エリートサラリーマンの年収は1500万円?日米比較【P&G編】

エリートサラリーマンの年収は日本と世界を比べると、どっちが高いのか?

 

日本は先進国とはいえ生産性の低い国である。

したがい日本のサラリーマンは年収は上がっていない。

これが日本の給料の現実だ。

 

では生産性の高さを世界標準で維持しているグローバル企業の年収はどうなのだろうか?

いわゆる日本で働くエリートサラリーマンの年収を、アメリカと比較したら高いのか・低いのか。

 

気になったので早速調べてみた。

今回は世界的な生活必需品企業、マーケティングに定評のあるプロクター&ギャンブル PGの年収を例に出す。

スポンサーリンク

エリートサラリーマンは年収1000万超え 米国P&G編

P&Gの年収、出典:Glassdoor

 

上図は、グローバル企業であるP&Gの給料を示している。

米国におけるエリートサラリーマンの年収は、平均1,000万円を超える。

これがグローバルカンパニーの給与水準である。

 

では日本のプロクター&ギャンブルの年収はどうなっているのか?

Glassdoorにあったブランドマネージャーの給料をアメリカと日本で比較してみよう。

  • 年収:137K USD
  • 年収:約1,500万円
スポンサーリンク

エリートサラリーマンの年収を、日本と米国で比較してみた

日本プロクター&ギャンブルの年収はグローバル水準

 

日本P&Gのブランドマネージャーの年収をみると、1200~1500万円とある。

つまり日米P&Gの給与体系に大きな違いはみられない。

 

ちなみにプロクター&ギャンブルは日本でも事業展開している。

ヘッドクオーターは神戸だ。

こうした世界的企業に勤務するエリートサラリーマンの年収は高い。

エリートサラリーマン並の世界標準年収が欲しいなら、グローバルカンパニー勤務を目指そう

 

上表は年齢別の日米年収比較である。

 

日本人の世帯平均年収はアメリカのそれと比較して低い。

低年収のサラリーマンを受け入れるのか、それとも米国並みの収入を目指すのかは人それぞれ。

 

もしアメリカ人なみに給料を貰いたいと思うならば、仕事の生産性を高める必要がある。

高生産性を意識して日本企業で働くのだ。

それでも年収が上がらないなら、アメリカ企業に転職すればいい。

 

上述の通りグローバル企業の年収は、日米での差が無いのだから。

 

ちょっとハードル高そうだけど。

スポンサーリンク

高給取りのサラリーマン、日本とアメリカの年収格差

日本のサラリーマンの平均年収は、アメリカと比較して低い。

一方でグローバル企業に勤めるサラリーマンの年収は、日米で差が小さい。

 

もし年収を上げたいと思うなら、世界的な企業で働くことを目指してみるとよい。

世界標準の給料を貰える。

 

それが嫌なら、平均年収の高い日本企業を狙おう。

 

それでも難しいなら、収入の複線化へむけて行動しよう。

たとえば私は米国株からの配当金を第二の収入源として考えている。

 

このように、サラリーマンだとしても収入を上げる方法はいくらでもある。

 

いずれにせよP&Gのブランドマネージャーなら年収1,500万円だ。

そしてエリートサラリーマンの年収では、日米の差は小さい。

 

以上、エリートサラリーマンの年収、日米比較【P&G編】でした。

 

See you!

 

■年収に関する関連記事紹介

アジアにおいても日本の人件費はもはや高くない

アジアの国別年収ランキングをみたら、日本は給料安いと分かった
アジアの年収ランキングを知っていますか? 日本の年収はアジアではかなり高い方だと思っています。 ところが日本の年収・給料は国別ランキングで比較してみると実はそれほど高くはないわけです。 給料が高いというわけではなく...

 

経団連所属の日本大手企業の部長であっても年収はせいぜい1,000万円ちょっと

大企業の部長になっても月収70万円、年収は1000万円
上場企業の部長って、年収はいくらくらいなのだろう? 世の中には 大企業に入りたい 偉くなりたい 年収を上げたい と願う人は多いです。 そりゃ、年収や月収...

 

年収を上げられないなら、副収入増を狙えばいい

サラリーマンの副収入、目標金額は年収の8分の1がおすすめ
サラリーマンに副収入が必要な時代に突入しています。 サラリーマンの給料だけでは人生を豊かにするお金が不足しつつあるのです。 なので日本政府だってサラリーマンに副収入をおすすめしていますね。 副収入は、サラリーマンの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました