30秒で米国株の高配当銘柄をリサーチする方法 S&P10種編

S&P500

S&P500

米国株の高配当戦略にはいくつか方法があります。

たとえば、ダウの犬戦略が有名です。

NYダウ30種の中から、高配当利回りの銘柄に投資をする方法ですね。

 

一方でS&P500の構成銘柄の高配当株は、S&P10種とよばれます。

S&P10種への投資は過去リターンが優れていました。

そこで本記事では、S&P500の高配当利回り株を見つける方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

アメリカ株の高配当銘柄を簡単に見つける5ステップ【S&P10種編】

gurufocusにアクセスし、Dividend stocksをクリック

 

今回は、gurufocus.comを使ってみます。

 

サイトにアクセスしたら、

  • 1. Screeners
  • 2. Dividend stocks

の順番にクリックしていきます。

 

こうすることで、米国株の高配当銘柄リストにたどり着けます。

ここまでで5秒。

 

途中で、以下のようなレジスターおすすめポップアップが表示されます。

登録してもいいですし、無視しても問題ありません。

 

Value Investing | Market Insight of Investment Gurus
Value Investing | Market insights and news of the investment gurus. Value investing screens and valuation tools.

高配当株リストから、S&P500銘柄に絞っていく

 

続いては、以下の2つの経路をたどっていきます。

  • 3. All market cap
  • 4. S&P500 companies

 

すると米国高配当株リストが、S&P500構成銘柄の高配当株リストへ限定されます。

高配当戦略に適した銘柄をすぐに探せますね。

ここまでで20秒。

S&P500の高配当株リストを、配当利回り順にソートする

 

最後に、Yield(%)をクリックし、配当利回り順にソートします。

これでS&P10種のリストが完成しました。

 

ここまでで30秒。

簡単にS&P10種がリサーチできましたね。

 

ただし注意点があります。

 

配当利回りが、TTMで表記されているようなのです。

すなわち減配した銘柄が混在している可能性は否定できません。

現にGE(ゼネラル・エレクトリック)がリストインしていました。

 

  • TTM: Trailing Twelve Months:直近12ヵ月配当利回り
  • FWD: Forward:予想年間配当利回り

 

スポンサーリンク

米国株の高配当戦略 S&P10種のリターン(1957年~2003年)

高配当戦略年率リターン
S&P10種15.69%
S&Pコア10種15.68%
ダウ・コア10種14.90%
ダウ10種14.43%
ダウ30種12.00%
S&P50011.18%

上表は、1957年~2003年における、米国株の高配当戦略の年率リターンを示しています。

S&P10種は、ダウの犬よりも優れた投資収益をたたき出していました。

だとすれば、S&P500構成銘柄の高配当株リストも投資の参考になりそうですね。

 

以上、「30秒で米国株の高配当銘柄をリサーチする方法 S&P10種編」をお送りしました。

 

 

 

関連記事の紹介

米国株ではトータルリターンに占める配当金の割合は高いです

米国株の配当金が、トータルリターンに占める割合は何%なのか?
米国株では、配当金をつかった投資戦略が多く存在する。 米国企業は株主還元に積極的であり、配当金の支払いを重要視している背景があるからだろう。 ところが配当利回りは、年間で数%に過ぎない。 それでも長期運用をすると、...

 

アメリカ株取引では、手数料に気を配ろう

米国株・海外ETF取引で、手数料負けしない売買金額とは?
アメリカ株や海外ETFの取引手数料は、日本株よりも高いです。 米国株と日本株の売買手数料の差は、インターネット証券であっても同様です。 以外のインターネット証券で米国株取引をするする際には、 1,111ドル以上 ...

 

米国株投資はインターネット証券がおすすめ

アメリカ株取引ができる証券会社ランキング
本記事では、米国株投資でおすすめの証券会社ランキングを紹介します。結論からいうと、マネックス証券がおすすめです。 私は複数社の海外株証券口座を持っており各社の使い勝手を比較しましたが、注文方法の多彩さと、24時間いつでも注文可能である...