スポンサーリンク

エリートサラリーマンの年収は1500万円?日米比較【P&G編】

日本のサラリーマンの年収とは世界と比べて高いのか?

先進国とはいえ生産性の低さから低賃金であるのが日本の給料の特徴である。

では生産性の高さを世界標準で維持しているグローバル企業の年収を、アメリカと比較したら高いのか・低いのか。

気になったので早速調べてみた。

今回は世界的な生活必需品企業、マーケティングに定評のあるプロクター&ギャンブル PGの年収を例に出す。

スポンサーリンク

エリートサラリーマンは年収1000万超え 米国P&G編

P&Gの年収、出典:Glassdoor

グローバル企業であるP&Gの本社はもちろんアメリカだ。

お膝元であるアメリカでのエリートサラリーマンの年収は1,000万円を超える。

これがグローバルカンパニーの給与水準である。

では日本のプロクター&ギャンブルの年収はどうなっているのか?

Glassdoorにあったブランドマネージャーの給料をアメリカと日本で比較してみよう。

  • 年収:137K USD
  • 年収:約1,500万円

エリートサラリーマン代表、日本プロクター&ギャンブルの年収はグローバル水準

日本P&Gのブランドマネージャーの年収をみると、1200~1500万円とある。

つまり日米P&Gの給与体系に大きな違いはみられない。

このように世界的企業であるプロクター&ギャンブルは日本でも事業展開している。

ヘッドクオーターは神戸だ。

ブランディングを意識している雰囲気を感じる。

エリートサラリーマン並の世界標準年収が欲しいなら、グローバルカンパニー勤務を目指そう

日本人の世帯平均年収はアメリカのそれと比較して低い。

それを甘んじて受け入れるのか、それとも打倒米国を目指すのか。

せめて米国人の年収と同等に稼ぎたい。

アメリカ人なみに給料を貰いたいと思うならば、仕事の生産性を高める必要がある。

高生産性を意識して日本企業で働いて年収が上がらないなら、アメリカ企業に勤めればよい。

上述の通りグローバル企業の年収では、日米の差はほぼないのであるから。

ちょっとハードル高そうだけどね。

エリートサラリーマン、日本とアメリカの年収格差

日本の平均年収とはアメリカと比較して低い。一方でグローバル企業の収入は日米において違いはみられない。

もし年収を上げたいと思うなら、世界的な企業で働くことを目指してみるとよい。

世界標準の給料を貰える。

それが出来ないのなら、日本企業で平均年収の高いところから狙おう。ブラック企業とか低賃金とかは勘弁してほしい。

より現実的な方法としては収入の複線化がある。私は米国株からの配当金を第二の収入源として考えている。

サラリーマンが稼ぎたいと考えた場合、いろんな方法があるのだと知っておこう。

いずれにせよP&Gのブランドマネージャーなら年収1,500万円だ。

日米にエリートサラリーマンの年収の違いは無い。

あなたはグローバルカンパニーに勤めてみたいですか?

See you!

■年収に関する関連記事紹介

アジアにおいても日本の人件費はもはや高くない

アジアの年収ランキングをみてみよう。実は日本の年収・給料は国別ランキングで比較してみると実はそれほど高くはない。 さらに日本のサラリーマンの平均昇給率は2%/年程度である。 サラリーマンの給与という関連からは、残念ながら日本は恵...

経団連所属の日本大手企業の部長であっても年収はせいぜい1,000万円ちょっと

世の中には良い会社に入りたい、偉くなりたい、そして年収を上げたいと願う人は多いようだ。もちろん給料が上がる事はハッピーである。 しかしながら一部上場企業などのいわゆる良い会社に入るのは意外と難しい。 さらにその優良企業で出世して...

年収を上げられないなら、副収入増を狙えばいい

サラリーマンをやっていると、自分だけではなく他人の年収も気になりませんか? さらに年収だけではなく、副収入があればその金額も知りたくなるでしょう。 そこで今回は、日本の家計状況・金融資産の推移を金融庁のデータから参照し、サラリー...

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク