのVTIに投資をしているのだと理解した。

ここにコスト高の要因があるはずだ。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの関連会社

楽天投信投信顧問HPより

この図を見ると、投資家(受益者)からマザーファンドへの距離が遠いと感じる。

  • マザーファンド
  • ファンド
  • 委託会社・受託会社
  • 販売会社

といった中間業者が存在する。

これらメーカーが、運用管理費用(信託報酬)という名のコストを個人投資家に要求しているのだ。

楽天・全米株式インデックスファンドの信託報酬分担

楽天投信投信顧問HPより

楽天・全米株式インデックスファンドを保有すると信託報酬がかかる。投資信託財産の純資産総額に年0.1296%(税抜0.12%)

そしてVTIの報酬として0.04%を追加する。

合計で年0.1696%(税込)也。

  • 0.054%:楽天投信投資顧問株式会社(委託会社)
  • 0.054%:マネックス証券SBI証券 、楽天証券など(販売会社)
  • 0.0216%:三井住友信託銀行株式会社(受託会社)
  • 0.04%:バンガード社(VTI

この投資信託は売買手数料がかからないノーロードファンド。

ETFとのコスト比較では有利である。

VTI 米国ETFの売買手数料は3大ネット証券で横並び

証券会社 売買手数料 為替手数料

(1ドル両替あたり)

SBI証券 約定額の0.45%

(最低5ドル、最大20ドル)

0.25円

住信SBIネット銀行で0.04円

マネックス証券 約定額の0.45%

(最低5ドル、最大20ドル)

0.25円
楽天証券 約定額の0.45%

(最低5ドル、最大20ドル)

0.25円

おすすめ米国ETFであるVTIを日本のネット証券経由で購入する際のコストは

  • 売買手数料
  • 為替手数料

VTIと楽天・全米株式インデックス・ファンドのコスト比較

コストVTI楽天・全米株式インデックスファンド
楽天投信投資顧問株式会社なし0.054%
マネックス証券、SBI証券 、楽天証券などなし0.054%
三井住友信託銀行株式会社なし0.0216%
バンガード社0.04%0.04%
売買手数料約定額の0.45%なし
為替手数料1ドル0.25円なし

VTI(米国ETF)のコスト

  • 信託報酬:年間0.04%
  • 売買手数料:約定額の0.45%
  • 為替手数料:1ドルあたり0.25円

楽天・全米株式インデックス・ファンドのコスト

  • 信託報酬:年間0.1696%
  • 売買手数料:なし
  • 為替手数料:なし

VTIと楽天・全米株式インデックスを比べたら、どっちに投資しても大して変わらない

もうゼロコンマ何パーセントかのコスト差である。

もはや注目して気にするような差ではない。

好きな方に投資したらいい。

  • ドルコスト平均法で毎月積立→投資信託
  • せっかくなら自分で買付注文だしたい→VTI
  • 配当金・分配金が好き→VTI

私は配当金好きなので、VTIへ主に投資する。

どちらに投資するにせよ、おすすめできる商品であること間違いなし。

See you!

もし海外ETFの買い方がわからない場合はこちら

低コストの海外ETFリストの中身が気になるなら

インデックスファンドを積立投資するとこんな感じ

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする