米国株で配当再投資をする際の考え方

スポンサーリンク

米国株で配当再投資をする基本的な考え方

株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ、で有名なきびなごさんから、配当金投資をするなら絶対にチェックすべき7つのブログ!に選出頂けました。

この栄誉、素直にうれしい。

振り返れば、私は2014年末からアメリカ株投資を開始しました。

その後少しずつ、増配銘柄配当貴族銘柄シーゲル銘柄などを資金投下をしてきました。

これら米国株への配当再投資は、再現性が高くリターンを得られると考えてのことです。

トータルリターンを考える上で、配当金はとても重要な項目です。

そして収益を最大化する為には、配当金の再投資が望ましい。

特に長期投資においては複利の効果を得られます。

スポンサーリンク

米国株で配当再投資をするメリット・デメリット

配当再投資とは、得られた配当金を引き出したり使用したりせず、そのまま再投資をする事をさします。

経年的に保有株が積み増しされ、複利効果を生むメリットがあります。

配当が配当を生む、お金がお金を生む状態となり、年数とともに絶大なる威力を発揮する投資方法です。

米国株で配当再投資をするメリット・デメリットには何があるでしょうか?

メリット

  • 米国企業は株主還元の意識が高く、配当金支払いを重視している
  • よって米国株には、高配当株や連続増配銘柄が多く存在する
  • さらに米国株は配当金だけではなく、株価上昇を伴う銘柄が多い
米国株投資のメリットのひとつは配当金 米国には株主還元に積極的な企業が多いです。 配当金支払いがその一例です。 たとえば

デメリット

  • 米国株投資とはいえ、メリットを感じる為に要する時間が長い
  • ある一定上の投資元本が必要となる
  • どうせ投資するならもっと一気に稼ぎたい という囁きに負けそうになる
受け取り配当金額を公開します。 2017年の配当金は612,098円でした。年間60万円を達成したわけです。 ならしてしまえば、

配当再投資に加え、資金投下をすると配当金の雪だるまが大きくなっていく

配当再投資に加え、入金投資を併用すると受取配当金額の増え幅が上昇します。

X:当年受取配当金 =

A:前年受取配当金 + B:追加投資分 + C:配当金再投資分 + D:増配分

- E:減配分 - F:売却分

対前年と比較する場合、配当金額が増加する要素は3つ考えられます。

  • 追加投資元本
  • 配当再投資分
  • 増配分

逆に、受け取り配当金額が減少する理由は2つです。

  • 減配
  • 売却

この式から、配当金再投資は大切だとわかります。

さらに、増配銘柄で配当金の再投資を実施するとよりリターンやインカムが増えるていくことが読み取れます。

まさに配当金の雪だるまを転がしている状態です。

入金投資法とは投資元本を一定間隔で追加していく方法。 株式投資などで投資元本が少ないうちには有効です。 とくにサラリーマ

ちなみにこの考え方は、gonchan0810さんの長期投資で受取配当を効率よく増やそう Dividend Snowball Investing シリーズからの影響を色濃く受けているので、参照ください。

ブログタイトルを具体的に述べていこうと思います。私の投資方法のコアになる部分です。 繰り返しになりますが、私の資産運用目的は将来の年金作りです。つまり定期的な インカムゲインの極大化 にあります。その手段として株式投資を選択し、株式投資からは主として配当という果実...

配当金再投資では、増配銘柄を選ぶことが大切

配当再投資では入金投資を併用するとともに、増配銘柄を選ぶことが大切です。

先ほどの式での、C vs  C&D の2つのケースを比較してみます。

X:当年受取配当金 =

A:前年受取配当金 + B:追加投資分 + C:配当金再投資分 + D:増配分

- E:減配分 - F:売却分

前提条件:配当再投資のみ vs 配当再投資+増配株の比較

  • 元本:10,000ドルで、配当再投資以外の元本追加なし
  • 株価:100ドルから変化せず
  • 期間:10~20年
  • 配当:2.1%を再投資( 外国株を想定し、配当3%× 0.7)

そして想定ケースを2つ用意しました。

  • ケース①:増配なし
  • ケース②:増配5%

ケース① 配当金再投資のみの場合

評価額はおよそ

  • 1年目 :10,000ドル
  • 10年目 :12,057ドル
  • 20年目 :14,842ドル

株価変動なしという前提であっても、配当利回り3%(税引後2.1%)の配当再投資によってしっかりとリターンが得られています。

受取配当金はおよそ

  • 1年目 :210ドル
  • 10年目 :253ドル
  • 20年目 :312ドル

へと増加しています。

これが複利の効果ですね。

年数 評価額 株価 株数 配当利回り 配当金
1 10000.0 100 100.0 2.10% 210
2 10210.0 100 102.1 2.10% 214
3 10424.4 100 104.2 2.10% 219
4 10643.3 100 106.4 2.10% 224
5 10866.8 100 108.7 2.10% 228
6 11095.0 100 111.0 2.10% 233
7 11328.0 100 113.3 2.10% 238
8 11565.9 100 115.7 2.10% 243
9 11808.8 100 118.1 2.10% 248
10 12056.8 100 120.6 2.10% 253
11 12310.0 100 123.1 2.10% 259
12 12568.5 100 125.7 2.10% 264
13 12832.4 100 128.3 2.10% 269
14 13101.9 100 131.0 2.10% 275
15 13377.1 100 133.8 2.10% 281
16 13658.0 100 136.6 2.10% 287
17 13944.8 100 139.4 2.10% 293
18 14237.6 100 142.4 2.10% 299
19 14536.6 100 145.4 2.10% 305
20 14841.9 100 148.4 2.10% 312

ケース②配当金再投資+5%増配の場合

評価額はおよそ

  • 1年目 :10,000ドル
  • 10年目 :12,568ドル
  • 20年目 :18,877ドル

受取配当金は、なんと

  • 1年目 :210ドル
  • 10年目 :409ドル
  • 20年目 :996ドル

増配率5%という前提条件がかわっただけで、10年後20年後には大きな違いとなって現れます。

年数 評価額 株価 株数 配当利回り 配当金
1 10000.0 100 100.0 2.10% 210
2 10210.0 100 102.1 2.21% 225
3 10435.1 100 104.4 2.32% 242
4 10676.7 100 106.8 2.43% 260
5 10936.3 100 109.4 2.55% 279
6 11215.4 100 112.2 2.68% 301
7 11516.0 100 115.2 2.81% 324
8 11840.1 100 118.4 2.95% 350
9 12190.0 100 121.9 3.10% 378
10 12568.2 100 125.7 3.26% 409
11 12977.6 100 129.8 3.42% 444
12 13421.6 100 134.2 3.59% 482
13 13903.6 100 139.0 3.77% 524
14 14428.0 100 144.3 3.96% 571
15 14999.3 100 150.0 4.16% 624
16 15623.0 100 156.2 4.37% 682
17 16305.0 100 163.1 4.58% 747
18 17052.4 100 170.5 4.81% 821
19 17873.2 100 178.7 5.05% 903
20 18776.5 100 187.8 5.31% 996

配当再投資のみ vs 配当再投資+増配株を比較すると、増配銘柄をえらぶ大切さに気が付く

評価額

配当再投資のみ 配当再投資

+増配5%

1年目 10,000 10,000
10年目 12,057 12,568
20年目 14,842 18,877

配当金

配当再投資のみ 配当再投資

+増配5%

1年目 210 210
10年目 253 409
20年目 312 996

評価額および配当金額をみても、増配銘柄で配当再投資を実施した方がリターンが高いとわかります。

今回のケースは増配率 5%とそれほど大きい数値を用いている訳ではありません。

それでも継続して増配すると、10年・20年先では大きな影響があるのです。

また、今回の前提条件は株価変動なしという事を忘れてはいけません。

キャピタルゲインなしでも、配当再投資を続けると収益がしっかりと出るのです。

くわえて株価上昇しようものなら、キャピタルゲインが追加されます。

米国株市場は基本的には右肩上がりという特徴をもっています。

米国株で配当再投資をしたら、配当金&株価上昇の恩恵をうけることができるでしょう。

米国株投資には日本株にはないメリットがたくさんあります。 米国株投資のメリット 米国株価の力強い上昇 人口が増

米国株での配当再投資の実績

こうした理由があり、私は受取配当金を全額再投資をしています。

おかげで年間受取配当金額は年々増加しています。

  • 2015年:501,214円
  • 2016年:566,617円
  • 2017年:684,456円

2018年に入り、ETFを活用した米国株ポートフォリオを大きくシフトしました。

海外ETFを活用して、シーゲル流ポートフォリオを再構築することにしました。 投資の評価指標は配当金ですね。 インカムを重視するこ

個別株投資に割く時間を削減することが主な理由です。

それでも配当再投資への考え方は変わりません。

2027年の経済的自由達成と、アーリーリタイアができる状態になるために米国株投資を続けていきます。

関連記事の紹介

配当金生活は経済的自由といえます

株式投資をしている人ならば一度は憧れる、配当金生活。 どのように配当金生活にたどり着くのか?そもそも配当金生活って何なのか? 配当金

配当金の雪だるまを増やし、FIREを成し遂げたいです

FIREとは、経済的自由(独立)・早期退職する生き方 英語でfireというと、クビ・解雇といった意味となります。 ところがもっとポジ

25年連続増配の配当貴族銘柄は、配当再投資の候補に最適です

S&P500米国株配当貴族インデックスの構成銘柄一覧を紹介します。 右肩上がりの配当金を支払うアメリカ株の縁起が良いリスト。