【IBM】米国株配当貴族入り間近;24年連続増配に思う3つのこと

スポンサーリンク

【IBM】が24年連続増配を発表;米国株配当貴族の仲間入りが目前

IBMの配当金推移

IBMの配当金推移

2019年4月末、IBMが24年連続増配を発表しました。

  • 四半期配当金/1株を、5セント増額
  • 増配率は3.2%
  • 配当利回りは4.7%に

本記事では、IBMの配当金とともに2019年第一四半期決算の概要を紹介します。

 

スポンサーリンク

【IBM】の配当金は増えているが、増配率は1ケタ前半にまで低下している

【IBM】の配当金はリーマンショック以降、3倍以上に増えている

IBMの配当金 2019.1Q

IBMの配当金 2019.1Q

IBMの連続増配記録は24年になりました。
いよいよ米国株配当貴族入りが目前となってきましたね。

米国株配当貴族銘柄とは?

  1. S&P500の構成銘柄である事
  2. 25年以上連続増配を達成している事
  3. 一定以上のサイズと流動性を保っている事

参考 世界各国の配当貴族銘柄の定義

【IBM】2019年の増配率はわずか3.2%

IBMの増配率 2019.1Q

IBMの増配率 2019.1Q

リーマンショック以降、IBMは二桁増配を続けていました。
一時期はウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイが投資したことでも有名です。

ところが2016年以降、増配率は1ケタに低下しています。
2019年の増配率はわずか3.2%でした。

スポンサーリンク

【IBM】の経営状況は良くなさそう 2019.1Qの決算情報

【IBM】の売上高は伸び悩んでいる

IBMの売上高 2019.1Q

IBMの売上高 2019.1Q

IBMの四半期決算をみると、2016年以降の売上高は伸び悩んでいます。

IBMはハイテクセクターとはいえ、グロース銘柄とは言えない状況が続いていますね。

【IBM】の営業利益は横ばいで停滞している

IBMの営業利益 2019.1Q

IBMの営業利益 2019.1Q

当然、売上高同様に営業利益も横ばいです。

 

【IBM】のEPSは伸び悩んでいる

IBMのEPS 2019.1Q

IBMのEPS 2019.1Q

 

かつて隆盛を誇っていたIBM。
現在の状況をみると、いま繁栄を極めているGAFAだって将来どうなるのかわかりませんね。

スポンサーリンク

【IBM】の24年連続増配ニュースに思うこと

IBMを見ていると、「諸行無常」や「栄枯盛衰」といった言葉を思い出します。

IBMは、かつて世界時価総額ランキングでNo.1にとなったこともある名門企業。
しかし名前だけでモノやコトが売れるわけではありません。

EPSが上昇しないと、増配を続けることは困難です。
だからインカム投資で個別株を選ぶ際には、決算動向に注目しておきたい。

一方で、IBMは経営が困難なように見えても株主還元を続けていることも事実。
株式会社は株主の物と考えれば、当然かもしれませんね。

とはいえ利益が上がらない中での増配継続は、最終的に株主利益につながるのかわかりません。
CEOや経営層は、V字回復にむけて背水の陣で臨んでいるのだと想像します。

私もIBMの復活を期待し、個別株投資をしていた頃がありました。

しかしいまは、強い自信がもてない個別株に投資をするくらいなら、インデックスに資金投下しておくことが心地よいのだと感じる次第です。

以上、「IBMの24年連続増配ニュースをみて思うこと」でした。

 

ThinkPadがIBMだった頃が懐かしいですね。

スポンサーリンク

米国株投資をこれからも続けていく

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。
米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。
米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

私のおすすめは、マネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

【マネックス証券 米国株のメリット】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

 

コメント