VTIとVOOの比較、米国株代表ETFの構成比率の違いとは?

スポンサーリンク

VTIとVOOの違いは何でしょうか?

  • VTI :USトータルマーケット
  • VOO:S&P500インデックス

どちらも米国株を代表するETFです。

運用残高でも世界ランキング上位。

投資家から人気ETFです。

S&P500は米国市場の約80%をカバーします。

なので残り20%分だけ、VTIは、VOO(S&P500)と違いがあるといえます。

ただし大きなものではない。

コスト、リターンを含めて。

ですから個人投資家が米国株ETFを選ぶ上では、どちらにするか悩む時間はもったいないですね。

とはいえ本記事ではVTIとVOO、その20%の違いをおさらいしていきます。

VTIとVOO、何が違うのか構成割合を比較

VTI VOO
大型株 77 91
中型株 18 9
小型株 6 0

morningstarを参考に、VTIとVOOの構成比率を比べてみました。

VTIの方が広く分散投資を可能とすることが数値でわかります。

時価総額だけではなく、バリュー/グロースの軸を加えた状況を比較してみましょう。

時価総額 タイプ VTI VOO
大型株 バリュー 24 29 -5
ブレンド 25 30 -5
グロース 28 32 -4
中型株 バリュー 6 3 3
ブレンド 6 4 2
グロース 6 2 4
小型株 バリュー 2 0 2
ブレンド 2 0 2
グロース 2 0 2

VTI(米国市場のほぼ100%)

VTIの構成比率

VTIの構成比率

VOO(S&P500)

VOOの構成比率

VOOの構成比率

VTI,VOO、こまかく見ると違いはあります。

しかしどちらも米国市場を広くカバーする優れた金融商品。

経費率も0.04%と低コストETFです。

どちらを選ぶか迷むくらいなら、他の事に時間を費やした方がよいでしょう。

ちなみに私はVTIをポートフォリオに組み込んでいます。

個別銘柄で大型株ばかりを保有していることが理由です。

>>米国株マイポートフォリオ

スポンサーリンク

VTI(米国市場全体)とVOO(S&P500)の比較

引用:大和投資信託

S&P500は米国市場時価総額の約80%を占めています。

ざっくりと、上位20%の銘柄で80%の時価総額をカバーしているといえます。

2:8の法則がここでも見られる。

資本主義社会ですね。

>>米国株・海外ETF取引で、手数料負けしない売買金額とは?

まとめ:VTIとVOOの比較、構成比率の違いとは?

米国市場全体は、4,000ちかい銘柄群で構成されています。

S&P500は、500銘柄前後で米国市場の80%をカバーしています。

これがVTIとVOOの違いと言えます。

構成比率からみた違いであえて比較するとこんな感じでしょうか。

S&P500

  • 米国株のメジャーな企業に投資ができる
  • 銘柄入れ替えが行われており、自動的にリバランスしてくれる

VTI(USトータルマーケット)

  • アメリカ市場全体に投資ができる
  • S&P500よりも小型株が多くリターンが大きい可能性がある

VTIとは米国市場そのものに投資ができるETFなのです。

そんな理由もあり、AIを活用して広く分散投資をするウェルスナビに選ばれているのでしょう。

いずれにせよ、VTIもS&P500連動商品も優れた投資先であることは疑いようがありません。

楽天とバンガード社がタッグを組んで、楽天VTIという投資信託を設定したのもうなずけます。

きっとS&P500かVTIか、悩んだことでしょうね。

関連記事です

海外ETFも銘柄数が多いですが、キーとなる商品は限られています。

米国株ETFは数が豊富でどれを選んだらよいのかわかりにくい。 そこで注目する米国株ETF銘柄をリストアップすることにしました。

高配当ETFは、リタイア者やインカム投資家にうってつけ。

米国株の高配当ETFは数が多くて選ぶのが難しくありませんか? 本記事にたどり着いたあなたは、配当金・インカム好きなことでしょう。

アメリカの繁栄を信じるなら、VTIはよい投資先・

VTIは株価よし・配当金よし・リターンよしの3拍子揃ったETF。 アメリカ市場にまとめて一気に投資をしたいと思ったら、VTIが