VYM(米国高配当株式ETF):分配金と増配率の10年推移

スポンサーリンク

VYMとは高配当利回り株好きならば知らぬ者はいないETF。

低コストで知られるバンガード社が発売している米国高配当株式 ETFです。

2006年に設定されています。

このVYMの分配金や増配率がどのような推移を辿ってきたのか知りたくありませんか?

本記事ではVYMの設定された2006年以来の配当金情報を紹介します。

さっそくインカムゲインに興味津々なあなたと一緒に見ていきましょう。

アメリカ株は高配当銘柄が多い。それらにまとめて投資が出来るETFがVYMである。構成銘柄は超有名企業がずらりと並ぶ。

VYM:米国高配当株式ETFの分配金推移

VYM 米国高配当株式ETFの分配金推移

VYMの配当金推移

VYMの分配金はいつから支払われているのでしょうか?

答えは2006年12月支払い分からです。

2006年のVYM配当金は1回分だけしかありません。

したがって【VYM】の年間配当金は、2007年分から見るのが正解ですね。

10年間でVYMの配当金は1.77倍となっています。

  • 2007年:1.357ドル
  • 2017年:2.401ドル

VYM:米国高配当株式ETFの分配金推移

西暦 分配金
2006年 0.175
2007年 1.357
2008年 1.443
2009年 0.888
2010年 1.091
2011年 1.327
2012年 1.593
2013年 1.749
2014年 1.908
2015年 2.149
2016年 2.206
2017年 2.401

スポンサーリンク

VYM:米国高配当株式ETFの増配率推移

VYM・米国高配当株式ETFの分配金:増配率の推移

VYMの分配金:増配率の推移

リーマンショックのあった2009年は除き、VYM分配金の増配率は堅調。

100年に一度の大暴落の際は、さすがにVYMといえども配当金が約40%減少しています。

それでも2007~2017年の間で1.77倍になっているのです。

VYMとはその名の通り高配当利回りを追及できますが、さらに増配を期待してもよさそうです。

VYMの増配率

西暦 増配率
2006年
2007年
2008年 6.3%
2009年 -38.5%
2010年 22.9%
2011年 21.6%
2012年 20.0%
2013年 9.8%
2014年 9.1%
2015年 12.6%
2016年 2.7%
2017年 8.8%

VYM:米国高配当株式ETFの配当金支払い月はいつ?

VYMの分配金支払い月はいつでしょうか?

VYMの配当金は基本的に四半期毎支払いです。

  • 3月
  • 6月
  • 9月
  • 12月

分配金

支払い金額

分配金

発表日

分配金

支払い日

$0.64 2017/12/19 2017/12/27
$0.60 2017/9/18 2017/9/25
$0.60 2017/6/21 2017/6/29
$0.56 2017/3/20 2017/3/28
$0.67 2016/12/20 2016/12/29
$0.48 2016/9/9 2016/9/19
$0.58 2016/6/17 2016/6/27
$0.48 2016/3/11 2016/3/21

ここで注意しておきたいことがあります。

VYMの配当金支払いの多くは月末であることです。

日本のインターネット証券を使っている場合、現地支払い日から数日を要します。

したがって配当金振り込みが月跨ぎとなることがあります。

インターネット証券の米国・外国株式の配当金支払い日

  1. マネックス証券:おおむね1週間以内
  2. SBI証券    :おおむね1-2国内営業日
  3. 楽天証券   :おおむね1週間程度

VYMの配当金(分配金)のまとめ

  • VYMは、インカムゲイン投資家に人気の米国株ETF
  • VYMは高配当利回りだけでなく、増配率も期待できる(10年で1.77倍)
  • VYMの分配金は3・6・9・12月支払いだが、月跨ぎのときもある

ETFはこの7本を買いなさいという本が話題になりましたが、私のおすすめETFのひとつはVYMです。

>>>海外ETF、注目の13銘柄リスト

ちなみにVYMは米国株マイポートフォリオの割合上位銘柄。

これからもどんどんと分配金を増やしてほしいものですね。

VYMの株価や構成銘柄についてはこちら

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。