アジアの国別年収ランキングをみたら、日本は給料安いと分かった

スポンサーリンク

アジアの年収ランキングを知っていますか?

日本の年収はアジアではかなり高い方だと思っています。

ところが日本の年収・給料は国別ランキングで比較してみると実はそれほど高くはないわけです。

給料が高いというわけではなく、昇給率もほどほど。

日本のサラリーマンの平均昇給率は2%/年程度なんですよね。

サラリーマンの給与という関連からは、残念ながら日本は恵まれているとは言い切れないです。

本記事では、東アジア5か国を対象にした、国別の年収・昇給率ランキングを紹介します。

日本のサラリーマンの昇給率を知っていますか?僅か2%程度で推移している。しかもその平均2%の数値は、大手企業の集まりである経団連の値なのだ。

年収ランキングのデータソース(アジアの国別編)

ヘイズでは、日本・中国・香港・シンガポール・マレーシアの3000社(総従業員600万人超)を対象に、1200種の職務における給与水準を調査しました。

加えて雇用の実態に関する調査をまとめた「ヘイズ アジア給与ガイド」をこの度発表いたします。

これは2008年から毎年発表している調査で、今回で9回目となります。

ヘイズ ホームページより

世界の年収ランキングを見る際には調査会社の結果が参考になります。

スポンサーリンク

年収ランキング・比較(アジア5か国の主な職務別編)

1主な職務の給与比較(ヘイズ アジア給与ガイドより抜粋)

主な職務の給与比較(ヘイズ アジア給与ガイドより抜粋)2

3主な職務の給与比較(ヘイズ アジア給与ガイドより抜粋)

*2016122日現在の為替レートで計算1人民元=18.06円、1香港ドル=15.23円、1マレーシアリンギット=27.63円、1シンガポールドル=83.06

*役員秘書、営業部長(製薬)、銀行窓口、CFO(多国籍企業)、FP&Aディレクター、金融アナリストはボーナスを含まない。それ以外は支給されているパッケージ全てを含む

国別年収ランキング(部長職)

国別年収ランキングをさらに職位別に分類してみます。

換言すれば国別職務別年収ランキングですね。

円ベースに直して年収を比べてみましょう。

人事部長(経験8-10年)

  • 中国     :1440万~2170万円
  • 香港     :1280万~1830万円
  • 日本     :1600万~3000万円
  • マレーシア  : 500万~590万円
  • シンガポール : 1500万~1820万円

営業部長(製薬企業)

  • 中国    :1630万~2710万円
  • 香港    :1830万~3500万円
  • 日本    :1200万~2000万円
  • マレーシア :500万~660万円
  • シンガポール:1500万~2080万円

マレーシアを除く4か国は、部長職の年収に大きな差がありません。

むしろ中国や香港の方が給料が高いようにみえます。

まぁ、日本においては年収一千万円の壁は数十年前から変わっていませんからね。

参考>>>優良日本企業の部長職は年収1,000万円

国別年収ランキングをみて思う事

英語が苦も無く話せ日本以外に住むことに抵抗がない出来るビジネスマン(部長級以上)は、中国や香港で働くことを選択した方がよいですね。

日本のサラリーマンの給料・年収は髙くないのですから。

逆に言えば、国際派のできるビジネスマンはわざわざ海外から日本に来て働こうとは思わないと思われます。

海外から優秀な人材を引き抜きにくい日本企業。

ならば日本人はある程度の年収でガマンしながらもサラリーマンをやっていく事が求められる。

ただしここに日本人のオポチュニティーがあるでしょう。

日本人が日本国内で働くためには、ちょっと頑張るだけで他人と差がつきやすいですからね。

参考>>>年収上げる方法は熱意をもつこと、熱意ある社員は日本に6%のみ

国別昇給率ランキング(アジア編)

今後1年の昇給率見込み(アジア平均)

上図は国別の昇給率を示しています。

オレンジ色より右側は、今後一年の昇給率が6パーセント以上の割合です。

ご覧のように昇給率では中国が抜きんでています。

中国では昇給率6%が標準なのかもしれない。

経済成長率に倣いますね。

中国と日本の昇給率を比較するとどうなるでしょうか?

中国と日本の部長職の比較

  • 給料・年収:中国>日本
  • 昇給率  :中国>日本

ここでふと思いました。

中国人のできるビジネスマンが日本に転勤する場合、左遷されたと感じるのかも。

日本とは年収が下がってまで働く価値のある国であるのでしょうか?

国際派ビジネスマンから見て「日本で働く」という事がどのようにみられているのかは興味深いです。

  • 投資対象としての日本
  • 働く国としての日本
  • 遊びに行くための日本

年収ランキングや比較で海外に勝てないならば、それ以外の魅力を日本は持つ必要がありそうです。

参考>>>エリートサラリーマンの年収は1500万円?日米比較【P&G編】

まとめ:年収ランキング(アジア編)をみて思うこと

日本の給与所得者は、給料だけをあてにした生活はやめた方が良いでしょう。

年収がどれだけ高かろうがその結論はかわりません。

給与所得のみの場合、サラリーマンとして偉くなっても、アジア5か国の中ではぼちぼちの結果となってしまうわけです。

ならばどうするか?

従業員以外からの所得をゲットするのが良いと思われます。

労働収入と権利収入

「金持ち父さん 貧乏父さん」の画像検索結果

もちろん年収をあげたいと思い実践するのも良し。

そして労働収入だけではなく、権利収入を上げるのもよし。

いずれにしても、複数の収入源があった方が安心ですね。

以上、アジアの国別年収ランキングでした。

参考>>>米国株(アメリカ株)の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説

関連記事です

日本有数の企業で部長職についたとしても、驚くほどの年収が貰えるわけではありません

世の中には 大企業に入りたい 偉くなりたい 年収を上げたい と願う人は多いようです。 もちろん給料

経団連所属の大企業における昇給率は平均2%前後を推移しています

日本のサラリーマンの昇給率を知っていますか?僅か2%程度で推移している。しかもその平均2%の数値は、大手企業の集まりである経団連の値なのだ。

年収と目標貯金額のデータは興味深いです

貯金はいくらが平均なのでしょうか? 貯金っていくらが適切なのでしょうか? 記載される貯金額は年収から計算が可能です。

参考:国別年収ランキング 【サラリーマン編】

参考:世界都市別 生活費ランキング