配当金生活は、60歳まで働いたら可能となるのか?

配当金額を計算して一人にんまりするのも悪くはない。

連続増配株への配当金投資の良いところは、キャピタルゲインよりも将来が予測しやすい点にある。

だからこそ配当金の皮算用ができるのだ。

 

そこで本記事では

  • 「もし60歳まで働いたとしたら」

というケースを想定して、受け取り配当金額を試算したので紹介する。

 

スポンサーリンク

配当金生活は、60歳迄働いたら可能なのか?

この試算の前提を次の5つとした。

  1. 2015年の配当金50万円をベースとする
  2. 受取配当金は全て再投資する事とする
  3. 配当金は6%/年で増配すると仮定する
  4. 年間150万円の入金投資をする
  5. 増資分の受取配当利回りは2.5%とする

年間配当金額を計算:どのように推移するのか?

151107 Divi

 

年齢西暦受取額前年受取額増資分増配分再投資分
35歳2015年500,000 37,50030,000 
40歳2020年947,157840,65937,50056,82921,016
45歳2025年1,628,0171,469,29137,50097,68136,732
50歳2030年2,642,7802,406,21237,500158,56760,155
55歳2035年4,155,1993,802,61537,500249,31295,065
60歳2040年6,409,3305,883,83437,500384,560147,096

 

すごいな。

60歳までしっかり働き、継続的に増配銘柄に投資継続し続けると、60歳時には640万円の配当金を毎年獲得する事ができる。

 

福利の力をまぢまぢと見せつけられた。

 

だが、60歳まで働くのではなく、少しでも早くリタイアする事が私が投資している目的。

そして目標は47歳でのリタイア。

であるとすれば、入金額をより多くすることが求められそうだ。

 

尚、気になったので前年からの配当金増加額をグラフにした。

年間配当金額を試算:対前年増加額の推移

151107 Divi②

 

増資分(年間150万)は、投資初期こそ配当金増加に寄与する。

しかし数年後には増配分の金額の方が大きくなっている。

 

連続増配銘柄に投資する意義が出てくるというものだ。

連続増配銘柄 かつ 高増配率銘柄 が目標達成のKeyとなるのであろう。

スポンサーリンク

配当金生活は60歳まで働いたら可能となる、しかしアーリーリタイアする場合にはより多くの入金額を必要とする

配当金の皮算用を行った。

前提を自らに課した上で試算すると、60歳時点で年間640万円の配当金受取が予想された。

 

これよりいかに早く配当金生活を達成するかが重要である。

達成の為には、連続増配銘柄 かつ 高増配銘柄 への投資継続がKeyである。

そして何よりも入金力をより多くすることが良いであろう。

 

というわけで、今後も米国連続増配銘柄に投資継続していく。

 

米国株で配当金について注目している銘柄

 

関連記事の紹介

そもそも配当金生活にはいくら必要なのかというお話し

配当金生活には資金がいくら必要なのか考えてみた結果は?
配当金生活をするためには、いくらの投資資金が必要なのでしょうか? 私は 資産取り崩しなしの場合:2億円 資産取り崩しありの場合:1.25億円 と考えています。 我が家の例にだしながら、本記事...

 

50万円の配当金受け取りを達成したときの気持ち

配当金 年50万円を達成して思う3つのこと
配当金生活とはサラリーマンの憧れ。 配当金生活を成し遂げるためには、配当金の積上げと支出削減・節約が必要となります。 2016年に私は年間50万円の配当金受取を達成しました。 配当金生活への道半ば。 半ばどこ...

 

米国個別株から、ETFを中心としたポートフォリオへと切り替えた理由

ETFで配当狙いのシーゲル流ポートフォリオを作ることにした理由
海外ETFを活用して、シーゲル流ポートフォリオを再構築することにしました。 投資の評価指標は配当金ですね。 インカムを重視することには変わりありません。 本記事では米国個別銘柄から海外ETFを中心とするポートフォリ...